ベランダ掃除の仕方、教えて!

屋内は毎日きちんと掃除をするのに、外のベランダの砂ぼこりや植木鉢からこぼれた土などは見て見ぬふりをしている人も多いです。 ですが、一度も掃除をしないと、頑固な黒ずみのひどいベランダになります。

2019.3.18 更新
ベランダ掃除の様子

ベランダ掃除の流れ

掃除の方法としては、掃き掃除とぞうきんがけだけでも十分汚れは落ちます。
こびりついたガンコな汚れはリビング用洗剤をスプレーして、5分ほどおいてからこすると効果が出てきます。
掃き掃除とぞうきんがけだけでも十分汚れは落ちるが、ガンコな汚れはリビング用洗剤をスプレーして、5分ほどおいてからこすると良いです。
手すりを吹くときにも重宝します。

詳しいベランダの掃除方法

用意するものはほうき、ちりとり、デッキブラシ、雑巾と家庭にあるもので十分です。
ベランダ掃除の手順としてまずはほうきで掃きます。
ほうきとちりとりでゴミを取り除いていきます。新聞紙があれば、それを濡らしてちぎってまき、新聞紙の断片ごと掃くことで、砂ぼこりが立ちにくくなり、細かいほこりやちりをからめ取ることができます。
その次に軽く濡らしたデッキブラシで、こびりついた汚れをこすり洗いをします。この時排水溝の方向に向かって行なってください。
最後は使い捨てできる雑巾で、全体の汚れを拭き取り、排水溝に溜まった汚れを取り除きます。

ベランダ掃除のポイント

ポイントとして手すりは濡れた雑巾で拭いてから、から拭きをします。雨が降った後にひと拭きする習慣をつけておけば、サビを防ぐことができます。
また、ベランダ掃除を行う前に、必ず水を使った掃除が入居の規約で禁止されていないかどうかをきちんと確認します。
マンションなどの集合住宅の場合は、水を大量に流すと階下に水が漏れたり、水が飛び散って洗濯物を汚してご近所に迷惑がかかる可能性もあります。
もし水洗いができない場合は、デッキブラシを使わずに雑巾で水拭きにとどめましょう。

ベランダを掃除するメリット

ベランダ掃除はさまざまなメリットがあります。 衛生面が改善され、窓の汚れも汚れにくくなり、手すりやサッシなどの錆びも防ぐことができます。
エアコンの室外機の裏にたまったホコリも軽減され、エアコンの効率もアップします。
いつまでも掃除を怠っていたら防火扉のすき間から隣家のベランダにゴミが舞い込んでいるかも知れません。
掃除をしないと自分にもご近所さんにとってもデメリットが多くなります。
気になっている方は、面倒がらずに今すぐやることを勧めます。

最後に

ベランダ掃除をするときは、天候もチェックします。
風の強い日やカラッと晴れた日はほこりやごみが舞いやすいため、実は雨上がりや霧雨の日に行うのが最適です。
悪条件で掃除するよりも良い条件の中掃除したほうが自分にとっても楽ですからね。
今回紹介した方法でもなかなか汚れが落ちないときはプロのハウスクリーニング事業者に依頼すると時間と労力をかけずにベランダをきれいにできますよ。

関連記事

人気記事TOP5

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る