家事初心者は必見。洗濯のやり方、きほんの「き」を学ぼう!

洗濯のきほん、ちゃんと知っていますか?「一人暮らしなどがきっかけで自分ではじめて洗濯をするけど、やり方がわからなくて困っている」「普段なんとなくこなしているけれど、自分の洗濯方法、これであってる?」と思っている方もいるのではないでしょうか。とりあえず洗濯機にまかせて洗ってみたら、生地が傷んだり、色移りしてしまったなんて失敗をすることも。この記事では、基本的な洗濯のやり方をご紹介します。自分の洗濯のやり方に不安のある方は、洗濯のきほんの「き」をおさえておきましょう。

2020.3.11 更新
洗濯物をみつめながら困り顔をする女性

目次

  1. 1)洗濯前にまずやるべきこと
  2. 2)洗濯のやり方〜洗濯機を使う場合〜
  3.  2-1)お風呂の残り湯を使う場合
  4. 3)洗濯のやり方〜手洗いの場合〜
  5. 4)洗濯のやり方〜干し方〜
  6.  4-1)部屋干しをする場合
  7. 5)まとめ

1)洗濯前にまずやるべきこと

失敗しない洗濯のやり方をマスターするには、まず洗濯前にやることを確認しましょう。
以下の3つが確認ポイントです。

①洗濯表示の確認

洗濯表示が書かれたタグ

衣類には必ず洗濯表示のタグがついています。タグには使用されている素材、手洗いなのか、洗濯機使用が出来るのかなどが示されています。

よく使われる洗濯表示に、以下のものがあります。

洗濯表示(桶マークの中に40) 洗濯表示(桶マークの中に40。桶の下に線が一本) 洗濯表示(桶マークの中に30。桶の下に線が二本) 洗濯表示(桶マークの中に手を入れている様子) 洗濯表示(桶マークに×印)
洗濯機で洗濯可能。40℃が限度。 洗濯機で弱く洗う。40℃が限度。 洗濯機で非常に弱く洗う。30℃が限度。 手洗い可能。40℃が限度。 家庭での洗濯はできない。

「新しい洗濯表示」(消費者庁)をもとにして作成

タグをよく確認して、洗えないものはクリーニングに出す、洗えるものは注意点を確認して洗濯しましょう。

②ポケットやボタンのチェック

ズボンのポケットを外に出した男性

洗濯をする前に必ずチェックしたいのが「ポケット」

ポケットを確認せずに、ポケットティッシュが洗濯機の中で一緒に回ってしまい大変な思いをしたことがある人も多いはず?必ず確認しましょう。

また、シャツのボタンは縫い糸で留めてあるものがほとんど。

シャツのボタンをしめたままにしておくと、洗濯の際に負荷がかかり、糸が取れてしまうことがあります。シャツのボタンは外したまま洗いましょう。

また、洗濯ネットに入れることで、他の衣類との絡みを防ぐことも出来ます。

③初めて洗濯する衣類は、色落ちしないかを確認

色落ちして、色移りしてしまった白いTシャツ

色柄物、特に色が濃い衣類等を初めて洗濯する場合は、必ず色落ちチェックをしましょう。

せっかく洗濯したのに、色落ちしてしまって他の洗濯物にも色が移ってしまった…なんて失敗をしないためにも、面倒臭がらずにやりましょうね。

色落ちチェックの方法

衣類の目立たないところに、洗濯に使用する洗剤を少し塗り込みます。

数分待って、洗剤を塗り込んだ部分に白い布やテッシュを当てて色が移らないかを確認します。何もつかなければ色落ちの心配はありません。

シミやひどい汚れは、洗濯前に対応!

食べこぼしや飲みこぼしによるシミや、ワイシャツの襟元などの頑固な汚れは、洗濯前に染み抜きや下洗いをすることでよりキレイに洗いあげることができます。部分汚れは、石鹸や洗剤などをつけて柔らかいブラシで汚れの強い部分を優しくこする・叩く、または軽くもみ洗いをしておきましょう。全体的な汚れには、洗剤や酸素系漂白剤でつけおきしておくと効果的です。

2)洗濯のやり方〜洗濯機を使う場合〜

洗濯洗剤、洗濯バサミなどの写真

必要なもの

  • 洗濯洗剤
  • (お好みで)柔軟剤

手順

  1. 洗濯物の分別
    衣類の中でも下着などデリケートな素材は洗濯ネットに入れておきましょう。 洗濯機の中に洗濯ネットとバスタオル また、黒・紺・赤・青など濃いめの色ものは色移りを防ぐためにも、白い物と分けて洗うことをおすすめします。
  2. 洗濯機に洗濯物を入れる
    バスタオルなど重いものを下に入れると安定して回りやすくなります。 洗濯機の中にバスタオル また、洗濯物は洗濯機の中でしっかり回ることで汚れを落としていきます。そのため、洗濯物を入れる分量は洗濯機の8割程度にしましょう。
  3. コースを設定する
    洗濯機の標準コース 洗濯機にコース設定がある場合、標準・手洗いなどの表示があります。通常は「標準」を選びましょう。
  4. 洗剤・柔軟剤を投入
    洗濯機に洗剤をいれる 洗濯機によって多少違いがあるものの、ほとんどの洗濯機には、洗剤の投入口・柔軟剤の投入口がありますので、それぞれ指定の場所から投入します。分量は各洗剤の表示に従ってください。
  5. スタートボタンを押す
    ここまで準備ができたら、洗濯機のスタートボタンを押して洗濯スタートです。

