車についた日焼け止めの落とし方・レジャー時におすすめな掃除道具

車内には様々な汚れが付きますが、水辺のレジャーやスキー場などへ出かける際に多いのが日焼け止めの汚れ。また濡れたままの人や道具による濡れ汚れも気になります。車についた日焼け止めの落とし方、レジャー時におすすめの車の掃除道具について解説します。

2021.5.6 更新
車についた日焼け止めの落とし方・レジャー時の車におすすめな掃除道具

1) 日焼け止めは、水拭きでは取れない!

車内に付着した日焼け止めクリームは油分を含んでいるため、普通の水拭きだけではなかなか取りきれません。

放置しておくと汚れを呼び寄せるように汚くなったり、シミのようになってしまうので、早めの掃除でキレイにしましょう。

2) 車についた日焼け止めの落とし方

車の布シートの布目やハンドルの素材の凹凸部分に入り込んだ日焼け止めも、以下の方法で丁寧に掃除すれば落とすことができます。

2)-1 台所用中性洗剤(布・ダッシュボードなど)

布製シート、ダッシュボードやハンドルの凹凸部分についた日焼け止めには、台所用中性洗剤を試してみましょう

【掃除法】

1. 台所用中性洗剤を10~20倍に希釈した洗浄液(洗面器に対し、1滴程度が目安)に掃除用マイクロファイバークロスをつけて固く絞ります。

2. シワ目や布目に沿ってくるくる回しながら日焼け止めを浮き出させるようなイメージで拭き取っていきます。

3. 日焼け止めが落ちているのを確認したら、新しいクロスにぬるま湯をつけて固く絞り、洗剤分を残さないように複数回「水拭き → 乾拭き」します。

※素材や条件によってはシミになる場合があります。目立たないところで試してから使いましょう。

2)-2 メイク落としジェル(布・ダッシュボードなど)

日焼け止めがべったりついて白くなった布製シートやハンドル・ドア周りにの素材には、メイク落とし用のジェルも有効です

【掃除法】

1. メイク落としジェルを掃除用マイクロファイバークロスに塗布して、凹凸や目地に沿ってくるくると回しながら汚れを浮き上がらせます。

2. この時、汚れがついたジェルで掃除し続けると汚れを広げてしまうので、ジェルに汚れが絡んだら古布で拭き取り、新しいジェルで掃除するという手順をこまめに繰り返します。

3. 汚れが落ちたら、ジェルが残らないように水拭きを繰り返し、乾拭き後、窓を開けて風を通しながらよく乾かします。

※素材や条件によってはシミになる場合があります。目立たないところで試してから使いましょう。

2)-3 皮革用お掃除シート(本革の場合)

合皮や革張りの素材の場合には、「皮革用のお掃除シート」でやさしく拭いてみましょう

【注意点】

日焼け止めのシミが落ちない場合も、中性洗剤やメイク落とし、消毒用のアルコールなどを使用するのはシミになるのでNG。無理にこするのも、皮の表面を傷めるので要注意です。

どうしても日焼け止めが取れない場合は、ディラーまたは車の掃除を専門にしている事業者へ相談するのが賢明です。

3) レジャーに行くときに車に積んでおきたい掃除道具

レジャーで海や湖、スキー場などに行く時は、いつも以上に車が汚れやすいという特徴があります。もしもの時に慌てなくてもいいように、車の汚れ対策グッズや便利な掃除道具を用意してから出かけましょう。

3)-1 水辺やスキー場のレジャーは防水シートで汚れ予防!

海、湖や川、スキー場などに遊びに行く予定があるなら、防水シートを敷いておくと便利です

これは掃除道具というより汚れの予防対策としておすすめな道具。シートの濡れ防止はもちろん、おやつやジュールの食べこぼし、渋滞中など万が一のお漏らし時にも心強い味方になります。

車のシートには赤ちゃん向けに販売されている「おねしょ用シーツ」が使いやすくおすすめ。車の荷台用としてならブルーシートや大判のレジャーシートが便利です。

3)-2 コロコロ

通称「コロコロ」と呼ばれる粘着シートは車内に1つは積んでおきたい掃除道具です。

髪の毛やペットの毛だけでなく、シートにこぼれた食べこぼしにも非常に有効。すぐにゴミを取り除けるので、帰宅後の車掃除の手間が減ります。

3)-3 ハンディクリーナー

定番ですがミニ掃除機などの別名もあるハンディクリーナーは車専用として1つ用意しておきたい掃除道具です

車専用にしておけば、シートのゴミはもちろん足元の掃除にも気兼ねなく使えて便利。中でも「乾湿両用クリーナー」という製品なら、飲み物など水系の汚れも一気に掃除が可能です。

3)-4 ウェットシート

アルコール除菌シートを持参している方も多いと思いますが、車の掃除という視点では、アルコールNG箇所の緊急掃除にも使える普通タイプのウェットシートを車に積んでおきましょう

また100円ショップなどにある掃除用のクリーナーシートも用意しておくと、手軽に簡単な拭き掃除ができて◎!おすすめです。

4) レジャーにいくときは予防から

レジャーに行く時の車は、日焼け止めの汚れや濡れる汚れなど普段以上に汚れがつきやすいのが特徴です。

防水シートなどの汚れ予防策と同時に、ゴミや汚れを見つけたらその場ですぐに掃除してしまうというのがもっとも簡単でおすすめな掃除法!

楽しいレジャーを楽しく終えるためにも、しっかりと準備をして出かけましょう。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る