お墓参りに行くときの服装って?

お盆や帰省の際にお墓参り、という方は多いと思いますが、細かな作法やマナーは意外と知られていないものです。 年回忌などの法事・法要でお墓参りを行う際は、お通夜やお葬式と同様の喪服が良いでしょう。

お墓参りに行くときの服装って?

男性の場合

黒色のスーツ(ジャケットのダブル・シングルは不問)、白のワイシャツに黒のネクタイと靴下を着用します。
金の腕時計や指輪などは避けましょう。

女性の場合

黒のスーツまたはワンピースを着用しましょう。
肌をできるだけ露出しないこと、サテンなど光る素材は避けることが大切です。
また、バッグも華美なデザインや色使いのものも控えましょう。
靴の素材もエナメルなど光るタイプのものは避ける方が無難です。
アクセサリーは、真珠やオニキスなど光り過ぎないものであれば大丈夫です。

子どもの場合

制服があれば制服を着用しますが、靴や靴下は白でも黒でも大丈夫です。
なお仏教法事の場合、三回忌までは喪服、それ以降は略式の喪服(ダークグレーのスーツや控えめなデザインのワンピースなど)でも良いとされています。
法事には参列せず、お墓参りにだけ参加する場合も同様です。

定期的なお墓参りにはこんな服装がおすすめ

お盆や帰省など、身近なご家族・親族のお墓参りであれば、普段着でも構いません。
お墓の掃除をする場合は、タオルや帽子、軍手やゴミ袋などを準備しておくほか、水に濡れても構わない靴やズボンを着ていくと良いでしょう。
友人や親戚など、普段あまりお墓参りをしない方のお墓参りであれば、カジュアルな服装でもOK。
ただし、同じ墓地にお参りをしている人のことも考えて、派手な色の服は避けておきましょう。
またお墓への道のりは舗装されていないことも多いので、高いヒールの靴は避けましょう。
なお最近の墓地では、花以外のお供え物が禁止されているところも多いので、事前に確認をしておくことをおすすめします。

お墓参り代行サービスも活用の価値あり!

最低限のマナーを守った上で、故人や先祖への思いを新たにするお墓参りですが、
「仕事や家事で忙しく、お墓参りをしたいけどなかなか時間がとれない」
「里帰りするとき間がとれず、お墓が気になっている」という方も多いでしょう。
そんな時は、お墓参りの代行サービスを利用してみるのも手です。
お墓掃除の代行のほか、一人ではお墓参りが大変、という方に付き添いをしてくれるサービスもありますので、
一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事のキーワード

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る