センサーライトが反応しすぎ|誰もいない、近づいていないのに点灯する場合の対応

取り付けたセンサーライトが反応しすぎて困るというのはしばしばおこるケースです。ちょうどいい具合に反応してくれれば問題ないのですが、予期しない点灯が起こり驚くことがあります。そこで今回は、センサーライトが反応しすぎて困るケースへの原因と対策をご紹介します。

2021.11.24 更新
センサーライト

目次

  1. 1)センサーライトが反応しすぎるケース
  2.  1-1)ポーチのセンサーライトが誰もいないのに点くケース
  3.  1-2)玄関や廊下のセンサーライトが反応しすぎるケース
  4. 2)反応しすぎるセンサーの調節の仕方
  5.  2-1)器具で設定できる箇所の例とチェックポイント
  6.  2-2)器具の設定で修正ができない時の対策
  7. 3)センサー電球は明るさを確認してから購入を
  8. 4)まとめ
著者の写真

ライター:佐倉玖弥
暮らしライター。主婦の経験を生かし「家事はキレイにスムーズに」をモットーにノウハウをご紹介。楽して無理なくできる家事を目指します。整理収納アドバイザー、クリンネスト、調理師、野菜ソムリエなど家事を楽しくする資格を保有。趣味は、犬の散髪・トレッキング・観葉植物を育てる事。

1)センサーライトが反応しすぎるケース

ライト

センサーライトが反応しすぎているのは、頻繁に点灯する場合や、近づいていないのに反応してしまう場合などです。色々なケースごとの対策をご紹介します。

1-1)ポーチのセンサーライトが誰もいないのに点くケース

屋外のセンサーライトは防犯にもなるので、付けているという方も多いでしょう。しかし、取り付けるときには気が付かなったことが原因となり、点灯することがあります。

  • 家の前の道を通る、通行人や車に反応
  • センサーの範囲にあるエアコンの室外機に反応
  • 植木の葉や枝の揺れに反応
  • センサーライトがポールなど風で揺れるものに取り付けられている場合
  • 換気扇の吹き出し口に反応

センサーライトは赤外線を検知することでON・OFFの動作をします。熱を出すものとその周りの温度差と動きを感知しているため、動くものや周りの空気と異なる温度の物に反応するのです。

1-2)玄関や廊下のセンサーライトが反応しすぎるケース

家の中に取り付けたセンサーライトも反応しすぎる場合があります。

  • 誰もいないのに点灯する(ペットや風で動くカーテンなど、感知範囲にある温度が変わったり・動いたりするものに反応)
  • 感知範囲が広すぎる。玄関や廊下につけたセンサーライトが、離れたところを横切るだけでついてしまう

【購入時の注意ポイント】

センサーを頂点とする円錐形に感知範囲があります。購入時にセンサーの感知範囲を確認して、付ける位置からの検知範囲に熱源や動くものがないかをイメージすることが大切です。

2)反応しすぎるセンサーの調節の仕方

シーリングライトやブラケットなどのセンサーライトの器具では、各種設定ができるようになっています。設定できる項目はメーカーや機種により異なりますので、説明書を見て、どのような設定ができるかをチェックしてみましょう

2-1)器具で設定できる箇所の例とチェックポイント

  • 周りの明るさがどれくらいになったら点灯するかの設定を確認
  • センサーの範囲を限定するために付属のカバーを付ける
  • センサーライトの器具のモード(暗くなると常時点灯・防犯モード・タイマーなど)の切り替え。防犯モードでは点滅などの設定もある。人が通った時に点滅になる場合はチェック要

2-2)器具の設定で修正ができない時の対策

  • 感知範囲を狭くしたい場合 … センサーの反応しすぎる方向の一部分に、ビニールテープ(透明でないもの)などセンサーを遮るものを貼り、感知範囲を狭くする
  • 感知範囲に動くものがある … 道路に面した場所であれば、ライトのつけ位置を変えるか、センサーの位置、感知範囲を狭くする。木の葉や枝の場合は伐採を考える
  • 感知範囲に熱を出すものがある … ライトのつけ位置を変えるか、センサーの位置、感知範囲を狭くする。
  • センサーライトを取り付けた場所が揺れる場合 … 揺れを止める工夫をするか、センサーライトの位置を変える(しっかりした場所に取り付ける)

設定が苦手で不安な場合や、検知範囲の調節が必要な場合は、取り付けからプロに依頼するという方法もあります。また、つけ直しができずに困っている場合もプロに相談してみましょう。

3)センサー電球は明るさを確認してから購入を

電球自体にセンサーがついているセンサー電球もあります。モードの切り替えや、設定ができないため調整はできませんが、電球のみの取り換えで済むため、コストを抑えることができます。

センサー電球を選ぶときのポイントは明るさのチェックです。

例えば、玄関につけるので明るい方がいいだろうと、適当に選ぶのはNGです。広さと明るさのバランスが取れていないと、明るすぎてまぶしいという場合もあります。近づいていくと勝手につくので、明るさが強く感じられるのかもしれませんね。

センサーライトは玄関の広さに適した明るさの電球を選ぶのがベスト。今ついている電球の明るさを確認してから購入する電球の明るさを決めましょう。

4)まとめ

交換・取り付け

センサーライトが反応しすぎる例と対処方法をご紹介しました。センサーの範囲に動くものや熱源がある場合には、検知範囲を狭くすることが現実的な方法です。

照明器具のセンサー部につけるカバーがない場合は、ビニールテープなどでセンサーの周りを覆うなどして、検知範囲を調整しましょう。思うように反応してくれると、センサーライトはとても便利です。ぜひ快適に使えるよう設定してください。

万が一、お家のセンサーライトが故障して交換が必要になったら、取り付けをプロに依頼してみてはいかがでしょうか。

くらしのマーケットには、センサーライトの交換・取り付けのプロが多数登録していますので、ぜひ依頼してみてください!


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る