ストーブの掃除の仕方って?タイプ別・簡単にできるストーブの掃除方法

ストーブの使い始めや使い終わりにストーブを掃除をしようと思っても、どう取りかかればいいのか悩みませんか?ストーブの掃除法を代表的な3つのタイプ別にご紹介。掃除すると暖房力UP&本体寿命の長持ちが期待できます。早速チェックしてみましょう。

2020.10.14 更新
ストーブと猫

冬に大活躍のストーブですが、きちんと掃除をしていますか?ストーブの汚れを放置しておくと、ホコリが蓄積されて機能が低下し暖房効率も下がってしまう可能性があります。

今回はストーブを使う際、定期的に行ってほしい簡単な掃除方法をご紹介します。ストーブをしっかりお掃除をして、快適な暖かい冬を過ごしましょう。

目次

  1. 1. ストーブの掃除の仕方をタイプ別に紹介
  2.   石油ストーブの掃除手順
  3.   石油ファンヒーターの掃除手順
  4.   電気ストーブの掃除手順
  5. 2. ストーブ掃除を簡単にする方法は?
  6. 3. ストーブを掃除して快適な暖かい冬を過ごそう

1. ストーブの掃除の仕方をタイプ別に紹介

一口にストーブと言っても種類はさまざまです。ここでは、主流となっている3種類のタイプ別に、基本的なストーブの掃除手順をご紹介します。(※)

※ここでご紹介する掃除手順は一般的なものです。機種によって掃除法や取扱法が異なる場合があるので、迷ったときは取扱説明書で確認しましょう。

石油ストーブの掃除手順

石油ストーブイメージ

強い火力でお部屋をまんべんなく温めてくれる石油ストーブ。昔ながらのストーブです。早速、掃除手順を見ていきましょう。

【必要なもの】

  • 新聞紙
  • 掃除機
  • 雑巾

【掃除手順】

  1. タンク内の灯油がなくなったタイミング、または、中に入っている灯油を全て抜く。少量の残った灯油は新聞紙で拭き取り燃えるゴミとして捨てる(※1)
  2. 取りきれない内部の灯油をなくすため、灯油を足さずにストーブをつけ、火がつかなくなるまで空焚きをする(※2)
  3. 石油ストーブの熱が完全に冷めるまで待つ
  4. 石油ストーブの外側に付着しているホコリを掃除機や乾拭きできれいにする
  5. 石油ストーブの内部、中央にある筒部分の周りのホコリ・すすを雑巾で乾拭きする
  6. 反射板などストーブ内部の側面などを雑巾で乾拭きする
  7. 各パーツを元に戻す

日常的な掃除は、ストーブの外側についたホコリを掃除機や雑巾で乾拭きする程度でOK。

ストーブを収納する際や汚れが特に気になるときに、この方法でしっかりと掃除しましょう。いくつかのパーツを外す際は、外す過程を写真にとっておくと、組み立てる際にも迷わず安心です。

※1 ゴミの捨て方や分別ルールは自治体によって異なります。それぞれのルールに沿って捨てましょう。

※2 空焚きの際は煙や臭いが出たり、無臭の一酸化炭素が発生することを想定して、必ず喚起しながら行いましょう

石油ファンヒーターの掃除手順

石油ファンヒーターイメージ

石油と電気の力を使って効率よく部屋を暖めてくれる石油ファンヒーター。このストーブは、背面にあるフィルターにホコリがたまると暖房機能が落ちてしまうため、フィルター掃除がポイントとなります。

【必要なもの】

  • 掃除機
  • 雑巾

【掃除手順】

  1. 電源を切って本体が冷めたことを確認したら、石油ファンヒーターの外側を雑巾で乾拭きする。
    汚れがひどい場合は、水を半分ほどはった洗面器に、台所用中性洗剤を1滴ほどたらした洗剤液を作り、雑巾で拭く
  2. ストーブの背面にあるフィルターを取り外す
    一般には、つまみやネジて固定されていることが多い。外し方が分からない場合は、取扱説明書で確認する
  3. フィルターについたホコリを掃除機で吸い取る。水洗い可能であれば、汚れに応じてフィルターを水洗いをする
  4. 水洗いした場合はフィルターが完全に乾くのを待ってから、フィルターを元の位置に戻す

フィルターは、1〜2週間を目安に定期的に掃除していれば、それほどほこりはたまらないので、水洗いは気になったときだけで大丈夫です。

フィルターを外せない場合は、外側から掃除機をかけるだけでも違うでしょう。

電気ストーブの掃除手順

電気ストーブイメージ

石油を使わずに安全に部屋を暖めてくれる電気ストーブは、住む地域を問わず多くの家庭で使われています。掃除手順もとても簡単なので、こまめに掃除してあげましょう。

【必要なもの】

  • 雑巾

【掃除手順】

  1. 電源を切って本体が冷めたことを確認したら、電気ストーブの外側を雑巾で乾拭きする
  2. 本体についているガード(網)を外す
    (ガードが外せないタイプの場合は、ガードの外側から、ハンディーワイパーなどを使ってほこりや汚れを取り除きましょう)
  3. ガードやストーブの内部側面に付着しているホコリや汚れを乾拭きで拭き取る
  4. 外したパーツを再度設置する

こちらも石油ファンヒーターと同様、1〜2週間に一度は掃除するのが理想です。

2. ストーブ掃除を簡単にする方法は?

石油ファンヒーターや電気ストーブは、こまめな掃除が次の掃除を楽にしてくれます。

基本的には、石油ファンヒーターならフィルター掃除、電気ストーブも見える部分のほこりを取るだけなので、1週間を目安に、気がついたときにちょこっと掃除をしましょう。それ程ほこりが溜まっていないので、掃除が楽に終わります。

灯油を使う石油ストーブや石油ファンヒーターの内部を汚れにくくするには、「古くなった灯油を使わない」ことがとても大切です。

古くなった灯油を使用すると、大量にタールがたまって掃除の手間を増やすことに...。さらにはストーブの故障につながることもあるので、もったいなくても前シーズンの灯油は使わずに、ガソリンスタンドや自治体の処理方法に沿って処分しましょう。

3. ストーブを掃除して快適な暖かい冬を過ごそう

今までストーブの掃除には手をつけていなかった方も、ここでご紹介した方法なら、家にあるものですぐに取り組めるはず!暖房効率をあげて電気代を節約するためにも、今年の冬こそ試してみてはいかがですか?

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る