【動画で確認】エアコン真空引きの手順

真空引きは、エアコン本体と室外機をつなぐ配管をできるだけ真空にする作業で、エアコン取り付け工事の時に必ず行います。真空引きの所要時間は、15分程度です。

2021.9.14 更新

目次

  1. 1)なぜ真空引きが必要?
  2. 2)真空引きのやり方
  3.  真空引きに必要な道具
  4.  真空引きの手順
  5. 3)プロじゃなくても真空引きできる?
  6. 4)プロにエアコン取り付けを依頼する

真空引きの手順を動画で確認

エアコン取り付けのプロが、真空引きの手順を紹介します。
エアコン取り付けの全工程を確認したい場合は、動画の最初からチェックしましょう。

著者の写真

ライター:日野静花
数年前に古い賃貸住宅にエアコンを取り付けた際は、既存の専用コンセントの種類と部屋の広さが合わず、15畳のリビングに小さい部屋用のエアコンを設置。大家さんにコンセント交換の交渉をすればよかったかも…

1)なぜ真空引きが必要?

真空引きは、エアコン取り付け工事の際に必要な、エアコン本体と室外機をつなぐ配管をできるだけ真空にする作業です。エアコンメーカー各社は、エアコン取り付け時には、必ず真空引きをすることとしています。

エアコン設置の際、配管後、冷媒ガスを入れる前に必ず真空引きをしてください。移設の場合も真空引きが必要です。
※ 配管内に空気があると冷暖房の効率が低下したり、故障の原因になる場合があります。

引用:富士通ホームページ ガスを入れる前に真空引きは必要ですか?

真空引きをしないと、エアコンの効きが悪くなったり、最悪の場合には故障につながってしまいます。

配管内を真空にする方法は3種類

冷媒配管内を真空にする作業は、やり方や使う道具などによって3つの方法があります。

真空引き(メーカー推奨)

真空引きとは、真空ポンプ(容器内から気体を排出し、真空を作るポンプ)を使って、冷媒配管内部をほぼ真空にする方法です。
ほとんどのエアコン取り付け事業者が行っているやり方で、エアコンメーカーが推奨しています。

この方法だと、多少は空気や不純物が多少残りますが、不具合が発生することはごくまれです。通常、真空にする作業は15分程度で完了します。

真空乾燥

やり方は真空引きと同じですが、時間をかけて行うことでほぼ完全に真空にする方法を真空乾燥と呼びます。
一般家庭のエアコン取り付け工事の際にこの方法を行う事業者もいます。

短時間の真空引きに比べて、配管内の空気や水分が徹底的になくなるため、エアコン本来の性能を発揮しやすくなります。

エアパージ(メーカー非推奨)

室外機に入っている冷媒ガスを冷媒配管内に放出させて、配管内の空気を外に押し出す方法です。
とても簡単に行える作業なので、一昔前までは冷媒配管内を真空にする方法として主流でしたが、現在はメーカー非推奨の方法です。

この方法は、3つのデメリットがあります。

  • 室外機の冷媒ガスが減ってしまう
  • 真空引きよりも冷媒配管内に異物が残りやすい
  • フロンガスを大気中に放出するので環境に良くない

エアパージで施工したエアコンでも、長い間正常に使えているのなら問題ありません。

3つの方法を総称してエアパージと呼ぶことも

「エアパージ」という単語は、二種類の意味で使われています。

広義でのエアパージ:配管を真空にする3つの方法の総称
狭義でのエアパージ:室外機に入っている冷媒ガスを冷媒配管内に放出させて、配管内の空気を外に押し出す方法

エアコン取り付けの工事内容に「エアパージを行う」と記載されていれば、前後の説明をよく読んでどちらの意味で使われているのか確認しましょう。


参考:株式会社協和空調ホームページ 真空引きとエアパージの違いって何?

2)真空引きのやり方

所要時間約20分

真空引きには、専門的な道具が必要です。

真空引きに必要な道具

  • 真空ポンプ
  • 真空度計(真空ゲージやゲージマニホールド)

真空ポンプと室外機をつなぐチャージングホースも必要ですが、真空ポンプやゲージマニホールドに付属していることが多いです。


必要な道具を新品で購入すると、安いものでも1万円を超えます。エアコン取り付け工具セットを3,000〜4,000円程度でレンタルすることも可能です。

真空引きの手順

真空引きは、エアコンの室内機と室外機を設置し、接続した後で行います。

  1. 真空ポンプを室外機につなぐ 真空ポンプを室外機につなぐ

    真空ポンプを室外機につなぎます。

  2. 真空引きを開始し、15分ほど待つ 真空引き開始

    15分は目安時間です。真空ゲージが-0.1になるまで待ちます。

  3. 真空ポンプを止める 真空ゲージが-0.1になった

    真空ゲージが-0.1になったら真空ポンプを止めます。

  4. 真空ポンプを停止し、室外機に接続したまま3分程度待つ 真空ゲージが-0.1を維持

    配管の接続部から冷媒ガスが漏れていないか確認するために行います。ガスが漏れていれば、時間の経過とともに真空ゲージの値が減っていきます。

  5. 真空ポンプを外し、真空引き完了 真空ポンプを外す

    真空ゲージの値が減っていないことを確認したら、真空ポンプを外します。その後、バルブを開けて配管内にガスを充填する作業に進みます。

エアコン取り付けのプロが、真空引きの手順を動画で解説しているので参考にしてください。

3)プロじゃなくても真空引きできる?

真空引きは、工具や真空ポンプを揃えて手順通りに作業を行えば、未経験者でもできますが、素人が自分で行うことはおすすめしません。

エアコン取り付け費用を抑えるために自分でエアコンを取り付けたら、冷媒ガスが漏れてしまい、漏れたガスの補充に2万円以上かかるケースもあります。
基本的には、プロのエアコン取り付け事業者に依頼しましょう。

エアコン取り付け作業をプロに依頼すると、標準工事の範囲に真空引きの作業も含まれていることが大半です。

エアコンの取り付け工事で、真空引きを行わない業者には依頼しないのが良いでしょう。
メーカー推奨の取り付け方法に従うと、真空引きは必要な作業なので標準工事に含まれるべき作業です。


4)プロにエアコン取り付けを依頼する

エアコンのサイズ エアコン取り付け工事料金の相場
6〜12畳用 10,000円〜13,000円
14畳用以上 13,000円〜17,000円

エアコン取り付け依頼時に、真空引きまたは真空乾燥で作業を行ってくれるのかどうかを確認しましょう。

エアコン取り付け事業者を探すなら、くらしのマーケットが安心な理由

  • 真空引きが標準工事に含まれている
  • ホームページ上で工事費用が明記されている
  • 事業者ごとの利用者の口コミが確認できる
  • 工事依頼前にメッセージで工事内容について質問できる

くらしのマーケットで、エアコン取り付けをしてくれるプロを探してみましょう。


くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆不用品回収
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る