洗濯用粉石けんの使い方と、溶け残り・石けんカスのトラブル対策

環境や手肌のために、粉石けんを使いたい方が増えています。しかし、合成洗剤に比べて、コツが必要で洗濯に手間がかかるというハードルがあるもの事実。粉石けんは上手に使うと、合成洗剤より汚れ落ちがよく、風合いもよく仕上がります。本記事では、粉石けんの使い方とトラブル対策をまとめました。

2019.11.27 更新
タオルと粉石鹸

目次

  1. 1)粉石けんとは
  2. 2)合成洗剤と粉石けんの見分け方
  3. 3)粉石けんを使った洗濯の仕方
  4. 4)粉石けんの洗濯トラブル解決方法
  5.  4-1)石けんカスが多い
  6.  4-2)黄ばみとニオイ
  7. 5)最後に

1)粉石けんとは

自然由来の成分で作られ、環境にも人にもやさしい粉石けんが見直されつつあります。自然由来からできている粉石けんですが、何からつくられているのでしょうか。

粉石けんは、固形石けんが粉になったものです。細かなパウダー状のサラサラの石けんです。固形石けんの主成分は、自然由来(動植物)の油脂に水酸化ナトリウムを使い作った脂肪酸ナトリウムです。シンプルな材料で、シンプルに作られたものが石けんです。

合成洗剤に使われている、石油由来の界面活性剤の中には、手肌に強い刺激を与える成分もあります。複雑な界面活性剤が、科学の力で開発され、泡立ちや汚れ落ちの良さ手軽さで多く使われるようになりました。

しかし、人が大昔から使っている石けんは、自然由来で安心できるため、少しずつ人気が出てきているのです。

2)合成洗剤と粉石けんの見分け方

合成洗剤と粉石鹸の見分け方。パッケージ裏の品名表示を確認

粉石けんと合成洗剤はどうやって見分ければいいでしょう。パウダー状の粉であれば、粉石けんは昔ながらの石けんの臭いがするのでわかります。合成洗剤は、良い香りが付いていますよね。

開封前の場合は、箱裏や、横に成分などを記載した小さな文字の成分表示があり、「品名」という項目があります。この項目が、「洗濯用石けん」となっているのが「粉石けん」で、「洗濯用合成洗剤」と記載があるものは合成洗剤です。

成分表示には用途や成分も記載されているので、じっくり見ると、粉石けんと合成洗剤の違いが理解できます(写真参照)。粉石けんの成分は少なくシンプルですが、合成洗剤の成分には、見るからに化学という名前の界面活性剤が並んでいます。

箱裏の文字は小さくて見づらいのですが、各メーカーの粉石けんのパッケージの表(おもて)には比較的大きな文字で「せっけん」の記載があります。商品名近くの「せっけん」の文字を確認したら、成分表で再確認してくださいね。

◆そよ風 2.16kg(ミヨシ石けん)

3)粉石けんを使った洗濯の仕方

粉石けんを使って洗濯する手順と注意点です。

  1. 洗濯のコースは、すすぎを2回以上のコースに設定します。
  2. 水の量に対する粉石けんの使用量は、パッケージの使用量を守りましょう。 粉石けんは少々多くても大丈夫ですが、少ないと汚れを十分に落とすことができません。
  3. 粉石けんを入れる時は、投入口に入れず、洗濯層の水流のある所に少しずつ投入してください。 投入口に入れると、固まって詰まる可能性があります。衣類が水に浸かり切っていない場合は、水を増やします(粉石けんの量も合わせて増やしましょう)。
  4. 水温が低くなり10度近くになるとと粉石けんが溶け残ります。洗濯層にさし湯をして水温を上げてください。 粉石けんで洗濯する時の適温は20~40度ですので、夏場の水は大丈夫ですが、冬はお風呂の残り湯を活用するか、あらかじめお湯でとかしてから投入するなどの工夫が必要です。
  5. 干す時は、生乾きのニオイを発生させないように、風通しのよいところに干します。
  6. 洗濯後、洗濯機のふたを開けて中を乾燥させましょう。

◆ダイヤ 粉石けんネット

粉石けんを入れるネットです。粉石けんの溶け残りや、衣類に溶け残りが付着するのを防ぎます。

4)粉石けんの洗濯トラブル解決方法

4-1)石けんカスが多い

【解決方法 その1】

粉石けんの使用量を守っているか確認します。意外に思われるかもしれませんが、粉石けんは、水に対しての使用量が少ないと石けんカスができやすくなります。用量を守りましょう。

【解決方法 その2】

石けんカスが多くできる場合は、粉石けんが解け残っている可能性があります。水温が低くないか、水の量が十分かを確認し、改善します。

【解決方法 その3】

日本は軟水の地域が多いのですが、硬水の地域にお住いの場合石けんカスができやすくなります。この対策は、すすぎ時にクエン酸を溶かした液を入れます(3gのクエン酸を30gの水で溶かしたものを柔軟仕上げ剤の投入口に入れる)。石けんカスが少なくなります。

【解決法 その4】

粉石けんを使い続けると、洗濯槽に石けんカスが溜まってしまいます。2ヶ月に1度くらい洗濯層の掃除をしましょう。

掃除中の洗濯槽

4-2)黄ばみとニオイ

【解決方法 その1】

洗濯時に、衣類を入れすぎていないか確認しましょう。衣類が多すぎると汚れ落ちが悪くなります。水と粉石けんを増やすか、一度に洗う衣類を少なめにしましょう。

【解決方法 その2】

すすぎは2回以上しているか確認しましょう。衣類に石けんカスが残らないように、2回以上が必須です。

5)最後に

粉石けんを買うために、ドラッグストアに行っても、粉石けんは数アイテムしかないのが、今の状況です。

溶けにくさなど、手軽とはいいがたい面もありますが、お肌に優しいという一点を考えても使うメリットは十分あります。

自然と自分に優しい気持ちになれるお洗濯ができるといいですよね。

ところで、
「最近忙しくて、家事に手が回らない…」
とお困りの方、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみませんか?

くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る