野菜室はNG!たまねぎを長持ちさせるコツ

たまねぎもなんとなく野菜室に…なんてしてませんか?実は、たまねぎの種類によって、どこで保存すべきか異なります!今回は、たまねぎを長持ちさせる保存方法を紹介します。

2020.11.18 更新
たまねぎ

【基本】たまねぎの保存

まず、たまねぎの基本的な保存方法について紹介します。

①基本的にたまねぎは常温で保存

たまねぎは、基本的に常温での保存をおすすめします。

しかし、例外があります。

水分の多い新たまねぎに限っては、すぐにヌメヌメしてしまうので、冷蔵庫で保存しましょう。

②野菜室はNG!

野菜

野菜室の湿度は90%前後、と冷蔵庫の中でも高いことをご存知ですか?

一方、玉ねぎにとって最適な湿度は50〜70%。

そのため、野菜室での保存はおすすめできません。

【発展編】たまねぎの色々な保存方法

上記の保存方法だけでなく、たまねぎの様々な保存方法があります。

常温、冷蔵、冷凍などのパターンに沿って、保存方法を見ていきましょう。

①まるごと常温で保存

たまねぎ

基本的に、たまねぎは常温保存によって最もおいしく長持ちします。

日の当たらない涼しい場所でネットに入れて吊るして置くのがベスト。

もし吊るすのが難しい場合には、カゴなどに入れましょう。

その際、新聞紙で1個ずつ包むと湿気対策ができてなお良いです。

保存期間

2ヶ月

②まるごと冷蔵で保存

冷蔵庫

夏場など、涼しい場所の確保が難しい場合には、冷蔵庫に入れましょう。

冷蔵庫で保存する時は、1個ずつ新聞紙でくるみ、ポリ袋に入れましょう。

その際、ポリ袋の口はゆるく縛り、袋の中に湿気がたまらないようにするのがベター。

保存期間

普通のたまねぎ:1ヶ月
新たまねぎ:1週間

③まるごと冷凍で保存

実は、たまねぎはまるごと冷凍することも可能!

調理する時は丸ごと使いましょう!
スープにするのがオススメ。

冷凍のコツ

①たまねぎの上下を切り落とす
②上下に十字の切り込みを入れる
(味を染み込みやすくするため)
切り込みを入れたたまねぎ ③ラップでたまねぎを包み保存袋に入れる

保存期間

1ヶ月

④カットして冷凍 or 冷蔵で保存

くし切りにしたたまねぎ

ラップでぴったり包むか、保存袋に入れましょう。
冷凍すると火が通りやすくなるメリットも!

また、炒めるなどして調理済みで冷蔵・冷凍しても大丈夫です。

保存期間

冷蔵:3〜4日
冷凍:1ヶ月

お掃除のコツをご紹介!公式インスタグラムはこちら

Instagram
https://www.instagram.com/curama.jp/

  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る