お風呂のカビを防ぐ方法ってないの?

水回りのカビ予防方法では水回り全般の予防方法を紹介しましたが、ここからは、お風呂のカビを防ぐ方法をさらに詳しく紹介します。

“お風呂のカビを防ぐ方法ってないの?”

浴室内の湿度を下げる

カビは、湿度の高いところに発生します。
これは、梅雨のときにカビがすぐに発生することからもわかるでしょう。
浴室・脱衣所もお風呂の湯気で湿度が高くなっており、カビが発生しやすい場所です。
こうした場所のカビを防ぐ上で一番重要なのが、湿度を下げることです。

具体的な湿度を下げる方法は以下の3つがおすすめです。
1)浴槽のフタは必ず閉めてからお風呂を出る。
2)入浴後は最低でも1時間以上換気扇を回し続ける
3)窓を開けておく
できる限り、湿度を下げカビに快適な環境を作らない工夫が必要です。

浴室内の温度を下げる

カビの胞子はあたたかいところを好むので、浴室の温度を下げることが大切です。
入浴後に窓を開けておく以外にも、お風呂から出る前にシャワーを冷水にしてまくのがおすすめです。

お風呂に残った石鹸カスをなくす

湿度・温度以外にカビが発生する原因として、浴室に残った石鹸カスが挙げられます。
床のタイルの隙間や壁など、体を洗ったときの石鹸が残っていることがあります。
温度を下げる際に使った、入浴後の冷水シャワーはここでも効果的です。
リンスのぬるぬるが残っている場合などは特に要注意なので、手でこすりながら水で流すようにしましょう。

シャワーでカビを予防する。

カビは45℃前後のお湯では活動できなくなり死滅するとされています。さらに、お湯がお風呂場の石けんカスや湯垢の除去にも効果があります。
入浴後は、45℃前後のお湯を浴室にまいてカビを死滅させた後、冷水で浴室の温度を下げましょう。

最後に

以上のことをしてもカビが発生してしまったら、プロにお風呂のクリーニングを依頼するのがおすすめです。
根強いカビもきれいに除去してくれますよ。

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る