【実物画像あり】黒い蜂が出た!危険性があるハチの種類や刺されないための対策

蜂がいると刺されそうで不安になりますよね。特に黒いと威圧感があり、毒も強そうですぐ攻撃してきそうな気さえしてきます。危ない蜂かどうか見分けるためにはハチの種類を知ることが大切。今回は黒い蜂の種類や刺されないための対策、刺された時の対応をご紹介します。

2021.8.31 更新
蜂のイラスト

目次

  1. 1)あの黒い蜂はなに?考えられる5種類の蜂を紹介
  2.  ①黒い毛に覆われているクマバチ
  3.  ②白のしま模様があるクロスズメバチ
  4.  ③頭に白い毛が生えているクロアナバチ
  5.  ④黄色いしま模様が入っているドロバチ
  6.  ⑤乱暴で危険度が高いチャイロスズメバチ
  7. 2) 黒い蜂ではなさそう…似ているその虫はアブ!
  8. 3) 黒い蜂に刺されないようにするためのポイント4つ
  9. 4)もし黒い蜂に刺された時は焦らず応急処置!
  10. 5)刺されにくいけど毒がある黒い蜂!駆除も検討しましょう
著者の写真

ライター:ayaka
お掃除を含めて家の中をすっきりさせることにハマっています。掃除だけでも気持ちがスッキリするので掃除の時間を大事に生活中!

1)あの黒い蜂はなに?考えられる5種類の蜂を紹介

  • クマバチ
  • クロスズメバチ
  • クロアナバチ
  • ドロバチ
  • チャイロスズメバチ

黒い蜂の正体は以上の5種類が考えられます。
1つずつ紹介していきますので、発見した黒い蜂と比べながら確認しましょう。

①黒い毛に覆われているクマバチ

クマバチ

日本では沖縄以外に生息しており、大きさは20mmを超えるものも存在します。
基本的には温厚で人間から攻撃しなければクマバチから攻撃することは滅多にありません。

【活動時期】
・4〜10月
繁殖期が2回あり、冬は冬眠しています。

②白のしま模様があるクロスズメバチ

クロスズメバチ

大きさは10〜12mmあり、沖縄以外に生息しています。
クロスズメバチも温厚で人間が攻撃しなければ向かってくることは滅多にありません。

ただ、名前の通りスズメバチの仲間なので毒針を持っています。

【活動時期】
・3〜12月

③頭に白い毛が生えているクロアナバチ

クロアナバチ

大きさは30mmにで比較的大きく、細いのが特徴です。
地中に穴を掘って生活しているため見つけにくく、駆除に時間がかかることがあります。

餌となる昆虫を捕まえるために毒針を持っていますが、人を攻撃することは滅多にありません。

【活動時期】
・8月〜10月
産卵すると巣からいなくなることがあります。

④黄色いしま模様が入っているドロバチ

ドロバチ

大きさは14〜18mmと小さめで土を水と唾液で泥にして土の塊のような巣を作る蜂です。
毒針を持っていますが、毒は弱く戦いを好むタイプではなないため攻撃してくることは滅多にありません。

【活動時期】
・初夏〜秋

⑤乱暴で危険度が高いチャイロスズメバチ

チャイロスズメバチ

大きさは17〜22mmあり、名前の通りチャイロで北部の森林に生息しています。
非常に乱暴な性格で他のスズメバチをも攻撃するほどです。敵が来たら数匹で威嚇します。

毒針をもち、毒が強く痛みはオオスズメバチ以上です。

【活動時期】
・春〜秋

2)黒い蜂ではなさそう…似ているその虫はアブ!

アブ

見た目が黒く蜂と勘違いしやすいのがアブでクマバチと似ています。
大きさは10〜30mmぐらいあり、まっすく飛ぶのが特徴です。

蜂ではなくハエの仲間なので毒は持っていません。ただ、噛まれて血が出たりかゆみが出たりすることはあります。
危険はありませんが、噛まれた際に症状が治らない場合は病院へ行きましょう。

【活動時期】
・6月〜9月頃

3)黒い蜂に刺されないようにするためのポイント4つ

  • 白っぽい服装にする
  • 刺激しない
  • 巣に近寄らない
  • 虫除けグッズを活用

上記の4つを意識して蜂の攻撃から身を守りましょう。
1つずつ解説します。

3-1)黒い蜂対策①:白っぽい服装にする

蜂は黒か白でしか判断できません。
そして黒は敵だと認識しているため好戦的な蜂は攻撃をしてくる可能性があります。 暖かい時期に黒い服を着ることが多い方は白など明るい服に変えて身を守りましょう

3-2)黒い蜂対策②:刺激しない

ほとんどの蜂はこちらから刺激しない限り攻撃してくることはありません。
1匹だからと言って叩いたり、棒で追い払ったりすると蜂は攻撃されたと勘違いして仲間を呼ぶ可能性があります。

被害を大きくしないためにも刺激はやめましょう。

3-3)黒い蜂対策③:巣に近寄らない

見つけたら気になって様子を見たりしたくなるかもしれませんが、近づくと敵と思われて襲ってくる可能性があります。
巣に近寄ることも蜂を刺激しているのと同じことなのでやめましょう。

3-4)黒い蜂対策④:虫除けグッズを活用

あらかじめ蜂が来そうな場所に行くことがわかっていたり、巣を作られては困る場所がある場合は虫除けグッズを使いましょう。
煙だったり液体だったりと用途に合わせて対策しましょう。

家のまわりにハチ・アブよせつけない線香 (蜂・アブ・ブユ) 10巻

トヨチュー 備長炭 木酢原液 1000ML

4)もし黒い蜂に刺された時は焦らず応急処置!

蜂に刺された女性のイラスト

黒い蜂に刺された場合は以下の順番で処置して病院へ行きましょう。

  1. 刺された部分を水で洗う
  2. 針が残っていたら手ではなくピンセットで抜く
  3. 病院へ向かう際は保冷剤で冷やす
  4. 虫刺されの薬があれば塗る
  5. 病院で見てもらう

蜂の毒は水に溶けやすいため体に入っていくのを止めるためにも刺された場合はまず水で洗い流しましょう。

5)刺されにくいけど毒がある黒い蜂!駆除も検討しましょう

比較的に攻撃をしてこないタイプが多い黒い蜂ですが、それでも毒は持っており巣ができていると数多くが飛び回るため危険度は高まります。

「巣を見つけた!」「何匹も飛び回っている!」という人は業者に依頼するのがおすすめです。

くらしのマーケットでは害虫駆除のプロがいます。
蜂は危険度が高いため個人が簡単に駆除できるものではありません。蜂のことをしっかりと理解したプロへ依頼し日々の安全を確保しましょう!


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

カテゴリ

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る