網戸の隙間から虫が入ってくるけど防ぐ方法ないの?

窓を開けて網戸にすると、何故か室内をうろちょろしている虫が目につく。網戸を確認しても穴が開いていない場合には、どこかに虫が通れる隙間があるのかもしれません。どうして隙間が生じてしまっているのか?隙間を埋める手段はあるのか?など、自分でもすぐにできる対策をご紹介します。

網戸

網戸の隙間が生じてしまう理由とは

網戸はきれいな状態でも、窓の閉め方によって隙間が生じている場合があります。
一般的に室内から見て左の窓を網戸にすることが多いようです。
窓は構造の関係で、左側の窓をしっかりと右側へ納めていないと隙間が簡単に生じてしまいます。
左側の窓を中途半端にしていると虫が室内へ入りやすくなります。
これでは網戸は意味がなくなってしまうのです。

ドライバーで網戸を調節できる

網戸は時間とともに劣化してしまうものです。
網戸は掃除だけでなく、建具としてのメンテナンスも重要です。
軽いアルミフレームの網戸は歪みやすく、レールに沿わせる台車のねじをドライバーで調整する必要があります。
台車の部分には、左右に小さなねじがあります。
これを少しずつ確認しながら締めていくと隙間を減らすことができるのです。
特にベランダへ通じる場所にある網戸は、フレームを動かす回数も多いため普段から注意しておくことをおすすめします。

隙間テープで隙間を埋める

網戸の調節だけでは隙間が改善しない場合などには、隙間自体を埋めてしまう隙間テープが有効です。
隙間テープには色々な種類がありますが、虫の侵入を防ぎやすい起毛タイプの、モヘアタイプシールは人気があります。

隙間を埋める時の注意点

最近では、戸車がない網戸フレームや、戸車があってもネジで調節することのできない網戸フレームもあります。
網戸の状態を確認しながら、少しずつドライバーで調節するか隙間テープで対応するか見きわめる必要があります。
また隙間テープは劣化してしまうので、定期的な張替も視野に入れて対応してください。
今回は、フレームの歪みによって生じる隙間について紹介しています。
しかし、網戸自体に穴が空いてしまって場合についてはぜひこちらの記事を参考にして修復してみてください。
>網戸の穴を修復する方法を教えて!

最後に

網戸の調節はとても細かい作業なので、家中いくつもある網戸をすべて確認するのはとても大変な作業です。
また、雨風に晒されているため日々劣化していくものでもあります。
自分では網戸のメンテナンスが面倒だと感じる場合にはプロにお任せするのもいい手段だと言えます。
くらしのマーケットでは網戸張替え事業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る