大掃除は計画的に進めよう!〜準備から当日まで〜

毎年年末が近づくと大掃除が気になって憂鬱になっていませんか? 大掃除は掃除する場所を決め、スケジュールを立てて少しずつ行うとぐっと楽になります。 大掃除を成功させる秘訣は大掃除を始める前の準備から! 準備から当日までの流れをご紹介します。

掃除場所をリストアップする

掃除を始める前に、まず掃除する場所を明確にしておきます。
家の外周(庭や物置)から玄関、廊下、台所、トイレ、風呂場、リビング、寝室、ベランダなど、普段掃除していないところをチェックしていきましょう。
肩から上の高い場所や、反対に膝から下の低い場所(家具の下)などは、普段掃除の行き届かない箇所です。
いったん順番は気にせずに、大まかな場所ごとにすべて書き出していきましょう。

<参考記事>
大掃除って何したらいいの?〜掃除リスト編〜

掃除場所の順番を決める

掃除場所のリストアップができたら、どの順番で掃除をするかを決めます。
家族みんなで協力する場合は、担当者を決めてそれぞれの作業順と大まかな作業時間を整理するとわかりやすいですね。
物置やガレージの整理、家中の不用品の整理など、ある程度まとまった時間が必要になる作業はバタバタしないよう丸一日割り当てると良いでしょう。

<参考記事>
どの順番で掃除したら良い?〜順番ガイド編〜

道具を揃える

掃除場所のリストが整理できたら、それぞれの掃除に必要な道具を揃えましょう。
すでにある物で足りる場合は新たに準備する必要はありませんが、利用する頻度の高い雑巾や布巾、スポンジなどは多めに用意しておきましょう。
雑巾は100円ショップなどで購入しても良いですが、使い古しのタオルや着古したTシャツをリユースするのも可です。
特にコットン100%のTシャツは柔らかく吸水性も高いので、小さく切ると案外使い勝手の良い使い捨て雑巾として活躍します。
その他、軍手やゴム手袋も作業する人数分準備しておきましょう。

<参考記事>
どうやって掃除したらいいの?〜掃除方法ガイド編〜(便利な掃除アイテム)

大掃除当日

道具を揃えて、不用品や物置の整理など時間のかかる作業を終えたら、いよいよ大掃除当日です。
当日は「朝10時からスタートして夕方6時には終わらせよう」というように目標時間を決めましょう。
ただし、思った通りに進まなくともイライラは禁物。
頑固な汚れは7〜8割くらい落ちれば上出来!
そんな風に考えて、その日掃除すると決めた掃除箇所を一通り終わらせるようにしましょう。
大掃除の日は掃除に集中して、食事は少し豪華なお弁当やデリバリー、外食にしてみるのも良いですね。
掃除後の楽しみでやる気を倍増させましょう!

<参考記事>
秋の大掃除特集!場所リストと順番ガイドでサクっときれいのコツ

プロのクリーニング業者に依頼する

自分でする大掃除も達成感があり気持ちが良いですが、やはり時間がかかってしまうのは事実。
時間を短縮したい、自分でやっても思うようにきれいにならない、そんな方はプロのクリーニング業者に依頼するのもおすすめです。
家丸ごとでなくても、今年はトイレ、来年はお風呂…というように1年に1か所ずつ決めて依頼するのも手ですね。

<参考記事>
ハウスクリーニングってどんな掃除してくれるの?
ハウスクリーニング提供サービス一覧

大掃除特集の関連記事はこちら

秋の大掃除特集!場所リストと順番ガイドでサクっときれいのコツ
大掃除の代行を頼みたいけど、どこで探したらいいの?
大掃除、ダスキンに頼んだらいくらぐらいかかるの?
くらしのマーケット提供サービス一覧

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る