引越しの時の車関係の手続きって、何があるの?

引越しに伴う手続き関係は、いろいろあってどこでどうやれば良いのか、困りますよね。車関係については、運転免許証と車検証の変更があります。以下ではこの2つについてお話しします。

運転免許証の変更はどうやるの?

まずは、運転免許証の変更手続きに関して、お話しします。

運転免許証の住所変更をしよう

運転免許証には住所が記載されていますよね。
これは、引越しをするのであれば書き換えなければいけません。
住所変更の手続きをしている場所は、運転免許試験場と運転免許更新センター、それに警察署になります。
交番で行っているところもありますが、あまり多くはありません。
引越し先の住所の管轄下にある上記のどれかへ行って、手続きを行いましょう。
受付をしている曜日と時間はホームページに記載されているので、予め確認しましょう。
手続き自体は、「運転免許証記載事項変更届」という書類で行います。
この書類は窓口に置いてあります。
住所が変わったら、すみやかに行いましょう。
もしも住所を引越し先に変えなかったら、運転免許証の更新時、それを知らせるはがきは、引越し前の住所へ届いてしまいます。
はがきがないと更新の手続きへ行った際に手間がかかりますし、ついうっかり更新のこと自体忘れてしまうかもしれません。
こういった手間やミスをなくすためにも、引越しをしたら運転免許証の住所変更はすみやかに行った方が良いでしょう。

必要な書類を確認しよう

運転免許証の住所を変更する際に必要なものは3つあります。
それは、現在の運転免許証と引越し先の住所が確認できるもの1通と、印鑑です。
引越し先の住所が確認できるものとは、住民票の写しや新住所が記載された健康保険証、新住所に郵送された消印のある郵便物などです。
印鑑は認印でも構いません。
これら3つを持参して、警察署や運転免許センターへ行き、手続きを行います。
また、他の都道府県から引越してきた際には、証明写真が必要なケースもあります。
有効な証明写真はカラーかモノクロの縦3cm、横2.4cmになります。
地域によるので、予め確認しましょう。

車検証の変更はどうやるの?

ここからは車検証の変更手続きに関して、お話しします。

車検証の変更手続きをしよう

車検証の変更手続きは、ナンバーを管轄している陸運局で行います。
住所が変わってから15日以内に行う必要があります。
これを行うことで、自動車税納付書の送り先も自動的に変わるため、すみやかに行いましょう。
車検証の変更手続きでは、必要な書類がたくさんあります。

・車検証
・警察署より発行してもらった車庫証明書(1ヶ月以内)
・引越し先の住所が確認できる書類
・陸運局や軽自動車検査協会にある申請書とそこで販売している手数料納付書
・陸運局や軽自動車検査協会にて受け取れる自動車税申告書
・印鑑

以上です。
代理の人が変更手続きをする場合には、委任状が必要です。
車のローンがあって、所有者欄がディーラーやクレジット会社などになっている場合も同様なので、現車検証を確認しましょう。

車検証の変更手続きでかかる費用

車検証の変更をする際には費用が発生します。

・検査登録印紙代350円
・車庫証明証紙代約2600円(地域ごとに変わる)

陸運局が変わるときは、ナンバープレートも変更しなければなりません。その際には、2枚交換するため1,500円~5,000円程度の費用がかかります。

最後に

引越しに伴う車関係の手続きについてお話ししました。自分では難しいかもしれないと思ったら、代理人やディーラーのスタッフに相談してみてください。
また、引越しに伴い、役所関係やライフラインなどさまざまな手続きが必要になります。
引越し前にしておくべき手続きを全部教えて!
こちらも合わせて参考にしてください。
くらしのマーケットでは引越し業者を明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。


◎引越し情報特集公開中◎

引越しについての情報をまとめた特集記事を公開中!
費用や業者、引越し準備についての「教えて!」に応えるお役立ち情報満載。
ライターの引越し体験談も掲載中!
引越し情報まとめ特集|費用・準備・失敗しない業者の選び方

関連記事

くらしのマーケットへようこそ

くらしのマーケットは、オンラインで「出張・訪問サービス」
の依頼ができるインターネット商店街です。

詳しく見る