エリンギをおいしく便利に冷凍する方法!料理別カット法・活用レシピも解説

エリンギは冷凍することで旨味が増して、時短料理にもつながるなるんです!冷凍する際の注意点やコツ、エリンギの料理別おすすめカット方法、エリンギの活用レシピも解説します!おいしいエリンギの見分け方もご紹介するので、エリンギ好きは必見です!

2021.2.15 更新
エリンギの冷凍のコツ・カット法・レシピ

■エリンギを冷凍保存するメリット

エリンギを冷凍保存するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

①長期保存が可能になる

エリンギを冷凍保存する一番大きなメリットは、長期保存が可能になることです。

エリンギの日持ちは、以下の期間が目安!その違いは大きいですよね。

●冷蔵保存…5〜7日

●冷凍保存…4週間ほど

②旨味成分がアップする

エリンギを冷凍すると、細胞内の水分が凍ることで膨張し、細胞壁が損傷します。

一見、悪い事のように感じますが、細胞壁が壊れることで活発になった「酵素」のおかげで「グアニル酸」という旨味成分が生成され、いつも以上にエリンギがおいしくなるのです。

■エリンギを冷凍する方法

エリンギをおいしく便利に使えるように冷凍する方法やコツをご紹介します。

①水分を拭き取る

エリンギの冷凍のコツ・カット法・レシピ

●エリンギは水で洗うと風味が落ちるため、水洗いは基本NG!

●汚れが気になる場合は、水で濡らして固く絞ったキッチンペーパーで拭き取るのが正解です。

●湿気は旨味を落とす要因になるので、エリンギに水滴がついている場合は乾いたキッチンペーパーで水分を拭き取ることが大切です。

②フリーザーバックに入れて保存する

エリンギの冷凍のコツ・カット法・レシピ

●食材の匂い移り、乾燥や酸化をすると味が落ちてしまいます。

ジップロックなどのフリーザーバックに入れて、密封した上で冷凍しましょう。

③使いやすい大きさにカットして冷凍する

●丸ごと冷凍すると、いざ使う時に、旨味が溶け出してしまう解凍してから、カットすることになるのでNG。

自分が使いやすい大きさにカットしてから冷凍しましょう。

■エリンギをおいしく便利に冷凍するカット法

エリンギの魅力は、こりこりとした食感ですよね。実は切り方で食感が大きく変わります。

自分や家族の好みや使う料理を想定した上でカットしたら冷凍しましょう。

①基本は縦にスライス

エリンギの冷凍のコツ・カット法・レシピ

一番スタンダードな切り方が縦にスライスする方法です。

繊維に沿ってスライスするためエリンギ独特の食感や弾力がしっかりと残ります。

②野菜炒めには千切り

エリンギの冷凍のコツ・カット法・レシピ

コリコリとした食感は残しつつ、他の食材との絡みがよくなるので、野菜炒めや麺類のトッピングにおすすめ。

千切りといっても、5mm✖️5mmくらいの細長い棒のようなイメージです。

③パスタやスープには輪切り

エリンギの冷凍のコツ・カット法・レシピ

繊維を切るようにカットするので口の中で繊維がほぐれ、縦にスライスした時とは全く違う食感になります。

バター焼きや天ぷらなら厚めに、パスタやスープなら薄めにと、料理ごとに厚さを変えてみ流のがポイントです。

④手で裂けばエリンギの食感が◎

エリンギの冷凍のコツ・カット法・レシピ

エリンギ本来の食感を楽しみたいなら、手で裂くのもおすすめです。

手で裂くと繊維がスパッと切れないので切断面が荒くなり、エリンギ本来の味を感じやすくやります。味が染みるのでスープやタレとの絡みも抜群です。

■冷凍エリンギの活用レシピ

エリンギは解凍すると水分や旨味成分が流出しやすいので、冷凍のまま調理するのが基本です。

冷凍してあることで、火の通りが早いので、解凍しなくても問題なく調理ができます。

①エリンギのアヒージョ風

エリンギの冷凍のコツ・カット法・レシピ

お酒のおつまみやちょっとした副菜としてぴったりのレシピです。

材料(2〜3人分)

