頑固な汚れを落とすのに最適な洗濯板!選び方と使い方のコツを徹底解説

洗濯をするときは、いつも洗濯機を使用するという方が多いのではないでしょうか?ボタン一つで汚れを落としてくれるので、便利ですよね。しかし、洗濯板を使うと洗濯機では落とせない汚れを綺麗にすることができたり、電気代や水道代の削減に繋がったりするんです。この記事では、洗濯板の正しい使い方や、自分にあった洗濯板の選び方をご紹介します。「洗濯板の使い方や選び方がよくわからない」という方は、ぜひ読んでみてください。

2020.2.5 更新
洗濯板

目次

  1. 1)そもそも洗濯板ってどんなもの?
  2. 1-1)洗濯板の基本的な使い方
  3. 2)洗濯板の使い方のコツ3つ
  4.  2-1)①板でこすらずに生地同士をこすること
  5.  2-2)②板のカーブを下にして使うこと
  6.  2-3)③汚れている箇所を直接洗うこと
  7. 3)洗濯板の選び方のコツ2つ
  8.  3-1)①取っ手が自分の手に馴染むものを選ぶ
  9.  3-2)②洗濯物の大きさに合っているサイズを選ぶ
  10. 4)忙しくて洗濯をする時間がないときは

1)そもそも洗濯板ってどんなもの?

今の時代は洗濯機で洗濯をすることがほとんどですが、洗濯機が普及する前は、洗濯板を使用して洗濯をしていました。

洗濯板は衣類の汚れを落とす際に使用する板です。基本的に、衣類を洗濯板でこすりながら汚れを落としていきます。
汚れている部分をピンポイントで洗うこともできるため、部分的な汚れを落とすのに効果的なアイテムです。

以下で洗濯板の選び方のコツや使い方のコツを紹介していきます。

1-1)洗濯板の基本的な使い方

洗濯板を使った基本的な衣類の洗い方を紹介します。

用意するもの

  • 洗面器もしくは洗濯桶
  • 水またはぬるま湯
  • 洗濯洗剤
  • 洗濯板

手順

  1. 洗面器に水またはぬるま湯をはり、洗剤を適量溶かす。
  2. 洗濯物を洗剤を溶かした水に、衣類と洗濯板を入れる。洗濯板は利き手と反対の手で持って固定する。
  3. 洗濯板の溝に洗濯物を乗せるように置き、生地同士をこすって洗う。
  4. 洗面器の中の水を変えて、入念にすすぐ。

汚れがひどいところは、入念に洗濯板に当てて洗っていきます。こする際、力を入れすぎると衣類が傷んでしまうので、優しくこすりましょう。



また、洗面器と洗濯板がセットになっている便利な商品も商品も販売されています。自分に適した洗濯板を選んで購入するのがいいですね。

2)洗濯板の使い方のコツ3つ

洗濯板でタオルを洗う様子

洗濯板を使用する際は、次に3つのことに気をつけて使用しましょう。

  • 板でこすらない
  • 板のカーブを下にする
  • 汚れている部分を直接洗う

以下で3つのコツをもっと詳しく説明します。

2-1)①板でこすらずに生地同士をこすること

まず、生地を板で直接こすらないようにしましょう。 板で直接こすってしまうと、板との摩擦により生地が傷んでしまいます。

そのため、洗濯板の溝の部分を利用し、こするのは生地同士にするよう心がけましょう。

2-2)②板のカーブを下にして使うこと

洗濯板の溝は、水や洗剤の量を調節するためにつけられています。

洗濯板のカーブを下向きで使用することで、溝に洗剤を溜めておくことができ、洗剤を含ませながら洗うことが可能になります。

逆に、カーブを上向きで使用すると水気を取ることができますよ。

2-3)③汚れている箇所を直接洗うこと

こすり洗いですので、汚れている箇所を外側にし、汚れている部分を直接こすれるようにすると綺麗にしやすくなります。

泥汚れなどは服の表面を綺麗にしますが、汗や臭いを綺麗にしたい場合は裏返して洗いましょう。

3)洗濯板の選び方のコツ2つ

洗濯板は昔のアイテムのように思われがちですが、実は現代でも使用されているアイテムなんです。

そのため、探してみると意外と種類が多くて戸惑ってしまうかもしれません。
そこでまずは、洗濯板の選び方のコツを2つご紹介していきます。

3-1)①取っ手が自分の手に馴染むものを選ぶ

洗濯板を使用する際、利き手とは逆の手で板を抑えてこすり洗いをしていきます。

この時、自分の手に馴染むかで使いやすさが大きく変わってきます。そのため、まずは洗濯板に付いている取っ手に手をはめてみましょう。

取っ手の形は、円形のものから四角のものまで多様な種類があります。 どの形と相性がいいかは人それぞれですので、持ちやすいと思ったものを選ぶことをおすすめします。

3-2)②洗濯物の大きさに合っているサイズを選ぶ

続いて、「洗濯板を使って何を洗うか」を意識してみましょう。

例えば、靴下やワイシャツの襟や袖などの小さいものを洗う場合は、洗濯板も小さいサイズを選ぶと良いでしょう。

逆に、運動等で全身汚れるユニフォーム等を洗う場合は、それに合わせて大きいサイズを選ぶと良いでしょう。

洗濯物のサイズに合わせたサイズで購入すると、適切なスペースでの洗濯が可能になり、洗いやすくなります。

4)忙しくて洗濯をする時間がないときは

洗濯機のみならず、洗濯板も使いこなせるようになると、細かい汚れも綺麗に落とすことができるようになります。

ぜひ使いこなして、より清潔な生活を過ごしてくださいね。

ところで、
「数時間でいいから、誰かに家事を手伝って欲しい…」「忙しくて洗濯をする時間がなかなかない...」
とお困りの方、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみませんか?

くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る