シンク掃除は汚れの性質によって洗剤を使い分けると効果的!汚れを防ぐ方法も

キッチンシンクの掃除は水アカや石鹸カスにぬめりなど、汚れの種類によって洗剤を変えると効果的。汚れの性質を理解して洗剤を使い分けましょう。さらに毎日&週1回の掃除をすることで、汚れの蓄積を減らす方法も紹介します。

2021.9.3 更新
シンク掃除は汚れの性質によって洗剤を使い分けると効果的!汚れを防ぐ方法も

目次

  1. 1)シンク汚れ別に洗剤をわけると落ちやすい
  2.  1.白っぽい汚れ①水アカ:クエン酸
  3.  2.白っぽい汚れ②石鹸カス:重曹
  4.  3.排水口のぬめり:重曹+お酢
  5.  4.ステンレスのサビ:クレンザー
  6. 2)定期的なシンクのお手入れが大掃除を楽にする
  7.  毎日できる簡単掃除
  8.  週1でやりたいオキシ漬け
  9.  シンク汚れを予防するコーティング
  10. 3)キッチンのガンコ汚れはプロに相談
監修者の写真
監修:きたの あさ
インスタグラムのフォロワー数は3.2万人を超える。5分で終わる簡単なお掃除方法を発信している。お掃除スペシャリスト検定 クリンネスト1級。
家事は苦手でほとんどして来なかったが、出産を機にスッキリした部屋で暮らしたいと一念発起。掃除について学び、知識を生かしたお掃除で、部屋のキレイをキープ中。お掃除グッズや洗剤の成分を見るのが好き。

1)シンク汚れ別に洗剤を変えると効果的

シンク汚れはおもに水アカ・石鹸カス・カビ・サビの4つがあります。
「シンクが最近白っぽくなってきた」「排水口のカビやぬめりをどうにかしたい」
こういったときは汚れの性質に合わせ、より分解力のある性質の洗剤を使いましょう。

油汚れや皮脂汚れなど酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を、水アカや石鹸カスなどアルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使用します。

汚れと洗剤の性質(酸性とアルカリ性・重曹、クエン酸、セスキ炭酸ソーダ)

キッチンは食材を扱う場所なので、市販の洗剤よりも重曹やお酢、クエン酸などエコ洗剤の使用がおすすめです。
ただし、ステンレスのシンクに発生した頑固なサビだけはエコ洗剤では歯が立たない場合があります。クリームクレンザーなどを使用する際は、水かぬるま湯でよく洗い流すようにしましょう。

1.白っぽい汚れ①水アカ:クエン酸

いつの間にかシンク内に付いて取れなくなった白くザラザラした汚れ…。

この白っぽい汚れは水アカといい、水に含まれるミネラルと、食品に含まれるカルシウム成分が結合して固まったものです。

掃除せずに放っておくと、どんどん水アカが蓄積し、こびりついて取れにくくなってしまいます。

水アカを落とす手順

【用意するもの】

  • 酢(50ml)またはクエン酸(小さじ1/2)
  • 水(100ml)
  • スプレーボトル
  • スポンジ
  • ペーパータオル
  • ビニール手袋

アルカリ性の水アカを落とすのに適しているのは、酸性の酢やクエン酸です。

レモンとクエン酸
  1. 酢を水を混ぜた酢水(酢と水を1:2で配合したもの)、またはクエン酸と水を混ぜたクエン酸水(水100mlに対してクエン酸小さじ1/2)を作る
  2. クエン酸と水を混ぜたクエン酸水を作る
  3. 汚れている所にスプレーする
  4. 汚れている所にスプレー
  5. 1~2時間放置する
  6. スポンジでこする
  7. スポンジでこする

上記で落ちない頑固な水アカは、酢水かクエン酸水を含ませたペーパータオルで汚れの上からパックし、さらに1~2時間放置しましょう。
パック後にスポンジで掃除すれば、たいていの水アカは落とせるはずです。

