比較して予約する。
お得なインターネット電話帳!

首都圏限定

畳の貼替えって、自分でできるの?

畳の貼替えって、自分でできるの?」と思いますが、素人でも自分で張り替えができてしまうというキットが存在します。
使ってみた方の感想を見ると、まるでプロ並みの仕上がりになるそうです。
しかも簡単。マニュアルもちゃんと付属していますので、不器用な方でも可能みたいです。
さてでは、一体どのようにして畳を貼替えるのでしょうか。

畳の張替えの流れ

まずは既存の畳表を剥がします。
そして台やテーブルの上に置いたら畳の縁にカッターの先を入れて糸を切りましょう。
少しひっぱると、畳の縁が簡単に取れていきます。
上下左右の縁を剥がし終わったら畳の上下の糸をカッターで切ります。
数本の糸を切ればすぐにめくれるので、上下同じ作業を行えば畳表が剥がれます。

次にいよいよ畳表を貼っていきます。
まず大切なことは、貼る作業を始める前に、畳床を反らせます。
方法をしては、分厚い本(タウンページなど)を両端に置いて、上から体重を掛けて押せばOKです。
そして、キットに付属の説明書を見ながら畳表を貼っていきます。
上下左右を平行に均等に引っ張って、畳の目を合わせながら折込箇所を等間隔で仮止めします。
全体の仮止めが完了したら、仮止め釘の間に専用の金具を打ち込みます。
そして打ち終わったら余りの部分を処理します。

最後に畳の縁を貼っていきます。
縁を伸ばして畳に仮止めしていき、全体に仮止めが終わったら専用ピンを差し込みます。
これらの工程はキットについている説明書を見ながら実践してみて下さい。
やってみれば単純でとても簡単。
最初の一枚さえできれば、あとは説明書が無くても仕上げることができるようになってきます。

綺麗に仕上げるポイント

綺麗に仕上げるポイントは、既存の畳表を剥がした後にしっかりと畳床を反らせること。
そして畳の縁を貼っていく時にはコーナーをまっすぐに貼ること。
縁には折り目をしっかりとつけること。
また、畳表を貼る際の金具はしっかりと畳にうめこみましょう。
これらをきちんと守り、説明書通りに行えばまるでプロが貼ったかのように畳がきれいに生まれ変わります。
必要な費用は、プロに頼む値段の1/3以下ということです。
職人さんにお願いすると、リフォームの日程も調整しなくてはならないし、
家具の移動や片付けなどにも気を使います。

でも自分で貼替えるのなら、だれに気を使うこともなく都合の良い日に自分のペースで畳の貼替えができてしまいますね。 これまで畳の貼替えというと専門の業者に頼むのが常識でしたが、一度あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか。

畳・障子の張替え

» この記事を見た方は、こちらのサービスもチェックしています

検討リストは空です。

ページの先頭にもどる