酸素系漂白剤って何?液体タイプ・粉末タイプで成分が違う点に注意。用途別の使い方を紹介します。

日々のお掃除に欠かせない酸素系漂白剤。普段何げなく使用しているかもしれませんが、実は用途に合わせて使用することで、効率よくお掃除できます。この記事では、酸素系漂白剤の液体タイプ・粉末タイプの違いや、それぞれに適した掃除場所まで徹底解説しています。

2021.1.4 更新
酸素系漂白剤のイラスト

目次

  1. 1)酸素系漂白剤って何?
  2. 2)液体と粉末の違いは?
  3.  2-1)粉末タイプの酸素系漂白剤はどこに使える?
  4.  2-2)用途別の使用方法
  5.  2-3)液体タイプの酸素系漂白剤はどこに使える?
  6.  2-4)用途別の使用方法
  7. 3)使いわけが面倒なら粉末タイプの購入がおすすめ
  8. 4)酸素系漂白剤を使用するときの注意点

1)酸素系漂白剤って何?

酸素系漂白剤とは、酸素のチカラでヨゴレを落とす洗剤です。過酸化ナトリウム、または過酸化水素を主成分として、塩素系漂白剤のようなツンとした臭いがありません。漂白、消臭、除菌など、様々な用途で使えます。
また、塩素系漂白剤と違って、色柄モノの衣類の洗濯に使えるのも大きな特徴です。

酸素系漂白剤

洗濯だけでなく、洗濯機の掃除や、キッチン、排水溝の掃除など、家中をキレイにするのにも役立ちます。浸け置き洗いも簡単に行えるため、使い勝手の良いお掃除アイテムです。

2)液体と粉末の違いは?

酸素系漂白剤は、粉末タイプのものと、液体タイプの2種類が市販されています。液体タイプと粉末タイプでは成分が特徴が異なるため、購入するときには必ず表示を確認してください。

液体と粉末の違い

この章では、粉末タイプと液体タイプの使い分けについて解説します。酸素系漂白剤のタイプによっては漂白できないものもあるので、用途にあった使い分けをしましょう。

2-1)粉末タイプの酸素系漂白剤はどこに使える?

オキシクリーン

購入はこちら

粉末タイプの酸素系漂白剤は、洗濯や台所、掃除など多用途に使えます。洗濯では、塩素系漂白剤ではできない、綿・麻の色柄物の漂白ができます。

粉末の漂白剤を水に溶かすと泡が発生しますが、これは主成分の過炭酸ナトリウムが水に溶けて分解され酸素が発生するからです。この分解の過程が漂白作用をとなるのです。

また、塩素系漂白剤にある特有のツンとした臭いがないので、キッチンでの漂白にも向いています。

さらに、漂白作用のみではなく、除菌・消臭作用もあります。

2-2)用途別の使用方法

  • 「洗濯」…洗剤と一緒に洗濯機に入れての使用も可能です(使用量は各漂白剤の説明を参照してください)
  • 「しみ抜き」…香りがなく、綿・麻の色柄ものにも使えるため、おむつやスタイなど赤ちゃんの衣料にも安心です。
  • 「キッチン」…漂白、除菌消臭作用がありますので、ふきん、茶しぶ、哺乳瓶の除菌にもつけおきで漂白できます。またステンレスの水筒などにも使えます。
  • 「キッチン・浴室・洗面所」…排水口の除菌・消臭に使えます。

粉末タイプ

使えるものの中でも、色落ちが心配な場合は、以下の方法で色落ちチェックをしてから使いましょう。

色落ちチェックの方法

30~40℃のぬるま湯に漂白剤の粉末を溶かし、目立たない部分につけて数分おき変色しないか確認します。また、塗った部分の下に白布を敷き上からたたいて色移りがしないか確認します。色が移った場合は、色落ちする可能性があるので、使用は控えましょう。

2-3)液体タイプの酸素系漂白剤はどこに使える?

液体タイプの酸素系漂白剤

購入はこちら

液体タイプは油汚れが落ちないため、主に洗濯に使用します。

洗濯では色柄物の漂白や染み抜き・綿・麻はもちろん、絹や毛などのデリケート衣類にも使用できますが、粉末タイプに比べると、やや漂白力は劣ります。

ただ、粉末タイプと同じく、塩素系漂白剤のようなツンと来る臭いもなく、ガスが発生する危険性もありません。

また、漂白・除菌・抗菌・消臭作用があります。

2-4)用途別の使用方法

画像の説明文

漂白剤を使うことができる生地でも、色落ちの可能性はゼロではありません。心配な場合は、チェックしてから使いましょう。

色落ちチェックの仕方

原液を、目立たない部分につけて数分おき変色しないか確認します。また、塗った部分の下に白布を敷き上からたたいて色移りがしないか確認します。色が移った場合は、色落ちする可能性があるので、使用は控えましょう。

3)使いわけが面倒なら粉末タイプの購入がおすすめ

●使い分けが面倒なら粉末タイプ

漂白剤の使い分けが面倒という方は、粉末タイプの酸素系漂白剤がおすすめです。

1つあれば、洗濯、キッチン、排水口など多用途に使えて便利です。ただし、洗濯時、毛、絹に使えないので注意しましょう。

●毎日の洗濯メインなら液体タイプ

最近は、洗濯機で洗える毛や絹の衣類も増えていますので、洗濯の際洗剤と一緒に使う場合は、液体タイプの酸素系漂白剤がおすすめです。洗濯に毎回使うと、洗剤だけでは取り切れない、洗濯物の臭いもなくなります。

4)酸素系漂白剤を使用するときの注意点

注意をしている女性のイラスト

酸素系漂白剤は、基本的に含金属染料には使用はしないことをおすすめします。

含金属染料とは、コバルト、クロム、銅等の金属を含んだ染料によって染められた柄や糸が使われている生地にのことを挿します。この含金属染料に酸素系漂白剤を使うと、金属を含んでいる場合は酸化して脱色してしまう可能性があるのです。

とはいうものの、どんな染料で染められているのかを判断する材料は、表示ラベルにも記載がありません。また、JISの洗濯表示には酸素系漂白剤の使用を制限する表示はありません。

大切な衣類の場合は目立たないところで色落ちのテストのひと手間が必要です。面倒ですが後悔しないために、失敗したくない大切な衣料はチェックを心がけましょう。

最後に

漂白剤はそれぞれの特徴を生かし、上手に使いたいものです。

今回の記事を参考に、ぜひ上手に使い分けて家事に取り入れてみてください。

「最近忙しくて、家事に手が回らない…」
とお困りの方、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみませんか?

くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る