気になる畳のダニ、どうすればいいの?

畳にもダニが生息していることをご存知ですか? アトピーや喘息の原因にもなるダニは一刻も早く退治したいところですが、畳の奥に潜むダニの駆除は難しいものがあります。 今回は畳のダニをきれいに駆除する方法を説明します。

2021.7.9 更新
畳のダニどうすればいい?

ダニ退治には畳の乾燥が一番

まずは畳のダニの退治方法です。
ダニ類は、乾燥にはとても弱いという特徴があります。
ダニは湿度が高い場所だと爆発的に繁殖をしますが、乾燥状態に置かれると、最長でも2週間ほどで死滅すると言われています。
掃除の際には畳を乾燥させるということがポイントです。

畳の掃除法とダニ駆除のポイント

畳の取り外しと畳の下のホコリ掃除

まず、畳の下のホコリを取り除く必要があります。

畳の下にあるホコリの中にもダニがたくさんいる可能性が高いので、ホコリを取らなければダニが再び繁殖することにつながってしまいます

  • 畳の下のホコリをきれいにするために畳を取り外しましょう
  • 畳の縁にマイナスドライバーなどの器具を差し込んで、グッと持ち上げます
  • 持ち上がった畳の下のホコリなどを掃除機できれいに掃除します

掃除のポイント

取り外した畳は、日当たりと風通しのよい場所で乾燥させましょう。畳の乾燥はダニだけでなくカビにも効果的です。

  • しっかりと畳をきれいにしたいなら、黒いナイロン袋に入れて天日干しを行うとダニをやっつけることができます。
  • 日当たりの良い場所が無い場合は、畳の下を掃除した後に、空のペットボトルを挟み込んで風通しを良くして乾燥させます。

※日光に当てすぎると、日焼けや変色が起きることもあります。日差しが強い日は注意が必要です。

畳に残ったダニと死骸、フンを除去する

次に畳に残ったダニや死骸、フン等は、掃除機を使って除去します。

  • 畳の目にそって丁寧に掃除機をかけていきます
  • 掃除機をかける目安は、1帖あたり30秒以上です
  • 掃除機での吸引が終わった後、雑巾を熱いお湯で濡らし、固く絞って表面を拭き取ります
  • この時、しっかりと水気を取るようにして下さい
  • 固く絞った濡れ雑巾で拭いた後に、さらに乾いた雑巾で拭きます

※水気をよく取らないと、畳の光沢がなくなったり、黒ずむことがあるので要注意。

仕上げの工夫

  • 元の状態に戻す前に、畳の下に乾燥シートや防虫シートを敷き込んでおくと、今後のダニの繁殖を抑える事ができます。
  • 現在の高気密な住宅では、畳はダニにとって理想的な繁殖環境になる事があります。小まめに掃除と乾燥を繰り返し、ダニの繁殖を抑える事が大切です。

畳にダニを寄せ付けないためのポイントと対策

畳の掃除は放っておくと体に害を与えてしまいますが、畳を外して掃除するといった大がかりなことは頻繁にはできません。
それだけに、小さな掃除からコツコツと行うのがダニを抑える一番の方法と言えるでしょう

しかし、掃除をしているにもかかわらず、ダニが繁殖している心配がる場合、プロの手を借りるのも得策です。

くらしのマーケットには、高い技術を持ったダニ駆除サービスの事業者が多数出店しています。気になる箇所のダニの駆除してくれるので、ピンポイントでダニ駆除を依頼したい方におすすめです。

まだダニは可能性だから、まずは家の掃除からという方には、ハウスクリーニングで部屋全体の掃除を考えるのも良いでしょう。

そもそも、畳自体を新しくする畳の張替えを検討するのもアリ

畳の状態や自分の家の状態にあった対策を検討してみましょう。

くらまくんロゴ

くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、日本最大級のサービス比較サイトです。

くらしのマーケットが選ばれる理由

料金・サービス内容が明確

急な追加料金なし

店舗写真・口コミでしっかり比較

利用者評価に基づくランキングで安心

予約・質問はWEBで完結

万が一のための損害賠償補償あり


⇒はじめての方へ(わたしたちの想い)
⇒超簡単!サービス予約の流れ

人気のサービスカテゴリ

☆格安引越し
☆エアコンクリーニング
☆お風呂クリーニング
☆エアコン取り付け

⇒サービスカテゴリ一覧を見てみる
※サービス比較や口コミ閲覧に会員登録は必要ありません

  • lineで送る

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る