クエン酸パック

▼動画で手順をチェック


2.白っぽい汚れ②石鹸カス:重曹

食器用の洗剤と水のミネラル分が混ざり合い、蓄積した白い汚れが石鹸カスです。

見た目はあまり水アカと区別がつきませんが、水アカはアルカリ性、石鹸カスは酸性の成分が多く含まれているので、性質はかなり違います。

石鹸カスも水アカと同じくどんどん蓄積していく汚れで、水アカと混ざって固まってしまうとさらに落ちにくくなります。

水アカを酸性の洗剤で掃除してもまだ白い汚れがついている…という場合は、石鹸カス汚れが残っている可能性が高いです。
酸性の石鹸カス汚れに酸性の洗剤を使用しても効果はありませんので、今度はアルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダを使いましょう。

重曹を使って石鹸カスを落とす手順

【用意するもの】

  • 重曹
  • スポンジ
  • ビニール手袋
重曹のイメージイラスト

  1. シンクを軽く水洗いし、粉のままの重曹をまんべんなくふりかける
  2. 粉のままの重曹をまんべんなくふりかける
  3. 30分~1時間ほど放置する
  4. 30分~1時間ほど放置する
  5. スポンジでこする
  6. スポンジでこする
  7. 最後に水で洗い流す

セスキ炭酸ソーダを使って石鹸カスを落とす手順

もし、重曹でも落ちきれない汚れがある場合は、セスキ炭酸ソーダの出番です。セスキ炭酸ソーダは重曹と同じアルカリ性ですが、重曹よりもアルカリ濃度が高いため、重曹では歯が立たなかった頑固な汚れにも効くことがあります。

【用意するもの】

  • セスキ炭酸ソーダ(小さじ1)
  • 水(500ml)
  • スプレーボトル
  • スポンジ
  • ビニール手袋
セスキ炭酸ソーダのイメージイラスト

  1. 水500mlに対して小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを混ぜ合わせ、スプレーボトルに入れる
  2. 水とセスキ炭酸ソーダをスプレーボトルに入れる
  3. 汚れがひどい所にスプレーしたあと、10分ほど放置する
  4. 汚れがひどい所にスプレー
  5. スポンジで軽くこする
  6. スポンジで軽くこする

▼動画で手順をチェック


3.排水口のぬめりはカビや雑菌:重曹+お酢

食べカスや油汚れ、食器洗い時の汚水などはすべて排水口を通ります。
放置された汚れに水分が加わり、カビや雑菌が繁殖して排水口にぬめりが発生します。
ぬめりを放置すると、排水管の詰まりや悪臭の原因になります。

排水口は、重曹と酢水またはクエン酸水の両方を使ってきれいにします。

排水口のぬめりを落とす手順

【用意するもの】

  • ぬるま湯(1カップ)
  • 重曹(1カップ)
  • 酢(1/2カップ)またはクエン酸(小さじ2)
  • ビニール手袋

※排水口のサイズや汚れ具合によって足りない場合は、同じ割合で増やしてください。


  1. 排水口に重曹をまんべんなくふりかける
  2. 排水口に重曹をまんべんなくふりかける
  3. その上から酢またはクエン酸をかける
  4. 酢またはクエン酸をかける
  5. その上から、ぬるま湯を少しずつかける
    重曹と酢またはクエン酸が反応して発泡します(※泡に害はありません)
  6. 重曹と酢またはクエン酸が反応して発泡
  7. 30分程置き、お湯で洗い流す
    ここで放置しすぎると、逆に汚れが固まってしまうので注意しましょう。
  8. お湯で洗い流す
  9. 汚れが残っている場合は古い歯ブラシでこする
    もしくはキッチンペーパーなど使い捨てのもので拭き取る

▼動画で手順をチェック





排水口が臭うときは、受け皿や排水管に付着した汚れが原因かもしれません。
掃除手順はキッチンの排水口のにおいを取る方法を紹介した記事に掲載しています。おすすめの掃除アイテムもあるのでぜひ参考にしてみてください。


