フィルムカメラの現像方法!現像とプリントの違いは?

現在はデジタルカメラが主流ですが、「デジタルカメラとは一味違った写真が撮れる」「現像する楽しみが大きい」などの理由でフィルムカメラを使用する方が増えています。そこで、ちょっと悩むのが「どうやってフィルムを現像したらいいの?」ということではないでしょうか?現像を頼む業者によって、仕上がりや料金が大きく変わるのでどこのサービスを利用するかというのはとても重要です。この記事では、フィルムカメラの現像サービスを選ぶときのポイントや、現像とプリントの違い、フィルムカメラで撮った写真のデータ保存などについて紹介します。

2019.12.27 更新
フィルムカメラと写真

目次

  1. 1)フィルムカメラの現像の方法
  2. 2)フィルムの現像とプリントの違い
  3. 3)フィルム現像後、データにして保管することもできる
  4. 4)まとめ

1)フィルムカメラの現像の方法

現像液や必要な道具を揃えれば自分で現像することもできますが、ちょっと難易度が高すぎるのでプロに依頼をするといいでしょう。

フィルムカメラを現像するためには、「お店に持参する」「郵送をする」かになります。

お店にフィルムを持参して現像する場合、短時間で受け取れるというのが一番のメリットです。また、実際に店舗を構えているお店は経験や実績が多く安心して任せられます。一般的に郵送よりもやや費用がかかるのがデメリットです。

フィルムを郵送して現像する場合、お店に持参するよりも安価で現像ができます。好きな時に配送し受け取りができるので、忙しい方にもぴったりです。珍しいフィルムの場合、現像できるお店が限られるので、依頼前に対応してもらえるかきちんと確認しましょう。

2)フィルムの現像とプリントの違い

「フィルムを現像する」というと、紙にカラー印刷することを思い浮かべるかもしれませんがそれは間違いです。

「現像」とは、使用したフィルムを薬剤に浸し像を浮かび上がらせ定着する作業のことを指します。現像するこで真っ黒だったフィルムに、白黒の像が浮かび上がり何となくどのような写真が撮れたか分かるでしょう。

そして、この現像したフィルムを元に紙に印刷する作業を「プリント」と呼びます。

3)フィルム現像後、データにして保管することもできる

「プリントをすると保管場所に困る」という方やデジカメのようにデータで管理をしたいという方には、CDに書き込んでデータで保存するサービスもあります。

また、お店によってはスマホにデータを転送してくれるサービスも提供しているので、家にパソコンがない場合でも簡単にデータを保存して、お友達に楽にデータを共有することができますよ。

4)まとめ

フィルムの現像をスピーディーにしたい方は店舗への持ち込み、できるだけ安く現像したい方は郵送での現像がおすすめです。また、業者によって仕上がりが異なるので、何か所か依頼してお気に入りの仕上がりになるサービスを見つけてくださいね。

ところで、
思い出に残したい特別な日の写真は、プロのカメラマンに写真をまかせてみませんか?

お宮参りや七五三、お誕生日祝いなど、家族との大事な思い出はプロに任せることでより素敵に写真として残すことができますよ。

くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る