引越しに良い日ってあるの?

新生活を気持ちよくスタートするために、引越しのお日柄を気にする人もいるでしょう。“大安”や“仏滅”など、引越しに良いとされる日について、六曜をこちらでくわしくお話ししていきます。

六曜

そもそも六曜ってなに?

結婚式などのスピーチで、「本日はお日柄もよく・・・」という言葉を耳にすることがありますよね。
このお日柄とは“大安”や“友引”などを指し、それを六曜といいます。
六曜は、平安時代の陰陽師、安部晴明が中国から持ち帰ったことから伝来したと言われています。
以下では、六曜のそれぞれの意味について、引越しに向いている順にお話しします。

もっとも良いお日柄と言えば“大安”

もっとも良いお日柄と言えばやはり“大安”です。
結婚式など、お祝い行事のすべてにおいて吉とされています。
しかも、終日吉とされているため、時間のかかる引越しのような行事にもぴったりです。
ただし、みんなが好む日なので、すぐに予約が埋まってしまうことも珍しくありません。

2番目に良い“友引”

友を引くという意味があるため、“友引”もお日柄としては、大安の次に良い日です。
ただし、正午は良くないので、引越しもこの時間帯は避けた方が良いでしょう。

3番目に良い“先勝”

先んずれば勝という意味のある先勝も、お日柄としては良い日に当たります。
特に午前中が吉で、急ぎの用事や交渉したいことにも適しています。
引越しも、先勝を選ぶなら午前中が良いでしょう。

4番目に良いのは“先負”

先勝に次いで、まあまあ良いとされるのは、“先負”です。
先んずれば負けという意味があるため、先勝とは逆に午後が吉になります。
急がず控えめが良いと言われているため、引越しをするなら午後からゆっくり行うのが良いでしょう。

5番目は“赤口”

“赤口”は、何か新しく始める日には避けた方が良いと言われているお日柄です。
一般的に厄日とされていて、お祝い行事は慎むべきとも言われています。
ただし、正午だけは吉になるため、引越しをするならその時間帯を選ぶと良いかもしれません。

最大の凶日“仏滅”

お日柄としてもっとも悪いのは“仏滅”です。
お祝い行事はもちろん、なにごとも慎むべきと言われています。
仏滅に病気になったら長引くという迷信もあります。
ちょっと恐ろしい日ですが、結婚式はもちろん、みんなが避ける日なので、予約は空いていることが多いです。
また、事業者としては、仏滅でも利用してもらいたいため、仏滅プランとして割引サービスを行っているケースもあります。
お日柄としては良くありませんが、費用が抑えられるというメリットはあるかもしれません。
引越しの見積もりをとってみて、予算をオーバーしそうになったら、仏滅プランがあるか聞いてみるのもひとつです。

六曜以外にもある引越しに向いている日

ちなみに、六曜以外にも、暦上、縁起の良い日があります。
それは、“天赦日”です。
この日は、日本の暦でもっとも吉日にあたり、新しいことに挑戦したり、躊躇していたことを実行したりするのに最良の日と言われています。
年に5、6回しかありませんが、この日に引越しをするのはおすすめです。

最後に

大安はすぐに予約で埋まってしまいます。
引越しの日付が決まったら事業者へは早めに依頼するようにしましょう。
くらしのマーケットでは引越し事業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や事業者、引越し準備についての「教えて!」に応えるお役立ち情報満載。
ライターの引越し体験談も掲載中!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない事業者の選び方

この記事のキーワード

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る