嫌な臭いをさせないための洗濯物の部屋干しのコツ

洗濯物を部屋干ししたときの嫌な臭いの原因と、臭いを発生させないための対策方法について詳しく説明いたします。

部屋干しした洗濯物

洗濯物は毎日外に干したい!と考えている方も多いと思いますが、雨の日や花粉の時期などは、どうしても部屋干しせざるを得ないですよね。

そして、部屋干しをした際に気になるのが、雑巾のような生乾き臭が発生する場合があることです。この嫌な臭いですが、ちょっとした工夫で十分防ぐことが可能です。

部屋干しで洗濯物が臭ってしまう原因と、部屋干し臭を防ぐための具体的な対策を、以下で解説します。

目次

  1. 1)部屋干しで洗濯物が臭くなる原因
  2. 2)洗濯物の部屋干しにおける臭い対策のコツ
  3. 3)どうしても洗濯物が臭う場合
  4. 4)併せて読みたい関連記事

1)部屋干しで洗濯物が臭くなる原因

部屋干しした洗濯物をかぐ女性

部屋干しをして洗濯物が臭う原因は、主に以下の2つです。

  • 洗濯物についた雑菌
  • 洗濯槽内のカビ・汚れ

洗濯した洗濯物は、洗う前よりかは汚れが落ちていますが、汗の成分や皮脂汚れをすべて落としきることは難しいです。落としきれなかった汚れには雑菌が含まれていて、雑菌は濡れた状態だと繁殖しやすくなってしまいます

風や日光の当たりにくい部屋干しをすると、洗濯物が乾くのが遅く湿った状態が長く続くので雑菌が繁殖してしまうというわけです。

また、洗濯槽自体が汚れていたら、洗濯をしても洗濯物の汚れが落ちないどころか、むしろかえって雑菌を増やしてしまう可能性もあります。洗濯槽の雑菌や汚れが、洗濯物を臭くしているケースも多いです。

2)洗濯物の部屋干しにおける臭い対策のコツ

①早く乾くように干し方を工夫する

部屋干しは天日干しに比べると乾くのが遅くなってしまうことが多いですが、工夫すれば乾くのを早めて臭いの発生を防ぐこともできます。

部屋干しの際は以下のように干し方を工夫しましょう。

  • 洗濯物と洗濯物の間に15cm以上の隙間を開ける
  • 脱水を2回行ったり、乾燥機を使ったりする
  • タオルは片側を長くして干す
  • 長い物と短いもの、厚手の物と薄手のものを交互に干す
  • 長袖やパーカーは上下逆さまにして干す
  • 窓を開けたり換気扇をつけたりして、部屋の風通しを良くする

基本的に大切なのは、洗濯物同士を密着させずに、干している場所の風通しをよくすることです。

②洗濯の頻度とやり方に気を付ける

汚れた衣服には、当然雑菌がついています。また、汗や水分を吸って湿気がこもっている場合が多いです。よって、洗っていない洗濯物は雑菌が増えやすい環境にあるということになります。

さらに雑菌は時間の経過とともにどんどん繁殖していってしまうので、洗濯を何日もせずに洗濯カゴにため込んでしまうと、その分雑菌が増えてしまうことになります。

洗濯カゴに入った洗濯物

洗濯を毎日行うことが、部屋干し時の嫌な臭いを発生させないためには重要です。もし、毎日の洗濯が難しい場合は、以下のような雑菌を増やさないための工夫をしましょう。

  • 洗濯カゴに洗濯物を詰め込みすぎない
  • 洗濯カゴを風通しのいい場所に置く
  • 洗濯カゴの近くで除湿器を使う

また、洗濯の際は、洗濯機につめこみすぎると汚れが落ちづらくなり、臭いの元になります。洗濯は容量を守り、できれば少し少な目にして行うのがおすすめです。

③部屋干し用の洗剤や柔軟剤を使う

最近では、部屋干し用の洗剤や柔軟剤が数多く販売されており、使用すると普通の洗剤よりも部屋干し臭を抑えられることが多いです。

特におすすめなのが、抗菌や防臭効果をうたっている洗剤や柔軟剤です。生乾きの状態で菌が増殖することで臭いが発生するので、その菌が増えるのを防ぐ役目がある洗剤や柔軟剤なら、嫌な臭いも発生しづらくなるはずです。

④家電の力を借りる

素早く洗濯物を乾燥させるために手っ取り早いのは、便利な家電を駆使することです。

特に以下のような家電の使い方がおすすめです。

  • 脱水後に乾燥機を使う
  • 部屋干ししている洗濯物に扇風機・エアコンの風を当てる
  • 部屋干ししている部屋で除湿器を使う

乾燥機を使えばそもそも干す前に洗濯物が乾きますし、扇風機やエアコン、除湿器を使えば雑菌が繁殖する前に乾いてしまうでしょう。

部屋干しされた洗濯物とエアコン

乾燥機や除湿器がご家庭にない方は多いかもしれませんが、扇風機かエアコンならあると思うので、ぜひ試してみてください。

⑤洗濯槽を掃除する

洗濯槽

洗濯槽は、使っているうちにどうしても中に汚れが溜まったりカビが生えたりしてしまいます。汚い洗濯槽で洗った洗濯物は、臭いが発生しやすくなります。そもそも洗濯によってかえって雑菌が増えてしまうということも。

清潔に洗濯をするためには、月に一度洗濯槽用の漂白剤を使って掃除しましょう

3)どうしても洗濯物が臭う場合

いろいろ対策を行っても、どうしても部屋干し時の臭いが消えない場合は、洗濯槽の奥の奥まで汚れているのかもしれません。

市販のクリーナーで落とせるのは、洗濯槽表面の汚れだけなので、こびり付いた頑固な汚れや洗濯槽の裏側に生えたカビなどは落とせません

これらの厄介な汚れを落とすためには、洗濯機を分解して洗浄することが必要ですが、素人が分解をすると洗濯機の故障につながる恐れがあります。洗濯機の分解洗浄は、無理をせずにプロの洗濯機クリーニング業者に依頼しましょう。

プロの手による洗濯機クリーニングなら、高い技術と業務用の洗剤で、家庭では落ちづらい頑固な汚れやカビも、すっきりきれいにしてくれます。

くらしのマーケットの最大の特徴は、料金やサービス内容、口コミなど、業者選びに必要な情報がすべてページ上で確認できること!

「◯◯円〜」といった不明瞭な料金表示はなく、当日の急な追加料金や手数料なども発生しません。各業者のサービスページ閲覧には会員登録も不要なので、作業スタッフの写真や利用者の口コミもしっかり事前確認が可能です。

「予約前に聞きたいことがある」という場合も安心。ページ上のメッセージ機能で店舗スタッフに直接質問することができます。

◆オンライン予約可能
◆予約前の個人情報の登録不要
◆しつこい営業電話なし
◆不明な店は店舗スタッフに直接メッセージが可能

洗濯機クリーニングサービスを見比べる

4)併せて読みたい関連記事

洗濯機を掃除する女性 洗濯槽

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る