●冷凍エリンギ(スライス) 2本分

●オリーブオイル 大さじ4

●にんにく 2片

●鷹の爪 1〜2本

●万能ねぎ 適量

●塩(粗塩がおすすめ) 適量

●ブラックペッパー 適量

作り方(調理時間:約10分)

1) フライパンにオリーブオイルとにんにく、鷹の爪を入れて火にかけます。

2) にんにくの香りが立ってきたら冷凍エリンギを入れます。

3) エリンギにオリーブオイルがよく絡み、しなっとしてきたら、刻んだ万能ねぎと塩を入れます。

4) サッと炒めたらお皿に出し、お好みでブラックペッパーをかけて完成です。

※写真のレシピでは、万能ねぎの代わりに茹でた絹さやを使用しています。

②あさりの缶詰とエリンギのホイル焼き

エリンギの冷凍のコツ・カット法・レシピ

材料(2〜3人分)

●冷凍エリンギ(スライス) 2本分

●あさりの缶詰 1/3〜半分(20g前後)

●バター 5〜10g

●塩(粗塩がおすすめ) 適量

●ブラックペッパー 適量

●パセリ(パウダーでも可)

作り方(調理時間:約10分)

1) アルミホイルの上にクッキングシートを敷き、エリンギ、あさりの缶詰を入れる
(人数分の小分けにしても可)

2) バター、塩、コショウを入れて味付けする

3) オーブントースターで10分前後焼き、最後にパセリを散らしたら完成

※写真では、あさりの代わりに、料理用の牡蠣を使用しています。

③普段の料理にトッピング

エリンギは、食べ応えがありメイン食材として使えますが、風味はそこまで強くないので、バターやにんにく、ケチャップなど、パンチのある味付けにするのがおすすめです。

この他の活用レシピ例をご紹介しましょう。

●エリンギのナポリタン

マッシュルームの代わりに冷凍したエリンギを入れてみましょう!食感が楽しく、子供でも食べやすいおいしさです。

●ベーコンエッグとエリンギ

ベーコンを敷くときに、薄めにカットした冷凍エリンギをプラスしましょう。

●スープやお味噌汁、野菜炒め煮にプラス!

あと、もう一つ野菜をプラスしたいときに、冷凍エリンギが◎!食物繊維も豊富だから、腸にも良いですよ。

■おいしいエリンギを見分けて冷凍しよう

エリンギは冷凍をしてもこりこりとした食感は損なわれず、美味しく食べることができます。

美味しいエリンギを見分けるポイントは以下の3つ!

上手に見分けて、おいしい冷凍エリンギを作って、みんな笑顔の時短料理をしましょう!

●カサに丸みがある

収穫から時間が経ったり、成長しすぎたりすると、カサが開いてきます。カサがしっかりと内側に丸まったものが、新鮮でおいしいエリンギの形です。

●カサ裏のヒダが白い

エリンギのカサの裏側は、時間が経つと茶色っぽくなるので、カサ裏の白さは新鮮な証拠です。

●張りがあり見た目がつるん

新鮮なエリンギは弾力と張りがあります。

スーパーの商品を触るわけにはいきまんが、見た目では、全体的にシワがなく、つるんとした印象のエリンギが◎!

もしも、いつも忙しく頑張っている、疲れ気味というなら、年に1度の家事代行で自分の時間を作ってみませんか?

共働きや子育てで忙しい時期、妊娠・出産で大変な時、忙しい独身会社員、田舎のお母さんへのプレゼントなど、普通の人たちが、家事代行を使って上手に時間をやりくりしています。

家事代行・家政婦の口コミはこちら▼


家事代行の微笑む女性
  • lineで送る

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る