ブラインド・ロールスクリーンの種類と素材が知りたい!

最近はカーテンの代わりにブラインドやロールスクリーンを利用するケースが増えているようです。ブラインドやロールスクリーンにはどのような種類があるのでしょうか。それぞれの用途も一緒に調べてみましょう。

2019.3.5 更新

ブラインド

ブラインドやロールスクリーンってどんなものなのか

ブラインドもロールスクリーンも、カーテンの代わりに窓に取り付けて使用しているケースが多いようです。
どちらも、光や風の調整を目的で使用されていることでしょう。
それぞれの特徴を知って、どんな使い方ができるものなのかチェックしてみましょう。

もっともポピュラーなブラインド

以前から一番多く使用されている横型のブラインドはオフィスから一般家庭まで幅広いニーズがあります。
ベネシャンブラインドと呼ばれ、水平の羽が特徴です。
スラットと呼ばれる羽を動かすことで光や風の調整ができ、浴室の窓で使用する方が増えています。
最近はカラーバリエーションが増え、スラットの表裏の色が異なるものや、スラットに柄の入ったもの、不織布など多くの種類があります。
リビングでも書斎でも、さまざまな場所で利用できます。

印象の優しいブラインド

縦型のブランドは、スラットが縦になっていて、開閉も左右に動くのが特徴です。
横型ブラインドのようなアルミ製と違い、布製が多いので優しい印象の雰囲気が楽しめます。
寝室など、落ち着いた場所での使用をおすすめします。
別名バーチカルブラインドと呼ばれます。

特徴的なブラインド

先の2つ比べて特徴のある木製のブラインドはウッドブラインドと呼ばれます。
木製ならではの落ち着いた雰囲気で和室にも馴染みやすいでしょう。
他の素材に比べて重みがあるため、動作が遅くなるのが難点です。

用途の多いスクリーン

ロールスクリーンの中で、一番馴染みのある、一枚の布をそのまま巻き取るタイプです。
部屋の間仕切りやホームシアターのプロジェクターなど、幅広い用途で使用されています。

上下の開閉式スクリーン

ロールスクリーンのなかで、プリーツ加工によってスクリーンが折りたたまれるタイプです。
ポリエステルや和紙などの異なる素材も多く、和室にも合う味のあるスクリーンです。

カーテンのようなスクリーン

カーテンでも使用できる柔らかい生地をスクリーンとして使用しています。
スクリーンとして上下に開閉できるのに、柔らかい印象があります。
カーテンの良さとスクリーンの良さを併せ持っているのが特徴です。
カフェカーテンのようにキッチンやダイニングで利用する方が多いようです。

用途に合わせて選びましょう

ブラインドとロールスクリーンの特徴とおすすめの用途をご案内しました。
用途は一般的な使い方なので、実物を確認して自分の希望にあったブラインドやロールスクリーンを選択する良いでしょう。
選ぶときは、取り付けたい場所に設置が可能なのかも確認しないといけないでしょう。
自身での取り付けが難しい場合は、プロに依頼をしましょう。
くらしのマーケットではブラインド・ロールスクリーン取り付けのプロを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

  • lineで送る

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る