お風呂の換気扇掃除、どうやるの?

「お風呂の換気扇を回すと何かが引っ掛かるような音がする。」 「カバーのスリットにホコリが詰まってしまい吸い込みが悪い。」 お風呂場は湿気がこもり、換気扇の調子が悪いとすぐにカビの温床になったりしますよね。 ということでお風呂の換気扇掃除の方法を紹介します。

お風呂の換気扇掃除、どうやるの?

1. 換気扇の化粧パネルを外す

感電やケガをする恐れがあるため、掃除の前に換気扇のスイッチとブレーカーを切りましょう。
まずは換気扇の化粧パネルを取り外します。
化粧パネルはたいていの場合、2本のバネのような部品ではめ込んであるだけなので、下に引っ張りながらはめ込んである部分を外していくと簡単に取り外せます。

化粧パネルがうまく外れないとき

まれに引っ張っただけではびくともしない化粧パネルもあります。
外からは見えないようにねじに蓋がしてある場合がありますので、パネルを引っ張ったときに強く引っ掛かるところを探してみてください。
ネジが見つからない場合は、壊さないためにも、一度取扱説明書を読むことをおすすめします。

2. カバーを外す

製品によっては、化粧パネルを取り外すとその下に鉄やプラスチックのカバーが付いていることがあります。
これは3~4本のねじで固定されていますので、ゆっくりとねじを緩めてカバーを外します。
薄めた台所用中性洗剤などを染み込ませた布で化粧パネルとカバーを拭きましょう。
そのあとは乾いたタオルで水気を拭き取ってください。

3. シロッコファンを取り外す

カバーを外すと、中にシロッコファンが見えます。
シロッコファンとは多くの羽がついた小型のファン のことを指します。
このファンのネジをドライバーで取り外してください。

シロッコファンを取り外せない場合は、掃除機でホコリを吸い込むことをおすすめします。
本体内部には、台所中性洗剤を染み込ませた布でファンを拭きましょう。

ナットを取り外す

シロッコファンの中心にはナットがあり、それを緩めます。
ナットというのは、緩み止めのために取り付けてある金属のねじのような部品のことです。
たいていの場合、通常のナットと違い逆ねじになっておりますのでファンを手で押さえながらナットに工具を掛けて時計回りに回してみてください。

ナットがうまく外れないとき

これで全く緩む気配が無い場合は正ねじかもしれませんので、試しに反時計回りに回してみてください。
ナットが奥まった場所にありますのでラチェットレンチ+エクステンションバーの組み合わせのように奥まった場所でも緩められる工具を使ってください。
スパナを斜めに掛けるような使い方をすると、簡単にナットを傷めてしまいます。
そうなってしまうとかなり高価な修理代がかかりますので注意してください。

シロッコファンを洗う

シロッコファンが取り外せたら洗いましょう。
まずは中性洗剤を吹きかけて30分ほど置いた後、スポンジなどで汚れを落としましょう。
隙間にホコリがたまっているので、固めで毛足の長いブラシ等を用いて丹念に掃除してください。

4. ドラムをきれいにする

シロッコファンが取り付けられていた換気扇本体部分をドラムと言いますが、これにもホコリがこびりついていますのできれいに拭き取ります。
爪楊枝や焼き鳥用の竹串などで細かい汚れを落としつつ、掃除機を使いながらホコリを吸い取り、タオルなどで拭き取りましょう。

5. 組み付け直す

きれいになったら、取り外したときと逆の手順で組み付けます。
シロッコファンを取り付けたら手で軽く回してスムーズに回ることを確認してください。
このときにじゃりじゃりした感じで回る場合は、モーター本体が傷んでいます。
自分で直すのは難しいので、専門の業者に依頼をして換気扇を交換することをおすすめします。
ファンがスムーズに回ることを確認したら、カバー、化粧パネルの順番に取り付けて完了です。

無理に作業を進めない

ここまでの作業をする際に少しでも無理だと思った場合は、強引に作業を進めずにお風呂のクリーニング業者に依頼をしましょう。
無理に作業をして壊してしまった場合、びっくりするような修理代がかかることがあります。

快適なバスタイムのために

換気扇を掃除することと同じくらいに大事なことは、お風呂場を普段から清潔にしておくことです。
お風呂場に無駄な物はありませんか?
使わなくなった髭剃り、誰も使わない風呂イス、空になったシャンプーボトルなど減らせるものはありませんか?
お風呂の中では物が多ければ多いほどカビやすく、そして汚れやすくなります。
物が多くなりがちな場合は、普段からこまめに掃除するようにしましょう。

掃除道具を清潔にする

見落としがちですが、お風呂の中で意外と不衛生なのが掃除道具です。
特に不衛生になりがちなのは、スポンジなど乾燥しにくい道具です。
水切れがよく乾燥しやすいアイテムを使うことをおすすめします。

プロのクリーニングもおすすめ

換気扇内には湿気を含んだホコリが溜まるため黒カビが生えやすく、換気扇内で発生したカビの胞子が浴室内に撒き散らされることにより、壁や床にもカビが生えやすくなります。
プロのクリーニングなら換気扇だけでなく、お風呂場を丸ごと掃除してもらえるのでおすすめですよ!

くらしのマーケットにも、優良クリーニング業者が多数登録しています。
1箇所あたりの料金、サービス内容、予約可能日などがページ上で確認できるので、見積もりをとる必要もありません。
汚れ具合による追加料金や、諸経費などの不明瞭な料金請求もない
ので安心です。
スタッフの顔写真や、利用者の口コミも見ることができるので、ぜひご覧ください!

◎オンライン予約可能
◎予約前の個人情報の登録不要
◎しつこい営業電話なし
◎不明な点は店舗スタッフに直接メッセージが可能


お風呂クリーニング業者を見比べる

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る