粗大ゴミの回収ってどんな手順なの?

粗大ごみは自治体に回収に来てもらう方法がもっとも一般的ですが、自治体によって回収方法が異なったり、粗大ごみ券を買う必要があったりと、一般ごみに比べて出し方は複雑です。以下、粗大ごみを出す手順についてご紹介したいと思います。

“粗大ゴミの回収ってどんな手順なの?”

まず、粗大ごみの大きさを把握しておくことが大切です

特にベッドやマット、テーブルなどは大きさによって料金が異なります。
きちんと計って大きさや重さを把握しておきましょう。
また、ベッドや家具などは解体出来るものも多いです。
小さくすれば、その分安くなりますし、部品などは普通の家庭ごみで捨てられたりするので、出来るところまで小さく解体した方が良いと思います。

大きさを測ったら、自治体に電話をします。

粗大ごみは種類によって料金が分けられています。
きちんと確認しておきましょう。

粗大ごみ券を購入する。

コンビニエンスストアで購入することが出来ます。
大体、ベッドなど大きいものは1000円以上するのが一般的です。
ゴミに出す前にオークションや身近に引き取ってくれる人がいないか探してみてもよいと思います。
特に、ベビーベッドやベビーカーなど育児用品は高く売れたりします。
送料等の問題もありますが、こちらの損になることはないので、おすすめです。

粗大ごみ券を貼って、当日に出す

指定された日付に出します。 場所によっては、朝早く回収する所もあるようです。
間に合わなかったなんてことがないように、朝早めに持っていくようにしましょう。

自分で持ち込む

以上、粗大ごみの出し方でしたが、自治体によっては、ごみを回収してもらうのではなく、自分で粗大ごみセンターに運んだ方が安くなるところもあるようです。
車で運べる量ならば、その方が安上がりですし、すぐに引き取ってくれますので、家の中でも場所を取らずに良いと思います。

最後に

粗大ごみの回収で注意しなくてはいけないことがあります。
自治体ではなく、個人で粗大ごみを回収している不用品回収業者もありますが、高くつく場合もあるので注意した方がよいでしょう。
しかし、新しい家電など物によってはリサイクル出来るので、ただで持って行ってくれるものもあります。
チラシなどが入ると思いますので、注意してみるとよいでしょう。
以上、粗大ごみの回収の手順でした。

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る