防草シートの敷き方や効果を教えて!

雑草は抜いても次々に生えてきます。庭の整備をしている場合、雑草の処理に大変手間どることもあるでしょう。また、草の除去を怠るとすぐに芽が出てきてしまいます。雑草について困っている人はぜひ対策をしましょう。

2019.3.6 更新
防草シート

防草シートの敷き方

雑草が生えて欲しくないところには防草シートを敷きましょう。
敷く効果として、とてもきれいな場所にすることができます。
ガーデニングや庭木などはされている方は必要不可欠ですね。
それではシートの敷き方はどのようにするのでしょうか。
①まず最初に除草作業をしましょう。
草生根元まで徹底的に刈り取りましょう。
このとき、しっかりと残らず雑草を刈り取ることが必要です。
②採り終わったら、地面を整地してください。
整地とはでこぼこの土を平たく整えることです。
のちのち、デザインするときに重要になってきますので手間を惜しまず整地しましょう。
また、除草作業をしっかりせずにシートを敷くと、シワができたりホコリが溜まりやすくなるので両方とも適切に行ってください。
③準備が終わったら防草シートの設置に入ります。
シートを地面に置いて、転がします。
時々、斜めになっていないかなどを確認しながら広げていきましょう。
このとき注意するのが、シートとシートを重ねるところです。
10cm 以上重ねて敷くようにしましょう。
位置を決めるときは、メジャーで計り、シートの上に印をつけておくと作業がはかどります。
④ピンを刺してかり留めの状態にしておきます。
ピンを刺す幅も均等にすることで、隙間から雑草が生えてくるのを防ぐことができます。
⑤重ねた部分に粘着テープを貼っていきます。
接着剤でも可能ですが、そのときは隙間無く接着剤を塗ってください。
障害物があっても、上からかぶせるようにシートで覆い、接着していきましょう。
大切なのは隙間をなくすことです。
⑥シートが完成したら、しばらく乾燥させましたましょう。
雑草の発生防止に砂利を上に乗せるのが一般的です。


シートも砂利も近くのホームセンターで売っていますので、手軽に購入することができます。
だいたいの全体像は掴めましたか。
コツをつかんで実践してみましょう。

シートの効果は?

シートを設置することによって得られる効果は、大きなものがあります。
通常、雑草を放置しておくと、際限なく生え続けるため、あっという間に雑草まみれになります。
しかし、防草シートがあると、草が生えずきれいな状態のままです。

雑草が生えないということは、それに群がる蚊や虫から守られることになります。
また、外観的にも草が見えない方が気持ち良いものです。

自力での設置が大変なとき

シート自体に重さがあるため、自分での設置は難しいときがあります。
最低でも2人の人材が必要になります。
また、個人では隙間を埋める作業が慣れていないため、甘くなってしまうことがあり、そこから雑草が伸びてくることもあります。
難しい場合はプロに依頼しましょう。
くらしのマーケットでは防草シート施工のプロを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る