トイレ(便器)の価格の差は トイレタイプと機能の違い

トイレの価格はどのくらいかと思い、調べ始めると機種の多さと、同じ商品名なのに値段に差があることに戸惑います。トイレの価格の差はどこから来るのかを解説し、我が家にあったトイレを見つけるポイントと注意点をご案内します。

2020.1.30 更新
トイレを選ぶ男性

目次

  1. 1)トイレの価格を調べる際に知っておきたいこと
  2. 2)大まかな値段の基準はトイレのタイプ
  3.  2-1)組み合わせタイプの価格帯と特徴
  4.  2-2)一体化タイプの価格帯と特徴
  5.  2-3)タンクレスタイプの価格帯と特徴
  6. 3)高価格機種は高機能
  7. 4)最後に-我が家に必要な機能を見極める

1)トイレの価格を調べる際に知っておきたいこと

トイレを探す際に、価格も調べますが下記の4点には注意が必要です。

  • メーカー希望価格よりネットショップの価格は大幅に安い場合が多いようです。
  • 最新モデルと旧モデルでは、旧モデルが大幅に値引き販売されている場合があります。
  • トイレだけの価格か、工事費込みの価格かに注意しましょう。
  • 低価格なトイレの場合、便座が別売になっていたり、便座が普通便座の場合がありますので、便座の性能の確認を忘れないようにします。

<床排水と床上排水>

排水の仕方に床排水床上排水があります。床排水より、床上排水の方が、1万~数万円高くなる機種があります。

  • 床排水は トイレの便器の下から排水します。
  • 床上排水はトイレの背面から壁に排水管がつながっています。

<一般仕様と寒冷地仕様>

トイレにも寒冷地仕様があります。一般仕様より、寒冷地仕様の方が、1万~数万円高くなります。寒冷地仕様は、トイレに溜まっている水を温めるヒーターが内蔵されているなど、水が凍結しない機能がついています。

多くを見くらべるのは大変ですが、トイレの特徴や機能を調べて、納得のいくものを選びましょう。

2)大まかな値段の基準はトイレのタイプ

トイレは、便器便座、水をためておくタンクの3つの部分から成り立っています。

トイレのタイプには、この3つが独立したタイプ、一体化したタイプ、タンクレスタイプの3つがあります。ここでは工事費を含まない、トイレだけの価格をざっくりご紹介します。

2-1)組み合わせタイプの価格帯と特徴

組み合わせタイプのトイレ

価格帯 2~20万円くらい(ネットショップ価格・工事費を含まない)
基本的にタンクと便器はセットで販売されています。便座は、普通便座、暖房便座、温水洗浄便座から選ぶことができます。手洗いのあるなしを選べますが、手洗い付きの方が高くなります。

普通便座で、手洗いなしであれば2万円代から見つけることができます。温水洗浄便座に変更すると2万円~10万円が別途かかります。便器により装着可能な便座が異なりますので、注意が必要です。

2-2)一体化タイプの価格帯と特徴

一体型タイプのトイレ

価格帯 5~15万円くらい(ネットショップ価格・工事費を含まない)
メーカー希望価格で高価機種は30万円くらいの価格のものもあります。
3つの機能が一体化しているので、コンパクトで掃除がしやすいタイプです。
温水洗浄便座が主流ですが、他の便座を選ぶことも可能です(機種によります)。手洗いのあるなしを選べますが、手洗いが付いている方が高くなります。

2-3)タンクレスタイプの価格帯と特徴

タンクレストイレ

価格帯 10~40万円くらい(ネットショップ価格・工事費を含まない)
メーカー希望価格では60万円を超える価格のものもあります。
最近は、タンクがないタンクレストイレが、脚光を浴びていますね。タンクがない分、コンパクトで、デザインもよくトイレ空間にゆとりができます。

3)高価格機種は高機能

どのタイプも、各メーカーからいろいろなシリーズが出ていますが、そのシリーズの中でも、高価格機種と低価格機種があります。スマートフォンでも、型番によって価格が異なるのと同じですね。

パナソニックのアラウーノを例にしてみましょう。最新のアラウーノは3機種6タイプです。


価格
アラウーノL150シリーズタイプ0
タイプ1
タイプ2
アラウーノS141
アラウーノV手洗い付き
手洗いなし

3機種とも、便器の素材、掃除がしやすい便器の形状、水位調節機能、パワフル水流は同じです。しかし、メーカー希望小売価格を見ると、アラウーノL150タイプ0はアラウーノVの2倍以上の価格になります。この価格差は、本体や便座についている機能の違いです。 機能の搭載状況を見てみましょう。

  • 泡で便器を洗うというイメージがあるアラウーノですが、アラウーノVには泡の機能がなく、S141とL150シリーズへの搭載です。
  • 除菌効果のあるオゾンウオーターを自動散布するのは、高位機種L150の中でもタイプ0とタイプ1への搭載。
  • 消臭とカビ菌やウィルスの抑制作用を持つナノイーXを便器から放出する機能は、最も価格が高いタイプ0にのみ搭載されています。
  • 省エネ効果を比べると、使用水量はアラウーノVが最も少なく、便座の節電は高価格なタイプほど高度な自動節電機能が搭載されています。

上記以外にも機能の差はたくさんあります。
機能以外にも、オプションでふたを選べるなど、お金をかけると、自分好みのデザインの便器にすることもできます。

参照:アラウーノシリーズ:主な機能比較

4)最後に-我が家に必要な機能を見極める

長年使ってきたトイレの交換の場合は、高価格機種でなくても、新しいトイレに変えるだけで、ちょっとした感動を味わえます。10年、20年前と比べると、便器の素材は滑らかな汚れを寄せ付けない素材になっており、水流のパワーが上がっているからです。

トイレは進化しています、快適に使うための機能や、掃除を楽にしてくれる機能がどこまで必要かを見極めて、価格とのバランスを考え賢くトイレを選びましょう。

ところで、くらしのマーケットでトイレリフォームをお願いできることをご存知ですか?
くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る