ベランダで観葉植物を楽しむ!置き方&おすすめ3選【おうち時間充実】

自宅にいながら、自然を感じたいという想いから、ベランダに観葉植物を置く方が増えているといいます。そこで今回は、ベランダに観葉植物を置くメリットを辿りながら、育てやすい観葉植物を3つご紹介します。

2021.10.7 更新
観葉植物

目次

  1. 1)観葉植物でベランダを彩る3つのメリット
  2.  1-1)緑を取り入れることで、心と体が癒される
  3.  1-2)大きな緑が日を除け、周りを涼しくする
  4.  1-3)ベランダの観葉植物は、幸せを呼ぶ
  5. 2)ベランダに置きたい観葉植物3選【おすすめ】
  6.  2-1)寒さに強い平和の象徴「オリーブの木」
  7.  2-2)グリーンカーテンが作れる「アイビー」
  8.  2-3)美しく葉色を変化させる「ゴールドクレスト」
  9. 3)生活と環境に合った観葉植物を選ぼう!
著者の写真

ライター:たかおみきよ
コンテンツ制作全般に携わるフリーランス。私生活では、小学生男児のママ。
家事と仕事の両立に奮闘しながら、快適な生活と人生を模索中!

1)観葉植物でベランダを彩る3つのメリット

ベランダに観葉植物があると、次のようなメリットが生まれます。

1-1) 緑を取り入れることで、心と体が癒される

観葉植物には、人間の心と体を癒す力があるといわれています。たしかに、強い生命力で育つ緑の葉を眺めていると、心が落ち着いてきますよね。

また色彩効果から考えても、緑色は安心や調和を表すとされているため、この点でもベランダに観葉植物を置くことでリラックス効果が期待できるでしょう。

【癒しを感じる】おすすめの置き方・レイアウト

観葉植物

室内からもベランダの緑に癒されるためには、窓をふさがない程度の場所に、大型の観葉植物をおくのがおすすめです。

またベランダの柵沿いに棚を設置し、大小複数の観葉植物を置くことでも、屋内外から見やすい緑の空間となるのではないでしょうか。

1-2)大きな緑が日を除け、周りを涼しくする

ベランダのある部屋は、窓の範囲が広いため、室内にいても多くの日差しを感じますよね。日差しによって、部屋が明るくなるという反面、強い紫外線による肌や体への影響や、暑さも気になります。

その点、ベランダで大型の観葉植物を育てると、日除けにも活用することができます。また植物の葉は水蒸気を発するため、周囲が涼しくなるという点も、ベランダの観葉植物が日差し対策になる嬉しいポイントの一つです。

【日除け対策】おすすめの置き方・レイアウト

観葉植物

ツル性の植物を高い位置から吊るしたり、壁にはわせたりすることで、自然のグリーンカーテンのようになります。すると、日差しを避けれることはもちろん、多くの緑が発するマイナスイオンで、涼しい空間を作ることができるでしょう。

1-3)ベランダの観葉植物は、幸せを呼ぶ

風水によると、ベランダに観葉植物を置くことで、邪気を追い出し、幸福を呼ぶと考えられています。つまりベランダの観葉植物は、家の悪い気を浄化してくれる存在なのです。

【幸福を呼ぶ】おすすめの置き方・レイアウト

観葉植物

風水では、汚れたベランダはNGと考えられています。そのため、土や葉が落ちる可能性の高い観葉植物の周辺は、水はけがよく、いつでも掃除ができる場所を選びましょう。また風水の基本として、導線を遮ることもNGなので、入口をふさぐ位置もおすすめできません。

2)ベランダに置きたい観葉植物3選【おすすめ】

ここからは、ベランダでも育てやすい観葉植物を3つご紹介しましょう。

2-1)寒さに強い平和の象徴「オリーブの木」

オリーブ

地中海や瀬戸内海で育つオリーブの木は、寒さにも強いため、ベランダで育てるにも適している植物といえます。大きな木に育つ印象があるオリーブの木ですが、鉢で育てた場合には大きく育つことはないため、ベランダでも安心して育てることができますよ。

また注目してほしいのが、「平和の象徴」ともいわれるオリーブの葉。時にハート型のような形の葉が見つかることもあるため、日々の楽しみにもできそうですね。

2-2)②グリーンカーテンが作れる「アイビー」

アイビー

長いツルを伸ばすアイビーは、柵や壁にツルをはわすことで、グリーンカーテンを作れる観葉植物です。葉の形も可愛らしく、物語に出てくるように素敵な空間を作ることができるでしょう。

ただし、ベランダの金属の柵にアイビーのツルをはわせると、アイビーが枯れる原因となったり、サビの原因になる場合があります。グリーンカーテンを作る場合には、木製の柵にツルをはわすようにしましょう。

2-3)美しく葉色を変化させる「ゴールドクレスト」

ゴールドクレスト

クリスマスツリーの代用にもされているゴールドクレストは、暖かい時期には気品のある黄金色、寒い時期には落ち着きのある橙色と、美しくその葉を変化させます

ただし冬を好む植物のため、高温多湿の夏は枯れやすくなってしまうことも。そのため、夏場だけは風通しの良い場所や室内に置くなどの対策も必要です。

3)生活と環境に合った観葉植物を選ぼう!

ベランダは気候の影響も強いことから、育てるのが難しいと感じるかもしれませんが、外気に強い植物を選ぶことで、健やかに育てることができます。ライフスタイルや環境に無理がなく、心から楽しめる観葉植物と出会えますように。

また、育てた観葉植物が大きくなると、植え替えや剪定などのお手入れが必要になることもあるかもしれません。もしもうまくできずに悩んだら、プロへ依頼してみてはいかがでしょう?くらしのマーケットには、ガーデニングに詳しいプロがいます。1人で悩まず、ぜひ相談してみてください!


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る