2-1)お風呂の残り湯を使う場合

洗濯機を回す際、お風呂の残り湯を使用したい場合もあると思います。

お風呂の残り湯を使えば節約にもなりますが、気になるのが衛生面。
ですが、基本的にお風呂の残り湯を使用する際は「洗い」の工程に使用します。「すすぎ」の段階できれいな水を使用すれば問題ありません。

手順は以下の通りです。

お風呂の残り湯を使用する方法

洗濯機に残り湯機能がついていれば、バスポンプをお風呂の中に入れておくだけで自動的に洗濯を行ってくれます。

残り湯機能がついていない方も、バスポンプを購入して取り付ければOKです。

また、手作業で行うという方は、洗濯機を起動してから「使用洗剤の目安」が表示された時点で一度洗濯機を止めて、お風呂の残り湯を洗面器などを使って入れてから洗濯機をします。

また、お風呂の残り湯を使用する際は以下のことに注意しましょう。

  • すすぎには使用しない
  • 浴槽のゴミや髪の毛はあらかじめ取る
  • なるべく温度が高いうちに使用する
    ※お風呂の残り湯は、一晩おくだけで雑菌が繁殖します。なるべくお湯の温度が高い夜のういちに使用するのをおすすめします。

また、入浴剤を入れた場合は、洗濯に使用しても大丈夫かを入浴剤の裏面の表示で確認しておきましょう。
洗濯物に色や臭いがうつってしまう可能性があります。



洗濯機のコースも効果的に使用したいという方はこちらの記事をご覧ください。 洗濯機のコース別に使用方法を解説しています。

洗濯機のコースの正しい使い方

3)洗濯のやり方〜手洗いの場合〜

衣類を手洗いで洗濯する様子

必要なもの

  • 洗い桶(バケツ)
  • 洗濯洗剤
  • (あるとよいもの)洗濯板、ランドリーブラシ、ゴム手袋

手順

  1. 衣類を洗い桶に入れる
    洗い桶やバケツに水またはぬるま湯を入れ、洗剤を溶かしておきます。その中に軽く畳んだ衣類を浸けましょう。
    ※洗剤液の温度は、衣類の洗濯表示を必ず確認してください。
  2. 衣類を洗う
    衣類の素材によって、押し洗い・振り洗い・つけこみ洗いなど適切な方法で洗います。手荒れが気になる場合は、ゴム手袋を着用しておきましょう。部分的に気になる汚れがある場合は、漂白剤をブラシにつけてピンポイントで落としておくと、よりキレイな仕上がりになります。
  3. 脱水・すすぎ洗い
    洗濯機で脱水する場合はネットに入れて1分以内にしましょう。デリケートな素材は優しく手絞りをします。

    軽く脱水したあとに、もう一度適切な温度の水に入れ換えた洗い桶に浸けてすすぎます。すすぎ終わったら再度脱水しましょう。タオルに挟んで水分を除く「タオルドライ」もおすすめです。

4)洗濯のやり方〜干し方〜

洗濯物を干す女性

洗濯が終わったらすぐに干しましょう。

濡れた洗濯物を放置は、カビや雑菌が繁殖する原因となります。面倒臭がらずにすぐに取り掛かりましょうね!

必要なもの

  • 洗濯ハンガー
  • もの干しネット

手順とコツ

  1. 洗濯表示の確認
    衣類についている洗濯表示のタグには、干し方の表示があります。陰干し推奨の場合もありますのでチェックしましょう。
  2. アイテムごとに干す
    Yシャツは「吊るし干し」、バスタオルなど大物は「竿干し」「じゃばら干し」で風通しを良くします。またパンツは「逆さ干し」、セーターは「平干し」など、それぞれのアイテムに合った干し方で乾かしましょう。

4-1)部屋干しをする場合

部屋干しする場合、乾きやすいように除湿機やエアコンの除湿機能を使用することをおすすめします。浴室乾燥でも効果的です。

また、生地の厚いジーンズなどは、裏返して筒状に干すと乾きやすくなります。

部屋干しの臭いが気になる場合は、部屋干し専用の洗剤を使用するのがおすすめです。

5)まとめ

洗濯物の基本は、まず洗濯機で洗えるもの、手洗いするもの、洗濯表示を見て分別することが大切です。大切な衣類を台無しにしないためにも基本のやり方をマスターしておきましょうね。

ところで、
「最近忙しくてお家が片付かない !」
とお困りの方、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみませんか?

くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る