雑草対策に塩は使っていいの?おすすめできない理由とその他の対処法

雑草対策に塩が効くと聞いた事はありませんか?実は、塩を使った雑草対策はおすすめできません。今回は雑草対策に塩がおすすめできない理由と、塩以外の効果的な雑草対策方法を紹介します。

2021.10.13 更新
雑草と家

目次

  1. 1)そもそも塩で雑草対策できるの?
  2. 2)雑草対策に塩がおすすめできない理由
  3.  2-1)植物が育たない
  4.  2-2)近隣や周辺農家への影響
  5.  2-3)住宅やインフラへのダメージ
  6. 3)雑草対策にはこんな方法がおすすめ
  7. 4)雑草対策に塩は使わず、自分に合った方法を選ぼう!
著者の写真

ライター:endang38
2児のママライター。大変な子育てや家事をいかに楽しく簡単にするか日々奮闘中。暮らしのヒントをわかりやすくお伝えしていきます!

1)そもそも塩で雑草対策できるの?

塩

「雑草対策に塩が有効的だと聞いたことがある」「塩で雑草がなくなるならやってみたい」と思われている方へ、まず伝えておきたいのが、雑草対策に塩を使うのはおすすめできないということです。

そもそもなぜ塩で雑草対策ができるのかというと、農地や建物に被害を及ぼす「塩害」の状態を人為的に作るからです。

塩は土壌で分解されにくいため、土の中に成分が残ります。
土壌中の塩分濃度が高いと土壌に接している植物の根は、水分や養分を吸収しにくくなります。
また塩化ナトリウムは根から水分を奪ってしまいます。そのため、うまく水分を吸収できなくなった植物が枯れるという仕組みです。

新しく生えてくる植物にも効果があるため、面倒な雑草対策に塩を使ってみたいと思ってしまいますが、実はメリット以上にデメリットが多いためおすすめできません。

2)雑草対策に塩がおすすめできない理由

雑草対策に塩を使うことで、どんなデメリットがあるのでしょうか?
個人的に安易に塩を使ってしまうと、以下のような影響が考えられます。

2-1)植物が育たない

塩の成分は土壌で分解されないため、しばらく残ります。
雑草のみならず、植木や花、野菜などが一切育たなくなってしまいます。
雑草を撤去して、素敵なお庭作りをしたいという方には特におすすめできません。

2-2)近隣や周辺農家への影響

土壌に残った塩分は、雨水によって流れ出ます。
その塩分濃度の高い雨水が、近所の庭や農家へ流れ出る可能性もあります。
農業を営む方へ、多大な被害を与えてしまうかもしれません。

2-3)住宅やインフラへのダメージ

塩は植物を枯らしてしまうだけでなく、建物にもダメージを与えてしまいます。
住宅の基礎や下水管、ガス管などのインフラ設備への影響も考えられます。

3)雑草対策にはこんな方法がおすすめ

一見安全そうな塩ですが、雑草対策として庭に撒くことはおすすめできません。
しかし、しぶとい雑草に悩まされている方は多いはず。
おすすめの雑草対策をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

3-1)安全な除草剤を使う

薬品の影響に不安があり除草剤は使いたくないという方も多いでしょう。
しかし、 人体や環境に配慮した除草剤もたくさんあります。

中には、塩を使った除草剤もあるので、どうしても塩を使ってみたいという方は、ご自身で食塩などを撒かずに、除草剤として販売されているものを使用してみてはいかがでしょうか?

アースガーデン 除草剤 おうちの草コロリ ジョウロヘッド 2L

3-2)お湯を撒く

熱湯を雑草にかけると、お湯がかかった部分は枯れてしまいます。
手軽に除草できる方法の一つですが、根までかけないとすぐにまた生えてきてしまうこと、土壌にいる微生物も殺してしまうこと、そして広範囲には向かないというデメリットもあります。

コンクリートから生えている雑草など、ピンポイントでの対策に向いています。
くれぐれも火傷に注意して行いましょう。

3-3)グランドカバーを植える

グランドカバーハーブ

雑草が気になるなら、あえて他の植物を植えてしまうという方法があります。
グランドカバーとは、上に生長するタイプの植物ではなく匍匐性の植物を使って地面を覆うこと。

グランドカバーで地面を覆うことで雑草が生えにくく、目立たなくなります。
ハーブや花の咲くものなど、好みの植物を植えてみましょう。

3-4)砂利を敷く

砂利

砂利を敷くと日光が遮られるため、雑草が生えにくくなります。
砂利の他、レンガやウッドチップなども同じ効果があります。
また、水で固まる土を使うとコンクリートのように大掛かりな工事をしなくても土を覆うことができます。

完全に雑草を生えなくすることはできないものの、除草は楽になるでしょう。

アイリスオーヤマ 砂利 防草 天然石 小粒 10L

3-5)除草シートを敷く

雑草対策としての効果が高くプロも使用しているのが、除草シートです。
日光を遮断し、雑草を生えなくすることができます。
必要な場所に設置でき、撤去も簡単なのが特徴です。

それなりの高い効果を得るためには、ある程度強力な除草シートをしっかりと設置することです。さらにその上に砂利を敷くことでさらに効果がアップします。

アストロ 防草シート 1×10m グリーン 不織布 厚手 高透水 UV耐候剤配合 高耐久 602-20

4)雑草対策に塩は使わず、自分に合った方法を選ぼう!

抜いた雑草

さまざまな影響があるため、雑草対策に塩を使用することはおすすめできません。
どうしても塩を使いたいという場合は、塩でできた市販の除草剤を使用しましょう。

グランドカバーを植えたり、除草シートと砂利を組み合わせた方法も効果的です。

自分に合った除草方法を見つけてうまく雑草対策をしましょう。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る