遺品整理業で独立・開業・起業するには?

近年、遺品整理をプロに依頼する人が増えてきています。 高齢化社会や核家族化が進み、遺族だけで片付けを終わらせるのが難しくなってきているからで、今後さらに需要は増えていくでしょう。 それにともない、遺品整理業者もどんどん増えてきています。 独立・開業にあたり事務所が必要なく、少ない資金でもスタートできるので、参入しやすい業界として注目されています。 しかし、人の死に関連する仕事であるため精神的な強さが必要であり、さまざまな資格がないと参入が厳しい場合もあります。 遺品整理業者として開業・独立・起業するノウハウについて以下で説明します。

遺品整理業に必要な資格って?

必ずしも資格が必要なわけではありませんが、取得していると便利な資格がいくつかあります。

・市区町村単位の一般廃棄物収集運搬業許可

遺品整理で出た不用品を収集・運搬する際に必要な資格です。
市区町村によっては取得が難しい場合もあり、その場合は資格の持つ別の業者に収集・運搬を委託するなどして営業を行います。
また、市区町村によっては通常のゴミ収集以外にもクリーンセンターや処理施設で廃棄物の受け入れをしているケースがあります。
資格の取得も業務提携も難しい場合は、そういった市区町村での開業なら可能です。

・都道府県や政令都市単位の産業廃棄物収集運搬業許可

事業で発生した廃棄物を収集・運搬する際に必要な資格です。
産業廃棄物は工場や製造業のイメージが強いですが、学校や一般企業から出た不用物も産業廃棄物になります。
しかし、遺品整理はほとんどの場合故人の住宅で作業するので、そこまで必要ではないでしょう。

・古物商の許可

遺品の中にリサイクルできるものがあり、買い取って販売する場合に必要です。
買取ができるという点は集客にも繋がりますので、取得したいところです。

・遺品整理士

遺品整理士は、一般社団法人の「遺品整理士認定協会」が認定する民間資格です。
遺品整理について学ぶ講座を受講し、課題をこなすことで認定されます。
この資格は開業するにあたって必ず必要というわけではありませんが、遺品の取り扱い方法や遺品整理後の清掃のしかたなどを口座で学べるため、業務をする上で役に立つ資格です。
また、遺品整理士の資格を持っていることは依頼する側から見れば安心感につながります。
依頼件数も大幅に伸びるはずですので、開業前にぜひ取得しましょう。

開業スタイル

大きく分けて2パターンの開業スタイルがあります。
それぞれの特徴をよく理解し、自分にあったスタイルを選ぶことが重要です。
それぞれのメリット・デメリットを挙げてみます。

・フランチャイズに加盟する

メリット:大手の遺品整理業者の名前を使用できる。
デメリット:加盟費として開業時にまとまった資金が必要になり、収益の有無にかかわらず毎月固定の費用を本部に納めなければならない会社もある。

・独立する

メリット:開業資金が最小限に抑えられる。売上げがすべて自社の利益になる。
デメリット:集客を自分で行う必要がある。しかし最近では、無料で集客できるサイトもあるので、以前よりは負担は少なくなった。

知っておいた方がいいこと

最後に、遺品整理業を開業する際に知っておいた方がいいマメ知識をいくつか紹介します。

無料で集客できるサイト

「くらしのマーケット」をはじめ、無料で出店して遺品整理のサービスを掲載できるサイトがあります。(くらしのマーケットの無料出店案内
例えば「くらしのマーケット」の場合、掲載料やサイト制作費用などが無料で集客できます。
会員と予約が成立した時点で予約手数料が発生する仕組みです。
独立したばかりで集客に不安がある場合は登録しておくといいかもしれません。
予約が成立するまではお金がかからないので、負担になることはありません。
サイトによっては掲載料や見積もり料が発生することもあるようなので、事前にしっかり調べてみてください。

賠償責任保険

遺品整理でお客様のお宅に伺っての作業を引き受ける際に加入しておくと安心なのが賠償責任保険。
細心の注意を払っていても、床や壁を汚してしまったり、遺品を壊してしまったり、思いもよらない作業中の事故が起きます。
お客様から多額の修理代を請求されてしまったといったケースもあるようです。
事前にしっかり検討しましょう。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る