ごちゃついたコードやケーブルもスッキリ|おすすめ収納グッズを紹介

毎日の生活の中で電化製品を使う機会も多く、気がつけば何本もコードが出ていてぐちゃぐちゃになっていることも多いのではないでしょうか。コードやケーブルをきれいに収納することで、部屋がスッキリし家電製品を快適に使用できます。コードやケーブルの収納に使えるグッズから収納時の注意点まで詳しく紹介します。

2019.10.31 更新
電源コードの写真

目次

  1. 1)コードやケーブルの収納に使えるおすすめグッズ3選
  2.  1-1)ケーブルボックスで手間かけず楽々収納
  3.  1-2)邪魔なコードやケーブルはコードフックで壁に固定
  4.  1-3)クリップでケーブルをスッキリまとめよう
  5. 2)コード収納時の注意点
  6.  2-1)消費電力の高いコードは束ねると危険
  7.  2-2)トラッキングに注意
  8. 3)まとめ

1)コードやケーブルの収納に使えるおすすめグッズ3選

コードやケーブルの収納に最適なおすすめグッズを紹介します。お気に入りのグッズを見つけ、収納に活用してください。

1-1)ケーブルボックスで手間かけず楽々収納

電源タップごと収納できるケーブルボックスは、収納の手間もかからず非常に便利です。
ボックスになっているので、嫌なホコリからコードを守ってくれるのも嬉しいポイントです。

3方向からコンセントを伸ばせるものや発熱を抑えるために通気口がついたものなど、機能性に優れたものもたくさん販売されています。

デザインも豊富でインテリアにあったものを選べるため、部屋の雰囲気を崩さず収納できるでしょう。また、木箱やボックスなどを使って、手軽にケーブルボックスの代用を行うこともできます。

Calife 北欧インテリア 電源タップ & ケーブルボックス テーブルタップ収納ボックス 天然木&樹脂製 (白/ホワイト)

1-2)邪魔なコードやケーブルはコードフックで壁に固定

コードフックを使って、壁にコードを固定してしまうのも一つの手です。

100円ショップで買えるお手頃なものから、コードの太さに合わせてクリップの大きさを調節できる機能性に優れたものまで、多様なコードフックが販売されています。

壁に固定しておけばコードやケーブルにつまづく心配もなく、小さいお子様がいる家庭でも安全に電化製品を使えます。

なお、ステップルや釘、針金を使って電源コードを固定するのは、コードを傷めてしまいショートする原因となるのでNGです。電源コードを固定したいときは、電源コード用のものを使ってくださいね。

ニトムズ はがせるフック コード止め 透明 9mm×26mm×15mm 徳用20個入り H3140

1-3)クリップでケーブルをスッキリまとめよう

ケーブルクリップコードクリップを使えば、コードを簡単にまとめておくことができます。コード同士が絡まり合うこともなく、お手入れがしやすくなるのも嬉しいポイントです。

また、クリップは使わないコードやケーブルの収納にも役立ち、クリップでとめてケースに入れておけばスッキリと収納できます。何のコードかわからなくならないように、ケースやクリップにラベルシールつけておくのもおすすめです。

ケーブルクリップ 15個セット コードクリップ ケーブルホルダー コード 配線アクセサリー コード管理 まとめる 収納 自宅·旅行·会社·事務など様々な場所に適用 キャンディー5色 by MAVEEK(マビーカ)

2)コード収納時の注意点

電源タップとコンセント

電流が通っているコードは扱い方を間違えると、発火の恐れもあるなど非常に危険です。

危険な状況を招くことがないように、コードを収納する際の注意点についてもしっかりと確認しておきましょう。

2-1)消費電力の高いコードは束ねると危険

電化製品を使用しているときはコードに電流が流れており、常に発熱した状態となっています。

電化製品の使用時に思わずコードに触れ「熱い」と感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

消費電力が高くなるにつれて、流れる電流の量も多くなります。コードをまとめてしまうと、放熱がうまくできなくなるためショートして発火してしまう恐れもあります。

消費電力の大きいものについては、特に収納方法をしっかりと考える必要があります。

2-2)トラッキングに注意

トラッキング現象とは、コンセントとプラグの間に溜まったホコリが、空気中の湿気を吸収し漏電して発火する現象です。

部屋をスッキリさせるために、電源タップごと家電の裏に隠して放置するのは危険なのでやめましょう。

必ず定期的に掃除を行い、ホコリを取り除いてください。水回りなど湿気の多い場所では、乾いた布で湿気や水気を拭き取ることも大切です。

また、コンセントを挿しっぱなしにしておくのも、トラッキングの原因となりかねないので注意が必要です。こまめにコンセントを抜くようにしましょう。

タコ足配線も火災の原因となるので、使わないコードは抜いて収納しておくことも大切です。なお、電化製品の電源を入れたままコンセントを抜くと火花が散る恐れがあるので、必ず電源がオフになった状態でコンセントを抜いてください。

3)まとめ

何かと邪魔になるコードやケーブルは、ケーブルボックスやクリップ、コードフックなどを使って簡単に収納が可能です。

収納することで部屋がスッキリし、掃除の際にコードが絡まってイライラすることもなくなります。

収納方法は多様にあります。部屋やコードの数に合わせて最適な収納方法を選択し、コードやケーブルをスッキリさせましょう。

ところで、
「数時間でいいから、誰かに家事を手伝って欲しい…」
とお困りの方、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみませんか?

くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る