いらない庭石の処分、どうやるの?

日本庭園には欠かせない庭石ですが、最近では日本庭園を必要としない傾向にあるようです。 そのため引越しやリフォームの際に庭石の処分に困る事もあると思います。 では庭石の処分はどのようにすればよいのでしょうか?

庭石の処分を造園業者に依頼する

庭の改造を造園業者に依頼する場合には、不必要となった庭石の処分も同時に行ってもらえるかもしれませんが、個人で行う時には自分で庭石の処分方法を考える必要があります。
小さな庭石ならば、穴を掘って埋めてしまうという方法が最も安上がりで簡単な処分方法と言えるようです。しかし庭石が大きな物である場合にはそうも行かないでしょう。

その場合には近所に造園業者や石材屋さんがあるならば声を掛けてみるのも一つの庭石の処分方法ですが、勿論断られる事も十分に覚悟をしておく事も大切なようです。
今は何処の家でも日本庭園を造る事を希望しなくなっているようで、造園業者も需要の無い庭石をわざわざ引き取り処分するわけには行かないのも現状のようです。

庭石の処分を解体業者に依頼する

その他には解体業者に庭石の引き取りを依頼し処分してもらう方法もあるようですが、この方法は最後の手段と言える方法となります。
大きな庭石ともなると処分に重機を使用する必要もあるので、処分費用が10万円ほど掛かる事もあるようです。
どうしても庭石を処分したいけれども他に方法が無い場合に選択する事になりますが、なるべくならば庭石の処分にはお金を掛けたくはないものです。

個人譲渡による庭石処分

地元を中心とした、相互での庭石個人譲渡を扱うインターネットサイトもあるので、そのようなサイトで試しに庭石を貰ってくれる人を募集してみるという処分もありかもしれません。
勿論引き取りに来てくれる人限定で募集をする必要がありますが、捨てる神あれば拾う神ありで意外にも欲しいと思う人がいるかも知れません。
無料での取引ならば引き取ってくれる人が見つかる可能性もあるのではないでしょうか。
できれば無料で処分したいのでこの方法はおすすめかもしれません。

最後に

小さな庭石なら庭に埋める、大きな庭石ならば上記のような方法を試してみることで、何も行動を起こさないよりは満足の行く結果を得られる可能性もあるのではないでしょうか。
産業廃棄物処理の許可をとっている業者なら対応が可能です。
石の大きさで値段が変わってきますので、一度見積もりを取ってみてから処理方法を判断してもいいかもしれません。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る