不用品回収って単品でも回収してもらえる?

不用品を単品で回収してもらうことは可能です。 不用品を回収してもらう場合は、大きくわけて2つの方法があります。 お住まいの自治体に粗大ゴミとして回収してもらう方法と、不用品回収専門の業者に回収してもらう方法の2つです。

“不用品回収って単品でも回収してもらえる?”

粗大ゴミとして回収してもらう

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう場合は、まず自分が出す物品が回収の対象になるかどうかを、各自治体の清掃局に電話して確かめることが必要です。
物によっては回収できない場合があります。
電話をする前に縦、横、高さの大きさを計っておきましょう。

回収対象であることがわかれば、料金は大きさによって決まります。
また回収は自治体によって、決まった曜日にしか行われませんので、早速回収日時の予約をしましょう。
自治体によっては持ち込みができる場合がありますので、急いで回収してもらいたいときにはそのようなシステムがないか、清掃局の方に問い合わせをしてみましょう。

自治体の回収なので、もちろん単品でも回収してくれます。
料金システムは様々ですが、一般的なのはコンビニなどで粗大ゴミ回収専用のシールを買って、それを回収してもらいたい物に貼り、回収当日に決められた場所に置いておくというものです。
シールは何種類かあり、回収料金に合わせて組み合わせて物品に貼るようになっています。
各自治体によってこのシステムは違ってきますので、清掃局の方に電話で聞いてみてください。
自宅まで取りに来てはくれませんが、それほど大きな物でなく、回収場所までその物品を持っていける場合でしたら、業者に頼むよりもこちらの方が割安です。

不用品回収業者に回収してもらう

回収してもらいたい物が大きくて自分で動かすのが大変な場合などは、専門の回収業者に頼んだ方がいいでしょう。
不用品回収の業者はたくさんありますので、まずは住んでいる地域と不用品回収というキーワードでインターネットで業者を探してみましょう。
見積もりは無料というところがほとんどですので、回収物の詳細や大きさを伝えて、提示された料金に納得がいけば回収してもらいましょう。
くらしのマーケットの一括見積もりなら、最大4社から見積もりが届き、料金と口コミで比較して決めることができます。

基本的には単品での回収も可能ですが、その場合は単品での価格とは別に、回収作業費が発生する場合が多くなっています。
単品での回収料金というのは、回収してもらう物の大きさや重さ、種類にもよりますが、その回収料金と回収作業費を合わせたものが総額になるので、
初めの打ち合わせの時に「単品での回収を希望である」旨をよく伝えて、その上での見積もり料金を出して貰いましょう。
テレビにしてもインチ数によって値段に差が出てくるのでトラブルを避けるためにも詳しく伝えておくことが必要になります。
また不用品がまだ使えるのかどうかによってはリサイクルという形で単品で買い取りを行ってくれることもあるので回収物の状態も確認しておくことをおすすめします。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応える記事を多数掲載中。
ライターの引越し体験談もぜひご覧ください!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る