クエン酸や酢で洗濯機の汚れを落とせるの?

洗っているはずなのに洗濯物が臭うことありませんか?それは洗濯槽にカビや細菌が繁殖しているからかもしれません。専用漂白剤を使わなくてもOK、クエン酸や酢を使ったナチュラルクリーニングできれいを維持する方法をご紹介します。

なぜクエン酸と酢が汚れにいいの?

洗濯槽の中の汚れは、水道水に含まれているカルシウムなどのミネラル分が固まったもの(いわゆる水垢)や石鹸カスといったアルカリ性の汚れです。
クエン酸や酢の酸性を加えると中和して汚れが分解されやすくなるのです。
水を使う場所のナチュラルクリーニングにクエン酸や酢の酸性は非常に相性が良く、汚れを落としてピカピカにしてくれる優れモノなのです。

汚れ落とし以外にもうれしい効果が

クエン酸や酢の持つ力には他にも期待できる効果があります。
それは、消臭効果と強い殺菌力です。
クエン酸や酢の酸性は、アンモニア臭やタバコのヤニ臭、さらには生ゴミの臭いを消臭してくれる効果がありますので、洗濯槽の嫌な臭いもすっきりとしてくれます。
もうひとつは強い殺菌力です。カビや細菌の繁殖を抑えるので、嫌な臭いを発生させる元から断つといううれしい効果もあるのです。

クエン酸や酢を使った洗濯槽クリーニングの方法

クエン酸や酢を使った洗濯槽クリーニングはとても手軽。
カップ1杯程度のクエン酸か酢を洗濯槽に入れます。
その後高水位まで水を入れたら3~5分ほど洗濯機を回します。
そのまま1時間~半日ほど置いておくと洗濯槽内の汚れが浮いてきます。
浮いてきたゴミや石鹸カスを網などですくいとってから通常コースのすすぎ、脱水で完了です。

クエン酸や酢を使うときの注意点

クエン酸や酢といった酸性のものを使った洗濯槽クリーニングには注意点もあります。
ひとつは、「酸性の物質は金属の腐食をするもの」であるということ。
洗濯機には金属部分がありますので、クリーニング後はしっかりと水で洗い流してクエン酸や酢の酸性が残ったままにしないようにしましょう。
また、塩素系漂白剤との併用は厳禁です。
有毒ガスが発生しますのでクエン酸や酢と塩素系漂白剤は混ぜて使ってはいけません。

他にもある洗濯槽クリーニングの方法

洗濯槽クリーニングというと、他にも効果があるといわれているのが重曹です。
重曹もナチュラルクリーニングの代名詞のような存在ですが、重曹のアルカリ性は洗濯槽にこびりついた皮脂汚れにとても強く、汚れがすっきりと落ちます。重曹を使った洗濯槽クリーニングもとても人気の方法です。
>洗濯機の汚れは重曹で本当に落ちるの?
もうひとつは、市販の洗濯槽クリーナー並みにきれいになると口コミでも話題になった酵素系漂白剤を使う方法。
>酵素系漂白剤で洗濯機をきれいにする方法を教えて!
こちらは漂白剤を使うので、酢やクエン酸、重曹といった「ナチュラルクリーニング」よりも効果が高いです。
きっちりと汚れをリセットしたいときにはおすすめの方法です。

徹底的に汚れをリセットしたいときは

自分でできる洗濯槽クリーニングの方法はいくつかありますが、洗濯機の使用年数や汚れの程度によってはプロにお願いして徹底的にリセットしてもらうほうが良い場合もあります。
自分では落としきれない汚れもプロの技ですっきりピカピカになりますので、どうしても頑固な汚れに困ったときは「プロに頼んでみる」という選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。
くらしのマーケットでは洗濯機クリーニング業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

【体験レポ】8年間使った洗濯機の汚れがすごかった…

8年間使用したドラム式洗濯機のお掃除の様子とビフォーアフターをレポートします!
【体験レポ】8年間使った洗濯機の汚れがすごかった…。洗濯機のお掃除を初体験!
数ヶ月に一度は掃除をして、毎回ゴッソリ汚れもとれていた今回の洗濯機。
それでもこんなに汚れるの…!?
洗濯機を分解してわかった衝撃の汚れとお掃除ビフォーアフターを大公開!
あまりの汚れに目を疑ってしまうかもしれません。

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る