不用品回収の優良な事業者の探し方、教えて!

引越し前は大量の不用品が出ますよね。ゴミ処理場に自分で持ち込めるなら手間はかからないかもしれませんが、運べないほど大きな不用品がある、ゴミ処理場が遠いなどで自分では難しい場合もあります。そんなときに便利なのが不用品回収の事業者です。

2019.3.12 更新
“不用品回収の優良な事業者の探し方、教えて!”

不用品回収事業者とは

いらなくなったソファーやテーブルなどの家具、パソコンや冷蔵庫といった家電、ストーブやオルガンなど、ありとあらゆるものを回収してくれる事業者です。
「不用品があれば回収します」と宣伝しながら回る車をたまに見かけることがあると思いますが、あれも不用品回収事業者です。
優良な不用品回収の事業者ということですが、どの点を注目するかによっても変わります。
料金なのか、即日対応や時間指定ができるのか、搬出時の損害賠償に適応しているのかなど色々ありますが、その中でも今回は料金の面に注目します。

優良な事業者の探し方

多くの方が不用品回収の事業者を探すとき利用するのは、インターネットではないでしょうか。
検索してみると、全国には多くの不用品回収の事業者がいることがわかります。

不用品回収の事業者に依頼する場合気をつけなくてはならないのが料金です。
回収費用無料とうたっていても、回収の際の出張費を請求する事業者がいます。
無料ではなく格安の場合も、料金設定が不透明で、実物をみて回収費用が変わる可能性もあります。
無料だと思って依頼したら請求額が驚くような金額になってしまうこともありますので、依頼する前にきちんと確認をすることが必要です。

また、近年では、無許可の事業者による不法投棄や不適正な処理が問題になっています。
依頼前には必ず許認可を持っている事業者かどうか確認をするようにしましょう。

回収に注意が必要なもの

回収してもらう物の中に家電4品目が含まれる場合も注意が必要です。
家電4品目は、洗濯機・テレビ・エアコン・冷蔵庫の4つです。
この家電4品目は家電リサイクル法の対象で、販売事業者が引き取り、製造事業者はリサイクルすることが義務付けられています。
そのため消費者は廃棄の際、収集運搬料金とリサイクル料金を支払う必要があります。
不用品回収を依頼する際は必ず家電4品目が不用品の中に含まれていることを伝え、回収にかかる費用を確認しましょう。

基本的な料金体系

不用品回収の事業者の料金体系は基本的に3パターンです。
基本料金と処分品ごとの回収金額を合わせた料金を請求するもの、処分品ごとの回収料金を請求するもの、トラック1台に入る分だけ定額の料金を請求するもの。
さらに、家電4品目が含まれればリサイクル料金加算され、搬出に解体が必要だったり階段のみしかない場合はオプション料金が発生する可能性もあります。
不用品回収の事業者に依頼する場合は、複数の事業者に見積もりを依頼し、回収費用を明確に提示してくれる事業者を選ぶことをおすすめします。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
引越し準備についての「教えて!」に応える記事を多数掲載中。
ライターの引越し体験談もぜひご覧ください!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない事業者の選び方

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る