クリップはNG!小麦粉の保存法

小麦粉を使った後、クリップでとめてそのままにしていませんか?実はこのしまい方、NGです。その理由はなんと、見えない小さな粉ダニが発生する可能性があるから!ダニの侵入を防ぐ小麦粉の正しい保存法をご紹介。常温?冷蔵保存?の疑問にもお応えします。

2020.10.15 更新
クリップはNG!小麦粉の保存法

小麦粉を使ったあと、クリップでとめてそのままにしてしまっていませんか?

実はそのやり方NGです!

小麦の正しい保存法について確認しましょう。

1. 小麦粉の保存方法|クリップがNGな理由

小麦粉をクリップや輪ゴムで簡単にとめて、そのまま保存しているという方も多いようですが、小麦粉は「粉ダニ」が繁殖しやすい食べ物なんです。

粉ダニとは食べ物を好むダニ。その体調は0.3mm程度とかなり小さいため、ほんの少しの隙間でも入り込んでしまいます。

つまり、クリップのように小さな隙間があく保存方法だと、小麦粉の中は知らないうちに粉ダニが...。

2. 小麦粉の正しい保存方法

密閉容器

そんな粉ダニを寄せつけない正しい小麦粉の保存方法とは、とにかく「密閉容器」に入れる!ということ。

密閉容器といってもいろいろですが、蓋がカパカパ簡単に開くようなものではなく、パッキンがついている密閉度の高いものが一番!これであれば、小麦粉が嫌う湿度も防げて一石二鳥ですよ。

さらに、シリカゲルなどの乾燥剤も入れてあげるとより◎。

3. 小麦粉の保存は常温?冷蔵庫?

冷蔵庫か悩む女性

基本的には常温保存がおすすめです。

冷蔵庫に入れると、出し入れしたときの温度差で結露が発生。その結果、カビの原因や風味の劣化につながる恐れがあるからです。

また、きちんとした密閉容器に入っていない場合、冷蔵庫にあった他の食材の臭いが小麦粉に移ってしまう可能性も...。

こういった理由から、小麦粉メーカーでも基本的には常温をすすめています。直射日光を避けて、風通しの良い涼しい場所で保存しましょう。

※もしも、非常に暑い真夏の室内などで心配な場合は、冷蔵・冷凍保存も可。そのときは、結露発生や風味劣化を避けるため、1回で使いきれそうな量で小分けして保存すると◎!

4. 冷蔵保存が必須なのはミックス粉

実は、同じ料理に使う粉でも、冷蔵庫での保存が必須という粉があります。それは以下ようなミックス粉です。

●ホットケーキミックス

●から揚げ粉

●お好み焼き粉  など

これらのミックス粉はダニの大好物で、粉ダニが非常に発生しやすい食べ物です。開封後は、密閉容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。(開封前は常温でもOK)

※加熱しても、アレルゲンとしてのダニの要素はなくなりません。開封後に常温保存していたミックス粉は、もったいなくても食べないことをおすすめします。

5. 小麦粉はどれくらいもつ?

小麦粉はグルテンの多さによって、以下の3つに分かれます。開封前の賞味期限を確認しましょう。

【未開封状態の賞味期限】

●強力粉

製造から6ヶ月

●中力粉

製造から1年

●薄力粉

製造から1年

封を開けて空気に触れると劣化するため、開封後は上記の期限にかかわらず、早めに使い切るようにしましょう。

6. 小麦粉は正しく保存しておいしさと安全をキープしよう

見えないダニが入った小麦粉なんて、絶対に嫌ですし、健康被害も心配ですよね。小麦粉を正しく保存しておいしさと安全をキープしましょう!

お掃除のコツをご紹介!公式インスタグラムはこちら

Instagram
https://www.instagram.com/curama.jp/

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る