格安引越ししたいとき、大手の業者に頼む以外の方法は?

引越しを考えている皆さんは、引越し業者を決めるときにどうのように決めていますか? 引越しはよくわからないから、とりあえず大手を探してみようと思っていませんか? 実は大手に頼む以外にもいくつか引越し方法があって、おトクに引越しできたり、融通がきいたりするのです。 さっそく順番に見ていきましょう。

車を持っている場合

引越しは、苦労するかもしれませんが自分でもできます。
もし軽自動車や自動車を持っていれば、服や靴、食器や雑貨類、本などは自分で運べます。
家具類などの大きな物は分解できる物であれば自分で運べますが、分解できない家具は、宅配便に依頼して送ってもらえます。
集荷に来てくれますし、ダンボールや梱包材も無料、あるいは購入できます。
梱包もしてくれる宅配会社もありますので問い合わせてみると良いでしょう。

車を持っていない場合

車はないけど運転はできるという人は、最寄りのレンタル店でミニ貨物自動車を借りると便利です。
他にも友達や知り合いがトラックを持っていて、それを借りて引越しをしたという人もいます。
自分で梱包する必要がありますが、荷台が大きくそこに家具を乗せて走ることができます。
レンタル車であれば、引越し先で乗り捨てることができるサービスもあるので検討してみてください。
大きな家具を運ぶときなど、一人では難しい作業をするときは友達や知人、家族などに頼んでみましょう。

少しでも自分では大変だなと思った方は引越し業者を探してみましょう。
いきなり大手に依頼するのではなくきちんと業者を比較して料金以外にも、サービス内容や口コミなどをチェックして決める良いと思います。

>引越し業者を選ぶポイント教えて!

いろいろな引越し

引越し専門の業者以外にも、引越しの作業を行っている便利屋に依頼するのも一つの選択肢です。
引越したあとの家電設置や家具組み立ても行ってくれるのが便利屋に頼むメリットのひとつでもありますね。
他にも運搬業者の赤帽に頼む方法もあります。
大手に頼まなくても、個人で引越しを専門にしている業者に頼むことでおトクに引越しできますよ。

また引越し料金を安く抑える方法はこちらで紹介しています。
>とにかく安く引越しするにはどうしたらいいの?

自分で引越しをするときのポイント

引越し業者を選ぶポイント教えて!

自分で引越しをする場合、軍手やマジック、ダンボール、大小の袋、プチプチの付いたクッション剤、ひもやカッター、ハサミ、ガムテープや新聞紙などが必要となります。
ダンボールは荷物の量に合わせて、多めに揃えましょう。
醤油ボトルや食用油などの液体の梱包にはサランラップを巻き、ビニール袋に入れると漏れる心配を最小限に抑えることができます。
ダンボールはコンビニやスーパーなどで無料でもらえることが多いです。
ホームセンターでは、ちょうどよい大きさのダンボールを揃えることができるのでダンボール代はかかってしまいますがおすすめです。
引越しの荷造りが進んで部屋に荷物がなくなってくるとホコリや汚れが出てくるので掃除用具も準備しておきましょう。

衣類の荷造り

衣類は、タンスの中から季節ごとに分けて荷造りするとと、引越し先で整理するときにとても便利です。
これからの季節の服だけを出しておいて、他の季節の物は押入れなどに入れておけます。
ダンボールには、「春夏物」「秋冬物」など、中身の名前を記入しておくと便利です。
引越しの際に、一度着る服と着ない服に分けて着ない服は処分するなどして、なるべく荷物が多くならないようにしましょう。

靴の荷造り

靴は折り曲げず、重ならないようにしてダンボールに入れましょう。
一つ一つをビニールに入れて、縦にして入れます。
または、靴を購入した時の箱が残っていれば、箱ごと重ねて入れることもできますね。
ダンボールの箱の左右の内側に、カッターで切れ目を入れて、そこに切った板をはめていけば、ちょっとした棚になります。
そこに、そのまま靴を入れて持って行くこともできます。

家具の梱包

まず家具を梱包して運ぶときに注意したいのはなるべく分解して持ち運びやすくするように心がけるということです。
車に乗せるとき、家具に傷が使ないように下にダンボールを敷いておくと良いかと思います。
引越し先でまた組み立てる必要があるのですが、分解した方が持ち運びやすくドアの大きさを気にすることなく運ぶことができるので便利です。

家電の梱包

家電の梱包で特に注意したいのは冷蔵庫と洗濯機の梱包です。
冷蔵庫はまず中身をすべて取り出して、引越しの前日には電源を落として冷凍室の中にできる霜を当日までに取っておきます。
霜取りを行わないと、運んでいるときに水が冷蔵庫から流れてきてしまいます。
また冷蔵庫の中身は処分してしまうことが多いので、前日までに使い切るようにしましょう。

引越しの際に処分したい物が必ず出てくると思いますが、量が多い場合どのように処分すれば良いのかわからないですよね。
そんな方にはこちらの記事がおすすめです。一度チェックしてみてください。
>引越しのときに処分したい物、どうしたらいいの?


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応えるお役立ち情報満載。
ライターの引越し体験談も掲載中!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る