大田区のゆるゆり着付けのブログ

もうすぐ 卒業式ですね。お袴姿の話。

2022年2月17日

こんにちは。
ゆるゆり着付けの社本由利です。

バレンタインデーが終わった!と思ったら、
三月がそこまで来ていたことに気づいた私です。

こんな内容の書くのは若干遅いのかもしれませんが・・・。
卒業式の袴。ブーツで参加?それとも草履?
についてです。

これに関しては賛否両論ございますでしょうが…
式典!という考え方でいくと草履が正式でございますので
TPO的な話からは草履が良いかと思います。
草履着用の場合は踝まで隠れる着姿が望ましいので
長めのサイズをオススメします。
(タカラジェンヌさんは短めに着るのが伝統でございますので
足首サイズの袴を着用されています。)

でも、決してブーツがダメなんじゃないんです。
卒業式にブーツ姿の女子学生が参列する理由。
それは、言わずもがな・・・。
大和和紀先生の名作「はいからさんが通る」の影響でしょう。
主人公の紅緒さんが矢絣の着物に袴、ブーツという出立が印象的な
漫画です。
その影響でブーツで参列する女学生さんが増えてきました。
(というと、昔から日本人は潜在的にコスプレが好きだったのか…)
お店ではどっちが正式ですか?と聞かれたら、
「草履です。」とお答えします。
紅緒さんのあの姿は日常着での姿なのです。

でも、今は普段から袴を履いて生活はしておりませんので、
もしかしたら一生に一回しか着ない方もいます。
なので…
好きな方を履いてください!です!

ブーツを履く場合はブーツ分の高さがありますので
逆に足首ぐらいまでの長さで大丈夫です。

そして…
ここからが大切!
ブーツの場合は足袋でなくストッキングで履いてくださいね(笑)
そしてパンストタイプでない、ハイソックスぐらいの丈の
ストッキングの着用を私はお薦めします。
理由は単純で。お手洗い問題です(笑)

お着物に慣れていない方は少しでもお手洗いの際の
脱ぎ着は減らしたほうが得策です。

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。
まだ袴をご検討中の方がお見えでしたら、
ご参考にしていただけたら…と思います。

因みに卒業袴はいつぐらいに選んだらいいの?
というお声をたまにいただきます。
レンタルをご検討でカタログの表紙に載っている
一式が着たいのであれば、3月末ぐらいから
行われる受注会に行かれたほうが良いです。
そうでなければ追々と・・・。
ですが、遅くなるにつれて選べるものは少なくなって参ります。

ご参考までに(^ ^)

もうすぐ 卒業式ですね。お袴姿の話。の画像1

店舗情報

店長の写真

店長:社本 由利

大手呉服店で5年勤務経験あり。コーディネート相談から着付けまでお気軽にご相談ください。

所在地

東京都大田区

営業時間

平日 早朝対応致します。時間応相談 土日祝 早朝対応致します。時間応相談

定休日

年中無休 ※年末年始除く

対応地域

<関東>

東京都

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文京区
  • 台東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区

神奈川県

  • 川崎市川崎区

資格・許認可

<第一種電気工事士> 国家認定着付け技能士二級合格