4.ステンレスのサビ:クレンザー

ステンレスはさびにくく、キッチンのシンクによく使われている素材です。
しかし、あくまで「さびにくい」というだけで、さびないというわけではありません。

使い方によってはステンレスのシンクもサビてしまうことがあります。

【もらいサビ】

もっとも多いのは、「もらいサビ」と呼ばれるもの。サビやすい金属の鍋や缶詰などをシンクに置いて放置すると、ステンレスにもそのサビが移ります。


【酸化被膜のはがれ】

また、ステンレスの表面を覆っている「酸化被膜」という膜が剥がれてしまうと、サビが発生しやすくなります。

酸化被膜はステンレスの表面に発生する薄い膜のことで、塩素系の漂白剤の使用やスポンジなどでゴシゴシ強くこすったりすると剥がれてしまいますが、本来ならすぐに再生します。

しかし、酸化被膜が再生する前にサビが発生してしまうと、シンク内にサビが広がってしまうのです。
参考:酸化皮膜とスケールに関するまとめ|株式会社ケミコート


【塩分】

サビの原因になる塩分の濃度が高いみそ汁や醤油を付着したまま放置しておくとサビの原因となってしまうことがあります。

ステンレスのサビを落とす手順

頑固なサビは、クリームクレンザーを使って掃除します。

【用意するもの】

  • クリームクレンザー(マイルドタイプ)
  • スポンジ
  • ビニール手袋

  1. スポンジにクリームクレンザーをつけてサビの部分をこする
  2. スポンジにクリームクレンザーをつけてサビの部分をこする
  3. 水で洗い流す

ジフ クリームクレンザー


クレンザー使用時の注意

研磨力の強いクレンザーやスポンジを使うと、ステンレスに傷をつけてしまうため、マイルドタイプのクレンザーと研磨剤の入っていないスポンジを使いましょう。


▼動画で手順をチェック


2)定期的なシンクお手入れが大掃除を楽にする

ぬめりや菌のイメージイラスト

汚れが気になるシンクになるのを防ぐには、定期的なお手入れが効果的です。
定期的にお手入れをしていると、落ちない頑固な汚れと戦わずにすむため、大掃除も楽になります。

毎日できる簡単掃除

食事後の洗い物をすませたあと毎回掃除し、汚れの蓄積を防ぎましょう。
掃除といっても、簡単な"ついで掃除"でOKです。

【用意するもの】

  • 台所用洗剤
  • 食器用とは別の掃除用のスポンジ
  • 乾いた布巾

  1. 台所用洗剤をつけたスポンジでシンク全体と排水口をこする
  2. スポンジでシンク全体と排水口をこする
  3. 水で洗い流す
  4. 水で洗い流す
  5. 乾いた布巾で水分をふき取る
  6. 水分を乾いた布巾でふき取る

ポイント

水分を放置しておくと水アカや石鹸カスが蓄積する原因となるので、水で洗い流したあとは水分を拭き取りましょう。

週1でやりたいオキシ漬け

オキシクリーンとシンク

週に1回ほどの頻度でオキシクリーンなどの"酸素系漂白剤"を使って、シンクをつけ置きしておくと、除菌、殺菌、脱臭効果でカビなどの雑菌がつきにくくなります。
(オキシクリーンでつけ置き洗いすることを"オキシ漬け"と呼んでいます)
酸素系漂白剤は、ハイターなどの塩素系漂白剤に比べ刺激臭がありません。塩素の匂いが苦手な方も漂白できます。

【用意するもの】

  • ビニール袋(1〜2枚)
  • 酸素系漂白剤(粉末タイプ)
  • 50〜60℃のお湯
  • ビニール手袋
酸素系漂白剤

  1. 排水口のパーツを外す(取れる範囲)
  2. ビニール袋の中に水を入れ、空気が入らないよう縛る
    漏れが気になるなら袋を二重にする
  3. ビニール袋の中に水を入れ、空気が入らないよう縛る
  4. 水の入った袋で排水口に栓をして、お湯(40〜60℃)をためる
    (取り外した排水管のパーツやスポンジ置きなどもシンクに入れると一緒につけ置き洗いができる)
  5. 水の入った袋で排水口に栓
  6. 同時にお湯2Lに対し大さじ1の酸素系漂白剤を入れて混ぜ、泡立たせる
  7. お湯2Lに対し大さじ1の酸素系漂白剤を入れて混ぜる
  8. 2時間〜6時間放置する
  9. 放置する
  10. ビニール袋の栓を外し、シンクにためた水を一気に流す
    排水管の掃除にも◎
  11. シンクにためた水を一気に流す
  12. スポンジでこすり、水で洗い流す
  13. スポンジでこすり、水で洗い流す

