小麦粉の正しい保存場所は?ダニの侵入を防ぐには保存容器も重要!

突然ですが、小麦粉はどこで保存していますか?スーパーでは常温で販売されていますが、粉ものは冷蔵庫で保存した方がいいという情報があり悩んでしまいますよね。小麦粉は不適切な保存をしているとダニやカビが発生しやすく、気付かないうちにそれらを食べて命に関わるアレルギーを引き起こすこともあるので大変危険です。この記事では小麦粉の正しい保存方法を紹介しています。「小麦粉の保存場所や保存方法に悩んでいる」という方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

2020.10.20 更新
小麦粉の写真

目次

  1. 1)小麦粉は基本的に常温保存
  2. 2)小麦粉の保存期間
  3. 3)小麦粉の保存容器
  4. 4)小麦粉を冷蔵保存する場合
  5. 5)小麦粉を長期保存する場合は「冷凍庫」
  6. 6)まとめ

動画でも解説!小麦粉の保存方法

1)小麦粉は基本的に常温保存

粉ものは冷蔵庫で保存すると思っている方も多いですが、それは出汁や砂糖などが入った特に害虫が発生しやすいミックス粉の場合で、小麦粉は夏場でも常温保存が基本です。

実際に小麦粉のパッケージには『直射日光、高温多湿な場所を避けて保存する』などと記載されています。

冷蔵庫で保存すると、出し入れした時の温度差で結露が発生しカビの原因になるだけでなく、風味の劣化にも繋がります。また冷蔵庫内は風通しが悪いためニオイがこもりやすく、小麦粉に食材のニオイがうつるリスクも高まります。

小麦粉は、直射日光が当たる場所や高湿になる場所を避け、風通しの良い涼しい場所で保存しましょう。温度20度以下、湿度50%以下が目安です。

2)小麦粉の保存期間

小麦粉には、強力粉・中力粉・薄力粉の3種類があり、グルテンの多さで分けられます。また、保存期間は、強力粉・中力粉・薄力粉によって異なります。

種類強力粉中力粉薄力粉
保存期間製造から6ヶ月製造から1年製造から1年

小麦粉は、グルテンが多いほど劣化しやすいのです。そのため、グルテンが多い強力粉は、比較的保存期間が短いです。

ただし、封を開けて空気に触れると風味が飛ぶなどの劣化をするので、賞味期限に限らず早めに使い切るようにしましょう。

大容量のパックの方がお得ですが、小麦粉の使用頻度が低い家庭は、多少割高でも少量タイプのパックを買うようにすると安心です。

3)小麦粉の保存容器

ガラス製の密閉容器

小麦粉は、粉ダニやカビを繁殖させないためにも、必ず密閉容器で保存します。

粉ダニは小麦粉やホットケーキミッスクなどの粉物に繁殖しやすいダニで、体長は0.3~0.4㎜と目に見えないほど小さく、ほんの少しの隙間でも入り込みます。

小麦粉の封を切ったあとは、ゴムやクリップで止める方が多いかもしれませんが、粉ダニはほんの小さな隙間でも入り込みます。
また、チャック付きの袋に入れて安心するのは危険です。粉ダニはビニール袋を食い破ることもあります。チャックに入れても、袋のまま保管するのは避けましょう。

小麦粉の保存には、パッキンがついている容器をおすすめします。パッキンがついていると、密閉度が高く、ダニや湿気の侵入を防げます。中にシリカゲルなどの乾燥剤をいれるとさらに安心。特に湿気の多い梅雨時期は乾燥剤を活用して、カビの発生を防ぎましょう。

また、ガラス製の容器は中身が見えやすく減り具合が分かりやすい、ホーロー製の容はオシャレですっきりして見えるなど、素材や形によって雰囲気や使い勝手が変わるので、自分好みの容器を選んでくださいね。

4)小麦粉を冷蔵保存する場合

小麦粉は基本的に常温保存でも大丈夫ですが、夏の暑い時期や、湿気が多い時期などは、冷蔵保存の方がいい場合もあります。

ただ、小麦粉は匂いがうつりやすく、他の食材の匂いがついてしまうことがあります。 そのためしっかりと密閉容器に入れて冷蔵保存してください。

また、冷蔵庫から出し入れするときに結露が発生し、結露をそのままにするとカビが発生してしまうこと場合もあるので、使用後はすぐに冷蔵庫に戻しましょう。

5)小麦粉を長期保存する場合は「冷凍庫」

冷蔵庫の冷凍室の様子

「梅雨時期は湿度が高くなり常温保存では心配」「使い切れない分を長期保存したい」という方もいるでしょう。そんな時は、冷凍庫での保存がおすすめです。

小麦粉は固まらないので、冷凍しても使い勝手は落ちません。また、超低温のため品質の劣化やダニの繁殖を抑えることができます。

冷凍庫で保存する場合、出し入れでの結露を防ぐために、数十グラムずつラップなどに包んで保存袋に入れて冷凍するのがポイントです。密閉袋に入れることで食品のニオイ移りも防ぐことができます。

6)まとめ

  • 小麦粉は基本的に常温保存
  • 保存する際は、ダニやカビの発生を防ぐために、「直射日光・高温多湿」を避けて風通しのいい場所で保存する
  • ダニやカビの発生を防ぐために、密閉容器に移しかえて保存をする
  • 開封をしたらなるべく早めに使い切る


ところで、
「数時間でいいから、誰かに家事を手伝って欲しい…」
とお困りの方、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみませんか?

くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る