比較して予約する。
お得なインターネット電話帳!

首都圏限定

遺品整理士って、どんな仕事なの?

自分の身内が亡くなった時、とても悲しいしショックでもあります。
亡くなってから本来だったらもっとお別れに時間をかけたいところでもありますが、お通夜、葬儀、火葬、埋葬といった具合にめまぐるしく日にちは過ぎていきます。
気がつくと四十九日だったなんてこともあると思います。
四十九日を過ぎたあたりから故人の遺品整理をしていく形になるのですが、この遺品整理に関しても何から手をつけたらよいかわからないという人も多いのです。

この時に頼もしい見方となってくれるのが遺品整理士という資格を持っている人になります。
とはいっても、遺品整理士という言葉自体、あまり聞きなれないという人もいると思います。
なので、遺品整理士というお仕事はどのようなお仕事なのかという部分が気になってくるところです。
遺品というと、多くの方が処分という方向で考えるようです。
本来、遺品に関しては処分というよりは供養するという気持ちも必要になってくると思います。
この遺品整理士に依頼をすると遺品整理の代行をしてくれます。
遺品の物によって違いが出てきます。
供養するものなのか、それとも一般廃棄物として扱うのか、もしくはリサイクル業者に渡すことが出来るものなのか。
これらを的確に判断して、遺品を整理をしてくれる人が遺品整理士です。

遺品整理士になるには資格が必要

この遺品整理士に関しては資格を取得することによって遺品整理士として活動することが出来ます。
なので、実際に多くの場合は、運搬業の仕事をしている人が副業で行っているという人もいますし、便利屋さんやリサイクル業者を経営している人でも別に遺品整理士として遺品整理業務を兼任して仕事をしているという人もいるのです。
故人の部屋のものを片付け、不用品などがあったら処分やリサイクルなどに回し、清掃作業をするといった事を代行するのが一般的です。
遺品整理士として活躍をするには遺品整理士認定教会などに申し込みをして色々と受講、試験を受け、合格した人が遺品整理士の資格を得て活動しています。

遺品整理士へのニーズ

今までは遺族の方が行うのが当たり前でしたが忙しくて時間が取れないという人も増えてきているのでこれらの遺品整理士のニーズが増えてきているのが実状です。
多くの場合、遺品整理士に代行をして処分をお願いしていくとやはり的確な判断で整理のお手伝いをしてくれるという部分で高い評価を得ているようです。
このように的確な判断をするお仕事という部類なので、遺族からも遺品整理が完了した後に感謝されるということが多いお仕事とも言えるでしょう。

遺品整理

» この記事を見た方は、こちらのサービスもチェックしています

検討リストは空です。

ページの先頭にもどる