エアコンの電気代を少しでも節約する方法教えて!

最近は夏になるとすぐに猛暑が続き、クーラーが24時間フル稼働! といった家庭も多いでしょう。 でも、長い時間エアコンをつけていると、なんといっても気になるのは電気代。実は、エアコンを使用する季節では通常の2倍から3倍の電気代がかかっているとされます。しかし、高い電気代も様々な工夫によって節約することができるのです。

つけっぱなしは節約に効果あり?

よく、つけっぱなしにしておくとかえって節電に効果があると聞きますが、それはエアコンの性能によります。最新のものは部屋の温度を認識しながら稼働するため、室内の温度によってスイッチを入れたり切ったりするよりだいぶお得な設計になっているようです。
ただ、一日中つけっぱなしは人体にもフル稼働しているエアコンにもよくないため、よく考えて行いましょう。

工夫しましょう!

では、一日中冷房を稼働させないようにするためには、どのような方法があるか見ていきましょう。

扇風機で空気を循環させる

節約の簡単な方法として、扇風機やサーキュレーターを併用する方法があります。
エアコンから流れる冷気を効率よく部屋中に回してくれるのが扇風機やサーキュレーターの役割です。これだと、通常の2倍程度、冷える速度が異なるとされています。また、エアコンの電気代は扇風機の電気代に比べて、1時間あたりで10倍も高いことも覚えておきましょう。
真夏はとにかく室内を冷やしたくて冷房の設定温度を低く設定しがちですが、扇風機で空気を循環させれば効率良く部屋を冷やすことができますので、設定温度を少し高くしてもじゅうぶん涼しいと感じられるはずです。

電気会社を見直そう

電気自由化に伴い、自分の好きな電気会社を選択することができるようになりました。
様々な会社が、豊富な料金体系でプランを出しているため自分にあった料金形態を見つめ直すことができます。
自宅で溜めた電気を買い取るシステムもあり、電気会社の選択は私たちにとって、とても大きな生活の変化です。
ただし電気会社を変更する際には、変更後にいくら節約できるのかなどきちんと料金を算出してから変えましょう。
逆に高くなってしまい慌てることのないよう、慎重に選ぶようにしましょう。

エアコンをきれいにして節約!

また、少しの手間で、電気料金が節約できるなら、そんな良いことはないと思いませんか?
その最たるものが、フィルターの掃除なんです。
一般財団法人省エネルギーセンターのパンフレット『家庭の省エネ大辞典 2012年版』によると、フィルターを月に1回〜2回清掃するだけで、年間で約700円の節約ができるそうです。
エアコンは高い場所に設置してあるし、フィルターの取り外しなどが億劫で購入後なかなかお手入れをしていない方も多いのではないでしょうか。
もし長年フィルターを掃除していないのなら、今すぐエアコンの取扱説明書や以下でご紹介する記事を参考にして掃除しましょう。
>自分で簡単にできるエアコン掃除のやり方、教えて!
>エアコンのフィルター掃除って、水洗いだけでいいの?

プロのエアコンクリーニングも利用してみよう

また、自分で外せる範囲でフィルターの掃除などをしたとしても、実は、それだけだとエアコンの奥の汚れやカビやイヤな臭いは落とせないんです。
そこで、年に1度くらいはプロの業者にクリーニングを依頼するのも効果的。くらしのマーケットではエアコンクリーニング業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。
料金が明確なので、あらかじめ必要な費用を準備することができ、安心ですね。
また、冬の対策に、>エアコンの暖房をおトクに済ます方法を教えて!も併せて読んでみてください。

この記事のキーワード

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る