掃除機の掃除 4ステップで吸引力を取り戻すお手入れの仕方

掃除機の吸引力が落ちてきたと感じていませんか?買い替えを検討する前に、掃除機を掃除してみましょう。掃除機を掃除すると、それだけで吸引力が復活する場合があるんです。掃除機のタイプ別に、ダストカップ、フィルター、床ブラシの洗い方をご紹介します。

2020.10.14 更新
掃除機分解図

日々の掃除で大活躍してくれる掃除機ですが、使っている間に吸引力が落ちてきたと感じることがありませんか? ゴミを捨てても吸引力が弱い時は掃除機の寿命と思う前に、一度、掃除機の掃除を試してみるのがおすすめです。

床ブラシの回転部分にゴミや髪の毛が絡みついてきちんと動かなかったり、フィルターが目詰まりしていると吸引力が落ちるだけでなく、掃除機の寿命も縮めてしまいます。掃除機もしっかりお掃除して吸引力を取り戻しましょう!

目次

  1. 掃除機のタイプ別!掃除機の掃除法
  2. 1)ダストカップ周りの掃除
  3. 2)本体フィルターを水洗い
  4. 3)床ブラシヘッドの掃除
  5. 4)掃除機本体を中性洗剤で水拭きする
  6. 最後に

掃除機のタイプ別!掃除機の掃除法

掃除機の集塵方式の違いにより、掃除機の掃除手順が変わります。以下の表を参考に掃除機の確認してみましょう。

  紙パック サイクロン式 カプセル式
ゴミ捨て 紙パックごと捨てる ダストカップ ダストカップ
フィルター なし あり あり

お使いの掃除機が、サイクロン式またはカプセル式であればフィルター有りなので、この後にご紹介する1)ダストカップ周りの掃除機の掃除から取り組みます。

紙パック方式の掃除機ならば、フィルター自体がないので、3)床ブラシヘッドの掃除から参考にしてください。

本記事では縦型サイクロン式掃除機の掃除を例に、掃除すべき場所を4つのステップで解説していきます。それでは早速、掃除機の電源プラグを抜き、掃除機を掃除するための準備を始めましょう。

1)ダストカップ周りの掃除

ゴミを捨てて水洗い

ゴミを捨てる際に、フィルターのネットやプリーツフィルターをブラシで掃除しているという方も多いと思いますが、ダストカップの底や横の面は見落としがちです。この機会にダストカップを取り外して、ダストカップについてもきれいに水洗いしましょう。

プリーツフィルターのほこりをとって水洗い

フィルター水洗い

プリーツフィルターには細かなほこりが溜まっています。まずは乾いたままの状態で、付属のお手入れブラシでプリーツの間を広げながらほこりを取り払います。

プリーツの間にガッツリほこりが溜まっている場合、割りばしやピンセットなどを使いたくなりますが、プリーツを傷つける可能性があるため、付属のブラシ、または、柔らかい毛の歯ブラシなどで優しく扱いましょう。

その後、流水で水洗いをします。細かいほこりが取れにくときは、容器に水をはって30分〜1時間ほど浸けてから洗うと取れやすくなります。

プリーツフィルターはしっかり乾かす

水洗い後、プリーツフィルター部分はしっかり乾燥させます。湿った状態で掃除機に戻すと、臭いやカビ発生の原因となるので、面倒でもしっかり乾かすのがポイントです。

乾かす時間は、天気の良い日であれば、日陰の風通しの良い場所で丸一日前後。あいにくのお天気だと乾きにくいかもしれませんが、乾燥にドライヤーを使うのはNG。室内の風通しの良い場所で1〜2日かけてしっかり乾かしましょう。

※掃除機の機種によっては水洗いできない掃除機もあります。取扱説明書で確認してから水洗いしましょう。

2)本体フィルターを水洗い

ダストカップと本体の間にもフィルターがある場合は、そのフィルターも水洗いし、陰干しします。水洗いの手順や乾かすポイントは、プリーツフィルターと同様です。

3)床ブラシヘッドの掃除

床ブラシヘッド

ハサミとピンセットでローラーのごみを取り除く

取扱説明書で確認しながら、取り外せるパーツを取り外します。ローラーに絡みついている、髪の毛や糸、ゴミをはさみやピンセットを使ってきれいにします。

その後、水洗いOKのパーツを流水で洗います。今回、参考にしている掃除機は、カバーとローラーは取り外しができて水洗い可能でしたが、ヘッド本体は水洗いできないタイプでした。

※注意
ブラシ部分にモーターを内蔵している機種は基本的に水洗いNGです。床ブラシには水洗いできるパーツと、できないパーツがあるので、水洗いをする前に必ず取扱説明書で確認しましょう

ブラシヘッド本体は水拭き

ブラシヘッドの本体部分は、水拭きできれいにします。

●洗面器に水を半分ほどはり、台所用中性洗剤を1〜2滴たらして洗剤液を作ります。

●洗剤液で絞った雑巾を使ってブラシヘッド本体を丁寧に拭きます。(この洗剤液は別のパーツでも使えるので、最後まで捨てないでくださいね。)

●その後、普通の水で絞った雑巾で、水拭きします。隙やでこぼこしたの部分は綿棒、ローラー部分などの落ちない汚れは指に雑巾を巻き付けて少し強めにこすります。

●そのほかの手元ブラシ・隙間ヘッドなどの付属品も洗えるものは水洗い、洗いにくいものは、先ほど作った洗剤液で絞った雑巾→水拭きの手順できれいにしましょう。

4)掃除機本体を中性洗剤で水拭きする

掃除機本体も、先の洗剤液を使えば、洗剤液の雑巾→水拭きという手順できれいになります。

取れにくい汚れは、市販のアルコールスプレーやアルコールタオルで拭くと取れる場合がありますが、表面が変色しないか、見えない場所で試してから使ってくださいね。

電源コードも忘れずに、雑巾ではさむようにして拭いてあげましょう。

最後に

各パーツをしっかり乾燥させたら、外したとき逆の手順で戻していきます。

掃除機の掃除の頻度は、使い方や使う頻度で異なりますが、月に1回程度が理想とされています。掃除を終えた掃除機は、吸引力がよみがえるはず!ピカピカの掃除機で気分も新たにお掃除しましょう。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る