土間コンクリートの目地の種類について解説!メリット・デメリットも

目地は、土間コンクリートのひび割れを軽減するものです。土間コンクリートの目地には、「レンガ目地」「伸縮目地」「砂利目地」などがあり、選択するものによってはオシャレな空間をデザインすることもできるでしょう。本記事では、それぞれの種類のメリット・デメリットを解説します。

2022.5.2 更新
コンクリートの目地イメージ

目次

  1. 1)土間コンクリートの目地の役割とは
  2. 2)土間コンクリートの目地の種類
  3. 3)それぞれのメリット・デメリット
  4.  3-1)「レンガ目地」は見た目が綺麗!
  5.  3-2)「砂利目地」は防犯効果も
  6.  3-3)「ピンコロ目地」は洋風にマッチ
  7.  3-4)自然な印象の「タマリュウ目地」
  8.  3-5)比較的安価な「伸縮目地」
  9. 4)駐車場の土間コンクリート施工はプロに依頼!
著者の写真

ライター:Takaya
フリーランスのWebライター。1級小型船舶免許、型枠1級技能士の資格を保有。木のぬくもりが好きで、DIYが得意。すきま時間で家電の配送や電気工事にも携わっています。今までの経験や新しい情報を取り入れ、みなさんの暮らしに役立つ記事をお届けしたいと思います。

1)土間コンクリートの目地の役割とは

コンクリートの目地

コンクリートは伸縮性があり、気温や湿度などの環境に応じて伸び縮みします。また、圧縮に強く膨張に弱い性質から、コンクリートの面積が広くなると、自重や上に乗った物の重さで、ひび割れが起きやすくなることがあります。

ひび割れは、「クラック」や「ヘアークラック(髪の毛くらいの細いひび割れ)」などと呼ばれ、大きさや範囲によっては早めに修復しなければならない場合もあります。

土間コンクリートの「目地」は、上記のようなひび割れを軽減する重要な役割を果たしています。

コンクリートの目地の区切りについて

土間コンクリートの厚さにもよりますが、目地の区切りは6〜15m²くらい(法律の定めはありません)が目安とされています。
幅の狭い通路では、およそ3〜4mの間に1本入れることが多いです。目地を入れすぎるとコンクリートの自重が軽くなり、ズレ動く可能性があるので注意が必要です。

数種類ある目地の中から自分好みのものを選べば、空間をおしゃれにデザインできるでしょう。ここからは、目地の種類について解説します。

2)土間コンクリートの目地の種類

外構工事イメージ

土間コンクリートの目地の代表的な種類は、以下の通りです。

  • レンガ目地:レンガを敷き詰めた目地
  • 砂利目地:砂利を敷き詰めた目地
  • ピンコロ目地:ピンコロというサイコロ状の目地
  • タマリュウ目地:タマリュウという植物を植えた目地
  • 伸縮目地:スポンジやゴムのような材質の目地

また、今回は詳しくご紹介していませんが、上記のほかにも以下のような目地もあります。

  • 乱形石目地:天然石材を割った目地
  • タイル目地:タイルの目地
  • カットダル目地:カットしたカラーガラスの目地
  • カッター目地:コンクリートに切れ目を入れた目地
  • インターロッキング目地:コンクリート製の敷材の目地

など

3)それぞれのメリット・デメリットを比較!

それでは、さきほどご紹介した代表的な目地の種類別に、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

3-1)「レンガ目地」は見た目が綺麗!

レンガ目地イメージ

レンガ目地のメリットは、見た目が綺麗に見えることです。

レンガ目地は、自分好みの色や形のレンガを組み合わせられるため、外壁や花壇などにマッチしたおしゃれな空間が作れます。

また、砂利などと違って動くことがないので、比較的お手入れもラクでしょう。

デメリットは、砂利より費用がやや高いことです。また、レンガの原料は粘土であるため、ほかの目地と比べるとやや強度が落ちます。

3-2)「砂利目地」は防犯効果も

砂利目地イメージ

砂利目地のメリットは、ほかの目地より安価で設置できることです。

また、砂利の上を歩くと音がなることから泥棒よけなどの防犯対策にも最適ですし、水はけが良いというメリットもあります。

デメリットとして、砂利が動いて散らばった際には、お手入れが必要になります。雪かきをした際に、巻きあがってしまう場合も。

また、雑草が生えてくるので、除草剤の散布か防草シートを敷く手間もかかります。

3-3)「ピンコロ目地」は洋風にマッチ

ピンコロ目地

ピンコロ目地のメリットは、カラーバリエーションが豊富な点です。中でも、洋風の建物の場合はマッチしやすいでしょう。

また、表面に凹凸があるため自動車の滑り止め効果もあります。

デメリットは、砂利より値段が少し高いことです。

3-4)自然な印象の「タマリュウ目地」

タマリュウ目地

タマリュウ目地のメリットは、無機質になりがちな土間コンクリートの景観をおしゃれに変えられるところです。

タマリュウは別名リュウノヒゲとも呼ばれる植物で、一般的な芝生より成長が遅いのが魅力です。お手入れがラクなのもうれしいポイントですね。

デメリットは、車で踏んでしまったり、日影が多く日光に当たらなかったりすると枯れてしまう場合があることです。

3-5)比較的安価な「伸縮目地」

伸縮目地のメリットは、見た目がシンプルなところ。スポンジやゴムのような材質で、コンクリートの伸縮の変化に耐えてくれます。安価であることも良いポイントです。

また、雑草などが生えてこないことから、メンテナンスフリーなのも魅力です。

大きなデメリットはありませんが、車両が踏むことによって多少の破損は予想されます。しかし、耐久性に大きな支障はありません。

4)駐車場の土間コンクリート施工はプロに依頼!

プロ施工のコンクリートイメージ

土間コンクリートの目地には、ひび割れを軽減する役割があります。ひび割れの軽減以外に、お好みのデザインを楽しめるのもうれしいポイントです。

目地の種類ごとのメリット・デメリットを知り、お好みの目地を選びましょう。

くらしのマーケットには、駐車場の土間コンクリートの施工を依頼できるプロが多数出店しています。

地域別に検索すると口コミも確認できるため、依頼先を探すのにとても便利ですよ。

また、オプションから目地の種類を選ぶことも可能です。どこに頼もうか迷ったら、ぜひ依頼先を探してみてください。


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「値段」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

カテゴリ

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る