消すだけじゃダメ!シーズン終わりのエアコン

エアコン掃除はシーズン前だけと思っていませんか?エアコンは、シーズン終わりの掃除が肝心!シーズンの終わりに掃除をしてけば、嫌なカビの発生を予防できるんです!寒い冬になる前に今すぐ掃除して清潔なエアコンで冬を迎えましょう。

2020.10.15 更新
消すだけじゃダメ!シーズン終わりのエアコン

エアコン掃除は季節はじめだけと思っていませんか?実は、夏のエアコンのシーズン終わりにそのままにしておくと、カビの発生要因の一つになってしまうんです!本格的な冬のエアコンシーズンが始まる前に、いますぐエアコン掃除を始めましょう。

1. エアコンのお手入れ①送風

リモコンの送風表示

送風を3〜4時間行い、エアコンの内部を乾燥させます。
乾燥させることでエアコン内部の水分を飛ばし、カビが発生するのを防ぎます。

送風がないエアコンは?

部屋の温度が30度以下の時に、冷房の温度を31度に設定して3〜4時間運転しましょう。
室温よりも高い温度で運転することで、送風と同等の効果を得られます。

2. エアコンのお手入れ②電源プラグを抜く

エアコンの電源プラグ

電源が入ったまま次の工程のフィルター掃除をしてしまうと、ケガや事故の原因になります。
電源プラグは必ず抜きましょう。

3. エアコンのお手入れ③フィルター掃除

エアコンのフィルターを掃除機で掃除する

新聞紙の上に取り出したフィルターを置き、表から掃除機をかけます。
表からかけることで、ホコリなどの汚れが取れやすくなります。

エアコンのフィルターの汚れを歯ブラシで掻き出す

掃除機をかけた後、汚れをシャワーで流します。
この時はフィルターの裏から流すと、汚れが押し出されやすくなります。

シャワーで落ち切らない汚れは、歯ブラシで優しく擦りましょう。

4. エアコンのお手入れ④リモコンの電池を取る

エアコンのリモコン

電池の液漏れによる故障を防ぐため、リモコンの電池を取り出します。

これでエアコンのお手入れは完了です!

5. 夏の終わりもエアコン掃除のシーズンです!

エアコン掃除はちょっと面倒ですが、お天気の良い日に「送風」だけでも取り組んでおくと良いかもしれません。シーズン終わりのエアコン掃除をして、冬のエアコンシーズンの準備を始めましょう。

お掃除のコツをご紹介!公式インスタグラムはこちら

Instagram
https://www.instagram.com/curama.jp/

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る