コレは要注意! 包丁の正しい消毒【3選】

おうちご飯で頻繁に使う包丁。今のやり方では、消毒したつもりになっているだけかも!今回は、包丁の正しい消毒方法を3つ紹介します。あなたに合うやり方でトライして下さいね。

2021.6.28 更新
包丁

家で料理するようになり、包丁を使う頻度が増えていませんか?実は…その包丁、きちんと消毒できていないかもしれません!

今回は、包丁の正しい消毒方法を3つ紹介します。

方法① 熱湯で消毒するには

①大きな鍋を用意して、沸騰させる

②沸騰した(100℃)お湯の中で、洗剤でキレイにした包丁を煮沸消毒する

③取り出した包丁に、90℃以上のお湯を全体にかける

④キレイなふきんで包丁の水分を拭き取り、風通しの良い場所で乾燥させる

方法② アルコールで消毒するには

①包丁を洗剤でいつもどおりキレイにする

②ふきんで包丁の水分を拭き取る

※アルコールの効果を発揮しやすいように、乾燥させた状態にします

③キッチン用アルコールスプレーを包丁にふきかける

※キッチン用アルコールは基本的に最後拭き取る必要はありません。記載がある場合は、拭き取って下さいね。

方法③ 泡キッチンハイターで消毒するには

キッチンハイター

泡キッチンハイターは金属製のものには使えませんが、ステンレスだけは例外!

①泡キッチンハイターを包丁にかけて30秒待つ

②包丁を30秒以上流水ですすぐ

泡キッチンハイターを使う際には、規定の時間をきちんと守りましょうね。そうでないと、サビに繋がることも…!

こんなことに気をつけて消毒を!

【食器洗い乾燥機が使えない包丁も】

「高温の風で消毒できそう…」と、包丁を食器洗い乾燥機に入れていませんか?ステンレス製の包丁以外は、基本的に食器洗い乾燥機を使用できない製品が多いので要注意ですよ!

【直火で包丁を炙る】

直火で包丁を炙るのは危険です!やけどなどが起きる可能性があるので、コンロで包丁を火に当てるのはやめましょう。

家事のコツをご紹介!公式インスタグラムはこちら

Instagram
https://www.instagram.com/curama.jp/

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る