風呂釜の掃除ってどれくらいの頻度でやるものなの?

毎日掃除をしているのに、知らず知らずのうちに汚れがたまっているところがありますよね。風呂釜は特に使用頻度が高いので定期的に掃除をすることが必要です。ではどれくらいの頻度で風呂釜掃除をするのが効果的なのでしょうか。

2019.3.4 更新
風呂場

風呂釜掃除はどれくらいの頻度でするべきか

風呂釜掃除は1ヶ月に一度、汚れが少ない場合は、少なくとも2~3か月に一度くらいの頻度が良いようです。
風呂釜の汚れの原因は、湯垢や皮脂が原因です。
風呂釜が汚れてくると、お湯を張ったときに白や茶色の湯垢が浮いてくることがあります。
これは風呂釜に汚れがたまってきているサインです。
衛生的にも良くありませんし、熱効率も悪くなる原因となりますので早めに風呂釜掃除をしましょう。
また、入浴剤を使用していたり、小さなお子さんがいる家庭などで泥汚れがひどかったりといった場合は汚れがたまりやすくなります。
普段の使い方次第で風呂釜掃除の回数も変わってきます。

風呂釜掃除に効果的な洗剤と洗浄方法は

風呂釜掃除に効果的な洗剤は、酸素系漂白剤、といった漂白や除菌ができる種類の洗剤が適しています。
発泡力があるため、皮脂汚れの分解に効果的です。
一般的な洗浄方法をご紹介しますと、まずバスタブにお湯をはり、洗剤をぬるま湯に溶かして放置します。
その後、一度お湯を抜き、またバスタブにお湯を張って流しを繰り返して洗剤がなくなるまで洗浄します。
洗浄方法は風呂釜が1つ穴、2つ穴と形状が異なる場合、使用方法が違ってきます。
洗浄するときにはそれぞれに合った洗剤と方法を調べてから始めましょう。

毎日のお手入れも忘れずに

汚れをためすぎないためにも、毎日のお掃除は欠かせません。
日常のお手入れには、給湯機に備えてある汚れを落とすためのクリーニング機能や自動配管洗浄機能を使ってみましょう。
また風呂釜カバー付近の汚れであれば、カバーを外して強めのシャワーで汚れを流すなどしても湯垢はある程度落とすことができます。
風呂釜掃除の負担を減らすために、毎日のお風呂掃除の最後に風呂釜掃除もいれてみてはいかがでしょうか。

汚れがひどいときにはプロにお任せしよう

以前は洗剤を使って洗浄したら風呂釜が痛む、と言われていましたが、今は掃除をしないとかえって汚れがたまり、故障の原因になるので、定期的な洗浄をすすめているメーカーも多くなってきています。
もし、汚れがひどくて上手に掃除ができない場合は無理をせず、プロにお願いしてみてはいかがでしょうか。
くらしのマーケットでは風呂釜洗浄のプロを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。
お風呂は大切なリラクゼーションの場所。清潔で快適な空間にしたいものです。

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る