シンクの水が入っていたところに境界線が出来ました…!
つけ置きした下のほうはくすみが取れています。

シンクの水が入っていたところに境界線

オキシクリーン 1500g


酸素系漂白剤についてさらに詳しく知りたい方は、酸素系漂白剤の液体タイプ・粉末タイプなどの違いを説明した記事をご覧ください。


シンク汚れを予防するコーティング

汚れを予防する方法として、シンクのコーティングをするという手もあります。
こちらの記事ではスプレータイプと塗るタイプのコーティング剤を紹介しています。
「掃除が面倒…」という方は参考にしながらコーティングを試してみてはいかがでしょうか。

3)シンクの他にも気になるガンコ汚れがあるなら

紹介した掃除方法を念入りにやっても、長年放置して蓄積した汚れは落ちないこともあるかもしれません。
でも、キッチンのシンクは食べ物を取り扱うため、清潔を維持しておきたいですよね。

シンク以外にも換気扇や電子レンジなど、キッチンのガンコな汚れに困っているなら、キッチンクリーニングの事業者に相談してみてはいかがでしょうか。

一度プロの技でピカピカにしてもらえば、その後は今回説明したお掃除方法できれいなシンクを維持できますよ。

キッチンクリーニング費用

「キッチンクリーニングをプロにしてもらうのに費用が気になる」という方は、事業者3社のサービス内容・実績・価格・口コミを比較しましょう。
3社比較すると、平均的な相場がわかるため選びやすくなります。
以下はくらしのマーケットに掲載されているキッチンクリーニングの費用相場と最低価格です。

クリーニング場所相場料金最低料金
キッチン1.2万円〜2万円5,000円
水回り5点
キッチン・換気扇・お風呂・トイレ・洗面所
2.5万円〜4万円5,000円

※くらしのマーケット掲載(8月時点)

くらしのマーケットは、ネットでサービス内容ごとに事業者の実績・価格・口コミが一覧で比較できるうえ、オンライン予約までできます。


キッチンクリーニングを利用した人の声

利用者の声①

とても良かったです。長年の油汚れを丁寧に取って頂きました。最後にシンクまで磨いて下さって、なんと水を弾くようになり、ちょっとビックリです。やはりプロの仕事は違いますね。また、お願いしたいと思います。ありがとうございました。
利用時期:2021年4月

出典:口コミ|くらしのマーケット

利用者の声②

隅々まで綺麗にして下さいました! レンジフードは中のファン部分まで 据え置き型コンロは据え置き型コンロを置いている所から周りまで シンクはシンクの中から周りまでピカピカです! コンロが新品みたいだし引っ越した時より綺麗なのでは?と思うぐらいシンクが綺麗で反射してます! できるだけこの状態をキープできるように頑張ります!ありがとうございました!
利用時期:2021年8月

出典:口コミ|くらしのマーケット



興味のある方は、プロのクリーニングを写真付きで解説していますので、こちらの記事もご覧ください。

キッチンを掃除する女性

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットの安心・安全

徹底した品質管理と万が一の際の保証制度!

⇒詳しくはこちら

もう一度使いたいサービスNo.1

「人」で選べる。「相場」がわかる。「なんでも」頼める。

⇒詳しくはこちら

最大1億円補償制度

くらしのマーケット独自の損害賠償補償制度です。

⇒詳しくはこちら

サービスカテゴリ一覧を見てみる

※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません


畑野 佳奈子

ライター:畑野 佳奈子
掃除が苦手でしたが…くらしのマーケットで紹介しているお手軽な掃除方法をフル活用しています。整理収納アドバイザー資格取得に向けて勉強中!

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る