CDの捨て方ってどうする?処分方法と注意点を解説!

家にあるCDの処分方法って、少し迷ってしまいますよね。可燃ごみなのでしょうか、それとも資源ごみなのでしょうか……? この記事では、意外に知らないCDの捨て方から、情報漏洩に関する注意点、自治体のサービスで捨てる以外の処分方法まで詳しく解説していきます。

2021.11.26 更新
CD

目次

  1. 1)CDの捨て方の解説
  2. 2)CD-Rは情報漏洩の注意!
  3.  2-1)傷をつけることで対策!
  4. 3)捨てる以外のおすすめのCD処分方法
  5.  3-1)買い取ってもらう
  6.  3-2)不用品回収サービスを利用する
  7. 4)不用品回収でCD処分ならくらしのマーケットに相談
著者の写真

ライター:イシバシユウリ
フリーランスで活動するwebライター。一人暮らし当初のズボラな生活を改め、掃除・炊事等の家事全般を叩き上げで習得してから早数年が経ちました。現在の趣味は料理とDIY。日々の経験を元に、実践しやすいくらしの知恵をお届けします。

1)CDの捨て方の解説

音楽CD

まず初めに解消しておきたい疑問ですが、CDをゴミとして捨てる際の分別区分は一体何ゴミなのでしょうか。結論から言お話すると、CDの分別区分は自治体によって全く異なります。さまざまな自治体の公式サイトをリサーチしたところ、可燃ゴミとしている自治体と不燃ゴミとしている自治体がありました。

CDを可燃ごみとしている自治体の例

  • 東京渋谷区
  • 神奈川県横浜市
  • 大阪府大阪市

CDを不燃ごみとしている自治体の例

  • 東京都町田市
  • 東京都立川市
  • 千葉県千葉市

可燃ごみとして処分している自治体の方が多い印象でしたが、不燃ごみとして扱っている自治体も少なくありません。CDを捨てる前には、お住まいの自治体がCDを何の区分で処分しているか、調べてみましょう。

2)CD-Rは情報漏洩の注意!

CD-R

音楽CDであれば自治体の分別区分を守ってゴミとして出せば問題ありませんが、個人情報などを録音したCD-Rとなると、情報漏洩にも気を配る必要があります

会社で会議の様子を録音したものや、プライバシーの会話など、CD-Rに録音されている内容をそのままにして捨ててしまうと、情報の漏洩によってトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

2-1)傷をつけることで対策!

簡単なのは、CDのレーベル面(印刷等が施されているラベルの面)に傷をつけるという方法です。ハサミやカッターなどでスッと線を引くように刃を当て、数箇所に傷を入れましょう。

実は、CD-Rの場合、データが入っている「記録層」と呼ばれる層が表のレーベル面に近い位置にあるため、こちら側から傷をつけた方が良いといわれています。傷が「記録層」まで達すると内容を読み込むことができなくなり、情報を抜き取られる心配もなくなるのです。

裏の記録面(光を当てるとキラキラ光り、何も印刷が施されていない面)に傷をつけた場合、浅い傷では「記録層」まで達しないこともあります。現代の性能の良いパソコンでは、多少の傷でも読み込みができてしまう可能性もあるため、表のレーベル面に傷をつける方がより簡単なのです。

もしそれでも不安な方は、専用のシュレッダーやハサミを使って割ってしまうのが最も確実でしょう。

3)捨てる以外のおすすめのCD処分方法

CDの処分

CDには、ゴミとして自治体の回収に出す以外にもいくつか処分方法があります。捨てるよりもお得に処分できる方法や、大量のCDでも簡単に処分できる方法などがありますので、紹介していきます。

3-1)買い取ってもらう

まだ再生することができてリユースが可能なCDは、買取してもらうことで捨てるよりもお得に処分することができます

CDを買い取ってもらう方法は主に次の2つに分かれます。

  • リサイクルショップに持ち込む
  • フリマアプリ・サイトで売り出す

リサイクルショップはその場で査定してくれて、売れるまでが早いのが魅力です。お住まいの近くに店舗があったらぜひ探してみるといいでしょう。

フリマアプリ・サイトはメルカリ、ヤフオクなどのサービスを利用して出品する方法です。自分で出品作業や梱包作業を行うため少々面倒ではありますが、売上金額が高くなりやすいというメリットがあります。

どちらの方法がいいかはケースバイケースですので、みなさんがメリットを感じる方を選びましょう。

3-2)不用品回収サービスを利用する

不用品回収サービスとは、小さな不用品から大きな家具や家電まで、リユース可能なものを訪問で回収してくれるサービスです。買取してもらえないCDがある場合や、大量のCDをまとめて処分したい場合などにおすすめの方法です。

ダンボール数箱ぶんのCDや、本棚にCDが敷き詰められているような状態から一気に処分したい場合などは、自治体に回収してもらうゴミとして出すのは大変ですよね。そんな時も、不用品回収サービスなら自宅からの運び出しから行ってくれるのでとても便利ですよ。

4)不用品回収でCD処分ならくらしのマーケットに相談

今回は捨て方が意外と分かりにくいCDの処分方法について解説してきました。大切なのは、お住まいの自治体でCDが何の分別区分なのか確認すること、買取などの処分方法を一度検討してみることです。

最後にご紹介した不用品回収サービスは、事業者をくらしのマーケットで探すことをおすすめします。くらしのマーケットには不用品回収の経験豊富なプロが多数登録しているので、あなたの要望に合わせて柔軟に対応してくれるサービスがきっと見つかります。ぜひ一度、相談してみてはいかがでしょうか。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る