【新型コロナ】飲食店支援GoTo Eat(イート)はいつから始まるの?

政府の需要喚起策として注目される「GoTo Eat(イート)」キャンペーン。「いつからはじまるの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。今回はキャンペーンの概要と、いつから開始されるのかについて詳しく解説します(最終更新日:2020年7月20日)。

2020.7.27 更新
画像の説明文

政府の需要喚起策「GoToキャンペーン」の一つに、飲食店を支援する「GoToイート」があります。

「GoToキャンペーン」とは、新型コロナウイルス感染拡大にともなった休業要請などで落ち込んだ経済を回復させるために、政府が旅行業・飲食業・イベント業などに対して行う需要喚起策です。

同キャンペーンは、観光業支援の「GoToトラベル」、飲食業支援の「GoToイート」、イベント関連業支援の「GoToイベント」、地域の商店街支援の「GoTo商店街」の4つがあります。

7月22日に始まる「GoToトラベル」は、東京都が対象から外れることで話題となっていますが、「GoToイートはいつから始まるのだろう?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「GoToイート」キャンペーンの概要と、いつからキャンペーンが開始されるのかについて解説します。

目次

  1. 1. 「GoToイート」キャンペーンとは
  2. 2. 「GoToイート」キャンペーンはいつから始まるの?

1. 「GoToイート」キャンペーンとは

「GoToイート」とは、新型コロナウイルスの感染拡大にともなって経営が悪化した飲食店を支援するキャンペーン事業です。事業費は2,003億円。

インターネットで飲食店を予約した来店客に対してポイントが付与されるほか、プレミアム食事券の発行も検討されています。

江藤拓農林水産相は、7月17日の記者会見で「(GoToイートキャンペーンは)地方振興的な意味合いがとても強い」と述べています。

「GoToトラベル」など他のキャンペーンと連動させることで、都市部のみならず地方の経済も回復させることが狙いだとみられています。

「GoToキャンペーン」をめぐっては、「GoToトラベル」の開始時期や東京を対象外とする決定への批判が高まっていて、先行き不透明な状況が続いています。

GoToイート概要図。政府の需要喚起策の一環として行われる、飲食店支援キャンペーン。オンライン飲食予約サイトを通じて飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を付与。1人あたり最大1,000円分。登録飲食店で使えるプレミアム付食事券を発行。2割相当の割引となる。

2. 「GoToイート」キャンペーンはいつから始まるの?

「GoToイート」キャンペーンの具体的な開始時期は、まだ決まっていません

7月17日に開始される予定だった事業委託先の公募は、来週以降に延期されています。

江藤農林水産相は、17日の記者会見で、東京などで感染者数が急激に増加していることを踏まえ、公募やキャンペーンの開始時期については慎重に判断したい考えを示しています。

毎日新聞の報道によりますと、キャンペーンの開始時期は、今年9月以降にずれ込む見込みだいうことです。

くらしのマーケットに無料出店しませんか?

「新型コロナの影響で客足が減っている」「閑散期の仕事を増やしたい」

集客にお困りのあなたに、ぜひご活用いただきたいのが、くらしのマーケット


くらしのマーケット

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・家事代行・引越し・リフォームなど、200種以上の出張訪問サービスを料金や口コミで比較し、スマホアプリで簡単予約できるサービスです。

現在、出店者数は3万3,000店舗を突破しています。

初期費用・月額費用は完全無料!
コストをかけずに集客を始めることができます。

ネット集客が初めての方にも安心!
ネット集客の専門家が、みなさまの売上アップをサポートします。ネット集客ならではのノウハウを学べる各種講座もご用意。安心してスタートできます。

手数料は「完全成功報酬型」!
予約が成立したときのみ、サービス料金の20%の手数料が発生します。



新型コロナウイルス対策店舗特集

※当記事は、くらしのマーケット大学の記事を転載したものです。
https://univ.curama.jp/4236/

  • lineで送る

この記事のキーワード

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る