一人暮らしや一般家庭の洗濯の頻度はどれくらい?衣類別に異なる洗濯頻度も合わせて紹介!

洗濯をする頻度は、家族の人数や洗濯物の量によって異なります。また、衣類によっても洗濯頻度が異なり、毎日洗濯するべきものもあれば、週に1回でいい物もあります。この記事では一般的な洗濯の頻度や衣類別の洗濯頻度、汚れ具合によっての洗濯の目安などを徹底解説します。

2019.12.3 更新
洗濯機に洗濯物を詰めている女性

目次

  1. 1)一人暮らしの洗濯頻度はどれくらい?
  2.  1-1)ファミリーの洗濯頻度はどれくらい?
  3. 2)衣類によって洗濯頻度の目安は異なる?
  4. 3)こんな状態の衣類はすぐに洗濯を!汚れの目安
  5. 4)まとめて洗濯する場合のメリット・デメリット
  6. 5)日々の洗濯のポイント

1)一人暮らしの洗濯頻度はどれくらい?

一人暮らしは一般家庭と異なり、1日にでる洗濯物の量も多くないため、毎日回す方の方が少ないと思われます。大体週2.3回か、1週間に1回が一般的です。

1-1)ファミリーの洗濯頻度はどれくらい?

一般家庭の洗濯頻度は、毎日、または2,3日に1回という家が多いです。特に家族が多いお家は、毎日回すことがほとんどだと思います。

2)衣類によって洗濯頻度の目安は異なる?

衣類の中には、毎日必ず洗うべきものもあれば、2.3回着用したら洗うべきものもあります。衣類別の洗濯頻度を紹介します。

着用したら必ず洗うもの

  • 下着
  • 靴下
  • インナー類

これらは肌に直接触れるものなので、汗や皮脂汚れが付着しています。1回着用したら必ず洗った方がいいでしょう。

2.3回着用したら洗うもの

  • パジャマ
  • ルームウェア
  • セーター
  • ジーンズ
  • バスタオル

パジャマやルームウェアは、寝ている間や家にいる間に着用するだけなので、神経質になる必要はないです。ですが、寝ている間も家にいる間も汗はかいているので、2.3日に1回は洗うようにしましょう。

また、セーターやジーンズは、洗いすぎると生地が傷んだり色落ちしたりする可能性があります。特にセーターは冬の汗をかきにくい時期に着用するものなので、毎日洗う必要はありません。ジーンズも同様に毎日洗う必要はありませんが、夏場に着用した場合は汗をかいていたら洗うようにしましょう。

バスタオルは大きくてかさばるので、家族が多い家庭は特に大変です。ですが、タオルは濡れた体を拭くものなので、雑菌が繁殖しやすく臭いもつきやすいのです。
2.3日に1回は必ず洗濯をしましょう。

1週間に1度は洗うもの

  • シーツ
  • 枕カバー

シーツや枕カバーの洗濯はついつい忘れがちですが、寝汗を吸うものなので、1週間に1回は洗濯するようにしましょう。

山のように溜まっている洗濯物

3)こんな状態の衣類はすぐに洗濯を!汚れの目安

洗濯は面倒くさい家事の一つです。汚れてないからまだ洗濯しなくていいや...なんて思うかもしれませんが、以下のような特徴が見られた場合はすぐに洗濯を行いましょう。 放っておくと雑菌が繁殖してカビやシミの原因になってしまいます。

  • 脇や首回りが黄ばんでいる
  • 脇や首回りは汗をかきやすく、ニットやセーターなども、気付いたら黄ばんでいるという場合があります。
    黄ばみを発見したらすぐに洗濯をしましょう。

洗濯の方法はこちらの記事でも記載しているので参考にしてみてください

黄ばんだ汗ジミの画像 シャツを持っている画像
  • 白いタオルがオレンジやピンク色に変わる
  • 白いタオルにオレンジやピンクの色がついている場合は、雑菌やカビが繁殖している状態です。すぐに洗濯をしてください。干す環境がよくない場合もあるので、干す際は湿気の少ない場所で完全に乾燥するまで干しましょう。
    また、洗濯の頻度が足りていない可能性もあるので洗濯頻度を増やしてみるのも1つの方法です。

タオルの臭いや洗い方に関しての記事はこちらでも記載しているので参考にしてみてください。

布巾を手洗いしている画像

バスタオルの臭いをかいでいる女性の画像

4)まとめて洗濯する場合のメリット・デメリット

洗濯物を溜めてから、まとめて洗濯する場合、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 節約になる

何回も洗濯をするよりも、1回にまとめて洗濯する方が電気代と水道代の節約になります。

1回の洗濯で必要な電気代は約2円、水道代が20円ほどで、合計30円ほどかかります。

毎日洗濯する場合と週1回洗濯する場合では年間で8,000円程変わってくるので、まとめて洗濯をした方がかなり節約できると言えます。

デメリット

  • 衣類を数日間ためるので、雑菌が繁殖しやすくなる
  • まとめて洗うには、数日間汚れた衣類をためておかなければなりません。そのため、洗濯物に雑菌が繁殖しやすくなります。

  • 衣類を詰め込みすぎると、洗濯が行き届かないことがある
  • 実は洗濯機に衣類を入れる適切な量は7割〜8割程度です。それ以上に入れると、洗濯物が十分にまわらず、汚れが落ちきらない可能性があります。

    衣類をためすぎたと思ったら、手間はかかりますが無理に詰め込まず、洗濯機の7〜8割が溜まったら洗うようにしましょう。

5)日々の洗濯のポイント

洗濯をする際は以下のことに注意して洗濯を行いましょう!雑菌を減らす対策にも繋がります。

  • 脱いだ衣類は、洗濯機の中ではなくランドリーボックスに入れる
  • 洗濯機の中は水を使うので湿気も多いです。湿気が多い中に衣類をためると、雑菌も繁殖しやすくなります。脱いだ洗濯物はランドリーボックスの中に入れるようにしましょう。

  • 洗濯が終わったら放置せずにすぐに干す
  • 洗濯後の衣類を洗濯機の中で放置していると、雑菌が繁殖してしまう恐れがあります。 洗濯が終わったらすぐに干しましょう。



毎日の家事で忙しい場合、自分で洗濯する時間がないなんてこともありますよね。

そんなときは、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみるのはいかがでしょうか?

くらしのマーケットでは家政婦・家事代行のプロを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る